アドレスに入るまでは上手い人が行うルーティンを真似る

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

迷走ゴルファー
目標に対してスクエアに構えることができているのかが不安。。。

スクエアに構える方法があれば教えてほしいな。

アドレスに入るまでの流れとかどうすればいいのかな?

 

今回はアドレスで目標に向かってスクエアに構えるために重要な事をお伝えします。

ゴルフが上手な人はアドレスを重要視しています。

 

もっと深く言うなら、アドレスする前に目標を決めて、アドレスに入るまでの動作が安定しています。

正しく目標にスクエアに構えるためにゴルフが上手な人に共通するアドレスへの入り方をあなたなりにルーティン化してください。

 

ということで、『アドレスに入るまでのうまい人が行うルーティンを真似る』というテーマでお伝えします。

 

アドレスに入る前にボールの後方に立ち目標を決める

アドレスに入る前にうまい人は必ずボールの後方に立ち、打っていく目標とボールとの間に直線をイメージします。

まずはボールの後ろに立って自分が打ちたい目標を決めたら、その目標とボールを結ぶ線をイメージします。

 

これをするだけでもゴルフがうまそうに見えますし、毎ショット前にルーティンとして行うことによってアドレスに入るまでの自分のリズムが出やすくなります。

ほとんどのプロはボールの後方から目標を確認してアドレスに入ります。

 

例えばイボミプロのアドレスに入るまでの動作を見ても毎ショットボールの後ろから目標を確認しているのが分かると思います。

しっかりとボールの後ろでターゲットを確認したり、ライを確認したりして、素振りを数回入れてからアドレスに入っている様子が伺えますね。

 

こういった部分は真似してできるものですからあなたも積極的に取り入れてみてくださいね。

生徒
ルーティンはプロの真似をしてもいいですよね。

というか真似するべきだと私も思います。

アマチュアゴルファーはこういったスイング以外の部分を学んで吸収することによって上達も速くなっていく気がしますね。

トシ(レッスンプロ)
立ち振る舞いというか、ボールに入っていくときの雰囲気などを真似すると、上手そうに見えますよね。

こういった部分を意識していると上達も速いでしょう。

もちろんスイングも大事ですけどね^^

シャンクが出るならアドレスを整えることからはじめよう

2018.01.07

 

ボールの後ろから目標を決めたら素振りを行う

打つ前に素振りを行うことは大事ですね。

練習場では同じクラブで連続して打ったりするので、打つ前に毎回素振りを入れるなんてことをしない人がほとんどですが、コースでは毎ショット番手の異なるクラブでショットするわけですので、打つ前には必ず素振りを入れることです。

 

軽く1、2回素振りを入れることです。

コースでは毎ショット異なるクラブでショットするわけですからスイングのフィーリングを掴む作業として取り入れましょう。

 

よくボールの横で素振りをするのか、後方で素振りをするのか?

これは個人の自由です。

練習場の感覚と揃えたいという場合は、ボールの横で素振りをすると良いでしょう。

 

打つ前のルーティンとしてボールの後方から目標を確認して、それからボールの横か後方で素振りを1,2回入れた方がアドレスに入るまでのリズムが出やすくなります。

 

先ほどのイ・ボミプロの動画もそうですが、メジャータイトル(全米オープン)を手にしたダスティンジョンソンの打つ前のルーティンを見ても分かる通りです。

 

ボールの後方で目標を決めたら、素振りをしてから順番に所作を行ってアドレスに入っています。

 

ダスティンジョンソンはアドレスに入るまでのルーティンが次のように行っています。

1、ボールの後方から目標を決める

2、目標を決めたら素振りを1,2回する

3、ボールの後方から直線的にボールの横へ歩いていきアドレスに入る

4、アドレスしてから足踏みやワッグルを入れることで筋肉を脱力

5、フォワードプレス(飛球方向へ手元を少し押し出す)を入れてスイング開始

 

 

