体と腕を連動させてスイングするためにアドレスで両脇を締める

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

迷走ゴルファー
アドレスでワキを閉めると言われることあるよな。

正しい閉め方とかあるのかな?

ワキが緩んでいるとスイングに締まりがなくなるって言われるけど・・・

ワキの閉め方のコツとか知りたいなぁ。

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法になります。

この記事を読むことで以下のメリットが手に入ります。

・アドレスのワキの閉め方が分かる

・スイングに締まりが出てくる

・ヘッドスピードが上がり飛距離アップが期待できる

トシ(レッスンプロ)
アドレスのワキの閉め方に関する内容になります。ベストスコア65の僕が基本的なワキの閉め方のコツをお伝えしますので参考にしてみてください。

 

アドレスで肩が持ち上がったように見える?

よく僕のアドレスの形を見て「肩が持ち上がってない?」と指摘を受けることがあります。

鏡で映してみても僕自身そう感じています。

 

肩が持ち上がったような構えになっているため「肩に力が入ってない?」と誤解されることがあります。

でも実は力は入ってません。

これはボールに近く立とうとした結果、このように肩が持ち上がったような形に見えるだけであって決して力んではないのです。

 

そしてボールに近く立つことと連動して言えることですが、僕の場合アドレスでは両脇が開かないように意識しています。

両脇を開かないように意識しながらボールに近づいて立つ

 

こうすることで結果的に肩が持ち上がった構えに見えるのでしょう。

裏を返すならそれだけ僕はボールの近くに立って両脇を開けないアドレスを意識しているのです。

 

ボールの近くに立つことが基本

ボールから離れて立つと体の力を球に伝えにくくなります。

そして、ダウンスイングではボールに届かせようとして、腕振りスイングになりやすい傾向が出てしまいます。

しかし、ボールの近くに立つことができると、自然とインパクトで右腕を伸ばすイメージは消えていきます。

 

両脇を開けないように意識することでボールの近くに立てます。

そしてこれ以上に重要視している部分であるスイング中に体の動きと腕の振りの連動によりクラブを振りぬくことが出来るということです。

 

僕の場合バックスイングでは体をターンさせながらクラブを上げていき、ダウンスイングでは腰の回転でスイングをリードしていきます。

いずれにしてもこれはボディターンにより腕の振りをリードしていくので、この腕の動きとボディの動きを連動させなければなりません。

そのためにはアドレスでは基本的に、脇を開けないで構えることがポイントとなるのです。

 

ワキを空けていると動きが連動しなくなる

 

仮に脇を開けて構えていると、その後バックスイングに入った時点で体と腕の動きが連動せずに、体の回転に腕の振りが追いつかなくなり振り遅れになってしまう事があります。

特に右脇を開けて構えてしまうと右肩が前に出てしまいやすくなります。

これではカット軌道の呼び水になってしまいます。

 

このような弊害が生まれてしまうので、結果的に脇を開けずにアドレスする必要がある(特に右脇)のです。

また、脇があまくなるとヘッドスピードが出ませんしボールへの軌道もぶれてしまいますのでボールが遠くへ飛んでくれないのです。

 

どうしても脇があまくなりスイング軌道がブレたりヘッドスピード不足で悩んでいる方は脇を開けずにアドレスすることを意識してみると良いと思います。

ゴルフはアドレスの重心位置でスイングが変わるという話

2017.12.29

 

 

アドレスだけではなくスイング中も脇は開けない意識を持ってみる

大抵の方のアドレスは両脇があまく、締めずにアドレスしています。

さらにボールから離れて立つ傾向が強い人はますますそれが強まっているように思えます。

 

そして、完全に両脇が開いたアドレスをしている人も見かけます。

先ほども言いましたが、アドレスでは両脇を開けずに構えることの重要性を話しました。

 

なぜならアドレスだけの問題ではないからです。

その後のスイングに影響してくるからです。

 

スイング中に脇の開かないスイングを意識するのであればアドレスから脇は開けないことです。

ゴルフのアドレスというものはその後のスイングをスムーズに行うための準備段階なわけです。

 

スイングをスムーズにするためであってアドレスをスムーズにするためではないのです。

なのでスムーズで合理的なスイングをしたいのであれば、どのように構えるかが重要となるのです。

 

アドレスのためのアドレスを作るのではなく、スイングのためのアドレスを作ることです。

良いスイングをするためにアドレスを作るのです。

 

このようにアドレスに対しての目標を明確にしておかないと、スイングが分からなくなった時に路頭に迷います。

 

少し話がそれましたが、脇を締めて構えると言っても力を入れて脇を締めるわけではないです。

力を入れて締めようとすると、腕や肩に力が入ってしまいます。

 

 

腕や肩に力が入ってしまったらスイングに悪影響を及ぼします。

生徒
アドレスで上半身の力を抜くということは大事ですよね。力み倒して腕などがガチガチになってしまったら体幹をうまく使う事ができなくなりますよね。息をスーッと吐くような感じで楽に構えることが大事ですね。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。楽に構えることが大事です。息を吐きだして肩の力を抜くようなイメージでアドレスに入ると良いですね。

 

力を入れずに脇を締めるためにコツ

まず、アドレスの前傾姿勢をとって両腕をだらっと垂れ下げます。

そして、その両手を合わせるようにグリップします。

この時に両腕の上腕が軽く胸に触れるようにします。

 

これで両脇が締まります。

これぐらいの締まり具合が丁度良いと思います。

両腕で脇をぴったり締めるとか、胸を挟み込むようにして脇を締めるなどと言われますが、これだと逆に力が入りすぎてしまうのです。

力を入れずに脇を締めるには両腕をダラっと垂れて下げ、それから両手を合わせるグリップをしてこの時に両方の上腕が胸に触れるようにするのです。

これで脇の締まったアドレスが完成するのです。

 

ドロー系を打ちたいなら左脇を若干緩ませておく

どんな球筋を打ちたいのかにもよってアドレスの脇の感覚は変わります。

ドロー系の捕まった球を打ちたいという場合は、左ワキは閉め過ぎずに若干緩ませておいて、右ワキを閉めておく形をとることをお勧めします。

 

そうすることによって、右肩が前に出ることなく肩のラインが開かない構えになりやすいため、クラブをインサイドから下ろしやすくなるのです。

結果的にインサイドから入れて球を捕まえるというスイングの流れになりやすいので捕まった球を打ちたいというのであれば、こういった構えを実践してみるのもありでしょう。

左脇の閉め過ぎに注意!ヒジを固定する正しいアドレスで詰まりとヒジの引けを治す方法

2017.04.16

また、ドロー系の球を打ちたいという場合は、ストロンググリップにしておくことをお勧めします。

その方が球を捕まえることができやすくなります。

グリップの握りによって変えることができる部分があることに気づいていない人は多いです。

基本はストロンググリップからゴルフを始めた方が余計な手首や腕の動きを入れる必要がないので安定した方向性と飛距離を出していきやすくなります。

ストロンググリップに加えてシャットフェースの手首の使い方を覚えると、ぶっちゃけ鬼に金棒状態になると思います。

方向性、飛距離とどちらも失う事のないスイングを作っていきたいという場合は、ストロンググリップのシャットフェースの作り方を覚えることをお勧めします。

なので、具体的なシャットフェースの作り方が知りたいという場合は、ダスティンジョンソンのスイング解説【アマチュアでも真似できるポイント】を読んでおいてください。

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。