アドレスに入るまでは上手い人が行うルーティンを真似る

トシです。

 

福岡の自宅からです。

 

今回はアドレスで目標に向かってスクエアに構えるために重要な事をお伝えします。

ゴルフが上手な人はアドレスを重要視しています。

もっと深く言うなら、アドレスする前に目標を決めて、アドレスに入るまでの動作が安定しています。

正しく目標にスクエアに構えるためにゴルフが上手な人に共通するアドレスへの入り方をあなたなりにルーティン化してください。

ということで、『アドレスに入るまでのうまい人が行うルーティンを真似る』です。

 

1、アドレスに入る前にボールの後方に立ち目標を決める

アドレスに入る前にうまい人は必ずボールの後方に立ち、

打っていく目標とボールとの間に直線をイメージします。

まずはボールの後ろに立って自分が打ちたい目標を決めたら、その目標とボールを結ぶ線をイメージします。

これをするだけでもゴルフがうまそうに見えますし、毎ショット前にルーティンとして行うことによってアドレスに入るまでの自分のリズムが出やすくなります。

ほとんどのプロはボールの後方から目標を確認してアドレスに入ります。

例えばイボミプロのアドレスに入るまでの動作を見ても毎ショットボールの後ろから目標を確認しているのが分かると思います。

2、ボールの後ろから目標を決めたら素振りを行う

打つ前に素振りを行うことは大事ですね。

練習場では同じクラブで連続して打ったりするので、打つ前に毎回素振りを入れるなんてことをしない人がほとんどですが、コースでは毎ショット番手の異なるクラブでショットするわけですので、打つ前には必ず素振りを入れることです。

軽く1、2回素振りを入れることです。

コースでは毎ショット異なるクラブでショットわけですからスイングのフィーリングを掴む作業として取り入れましょう。

よくボールの横で素振りをしている人が多いですが、ボールの横で素振りをするよりもボールの後方で素振りをした方が上手そうに見えますし、打つ前のルーティンとしてボールの後方から目標を確認して、それからボールの後方で素振りを1,2回入れた方がアドレスに入るまでのリズムが出やすくなります。

また、ボールの横で素振りをすることは目標を見失う危険性があります。

せっかくボールの後方から目標を決めたのに、ボールの横に行って素振りをしたら、決めた目標に対してスクエアにアドレスできなくなってしまいやすいのです。

先ほどのイ・ボミプロの動画もそうですが、

今年初のメジャータイトル(全米オープン)を手にしたダスティンジョンソンの打つ前にルーティンを見ても分かる通りです。

 

ボールの後方で目標を決めたら、素振りをしてという順番でアドレスに入っています。

ダスティンジョンソンはアドレスに入るまでのルーティンが次のように行っています。

1、ボールの後方から目標を決める

2、目標を決めたら素振りを1,2回する

3、ボールの後方から直線的にボールの歩いていきアドレスに入る

4、アドレスしてから足踏みやワッグルを入れることで筋肉を脱力

5、フォワードプレス(飛球方向へ手元を少し押し出す)を入れるスイング開始

 

今回は目標に対してスクエアにアドレスするための方法をお伝えしました。

ボールの後方で素振りを入れることによって、アドレスまでのリズムも出やすくなります。

こうすることで狙った方向へアドレスが取りやすくなります。

 

一流プロが行っているルーティンを何気なく観察するだけでもショットを安定させるコツを掴むことができます。

多くのアマチュアの方はアドレスの方向が狂いやすいです。

目標とは全然違う方向(例えば大きく右を向いているなど)にアドレスしてしまっている人は多いです。

あなたもご自分のアドレスが目標に対してスクエアに構えることができているか不安であるなら、アドレスに入るまでのルーティンを大事にしてみてください。

 

狙った方向に球を打てるようになると大幅にスコアアップが可能となりますよ^^

 

~~本日の成功体験~~

上林さんはレッスンプロに習ってもスライスを直すことができずに悩んでいました。

ある方法を試した結果、スライスが直りスコアーアップにつながりました。

その方法とは?

↓↓↓

レッスンプロに習っても直らなかったスライスを克服した方法

 

 

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。