この順番を全て真似してみてください」とは言いませんが、毎ショット同じ所作を行ってショットに入るという動きは真似するべきだと思います。

こうすることによってリズムが生まれやすくなりますよ。

生徒
確かにゴルフが上手な人は一定のルーティンをいつも行っていますよね。

ルーティンがない人は毎回リズムが狂いやすいということですね。

動き出しもそうですがゴルフはボールが止まっているので自分のリズムを作るためにもルーティンを持つことが大切なんですね。

トシ(レッスンプロ)
そういうことですね。

自分のルーティンがあればスイングもリズムが良くなりやすいですからね。

ナイスショットが続かない人は必ず自分のルーティンを守ってアドレスに入ることをお勧めします。

また、ルーティンを行うことによって、余計な事を考えなくするという目的もあります。

悪いことを考えてしまうという方などは、ルーティンに集中することを目的としてみてください。

ちなみにダスティンジョンソン選手のスイングになりたいという場合は、ダスティンジョンソンのスイング解説【アマチュアでも真似できるポイント】も読んでおいてください。

 

スイングができたら、後はそれをルーティンに落とし込む

ゴルフが上手くなるためには当然スイングを作るという事は欠かせないポイントです。

しっかり自分のやりたいスイングができたら、それをルーティンの中に落とし込んでいく練習をしましょう。

 

練習場で連続で球を打ち続けることもいいですが、スイングができているなら練習場でもルーティンの中でスイングをするという癖を付けましょう。

本番を想定してボールの後ろに立って狙いを決めて、横か後方で素振りをしてという感じで、練習場でも本番を意識してルーティンを繰り返すことによって自分の形が決まっていきますからね。

 

自分の形が決まっていくとそれを後は本番でも同じように行うことによって練習の再現を本番でできるようになります。

練習場でこういったルーティンを行っている人をたまに見かけますが、しっかり本番を意識した練習をしているので素晴らしいと思います。

 

ラウンド前の練習などは必ずルーティンを入れながら球を打つ事をお勧めします。

打ち放題で時間制限があるからと思って、どんどん球数を打ち続けてもラウンド前の練習では効果的とは言えません。

しっかりと本番を意識して1球1球丁寧に打つことを意識した方が本番で良い結果をもたらしてくれやすいですよ。

 

生徒
確かにラウンド前の練習は打ち放題ではなくて球数制限で練習した方がいいですよね。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。

ちゃんと球数制限して練習した方がいいですね。

その方が身になる練習となりますからね。

良いスコアを狙っていきたいならルーティンを守って球を打つ方をお勧めします。

スイング作りの最中であればその必要はありませんけどね。

ゴルフセットアップの入り方はワッグルと呟きを入れテークバックの合図とするも読んでおいてくださいね。

 

今回は目標に対してスクエアにアドレスするための方法をお伝えしました。

ボールの後方で素振りを入れることによって、アドレスまでのリズムも出やすくなります。

 

こうすることで狙った方向へアドレスが取りやすくなります。

一流プロが行っているルーティンを何気なく観察するだけでもショットを安定させるコツを掴むことができます。

 

多くのアマチュアの方はアドレスの方向が狂いやすいです。

目標とは全然違う方向(例えば大きく右を向いているなど)にアドレスしてしまっている人は多いです。

 

あなたもご自分のアドレスが目標に対してスクエアに構えることができているか不安であるなら、アドレスに入るまでのルーティンを大事にしてみてください。

 

狙った方向に球を打てるようになると大幅にスコアアップが可能となりますよ^^

アドレスの重要性に関しては他にもいろいろとあります。

 

ナイスショットに導くためのセットアップを軽視している人は多いですが、個人的にはアドレスが決まれば後はテークバックをタイミングよく上手くできればナイスショットがほぼ約束されていると言っても過言ではないと思います。

アドレスで腕とシャフトが作る三角形を崩さずテークバックする重要性も読んでおいてくださいね。

 

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。