左足一本でスイングすることでダフり、スライスを解消

どうも、トシです。

ダフりやトップに悩んでいる人。

ショットの球筋が安定しない人。

ロングアイアンが思うように当たらないで悩んでいる人。

このような人は左足一本素振りがおすすめです。

左足一本で立ちテークバックを取ることも難しい状態ですが、これに慣れてくると強い体の軸を作ることが出来ます。

僕もこの素振りを取り入れてやっています。

もちろん素振りだけでなく実際に左足一本でアドレスしてボールを打つ練習もしています。

生徒
そんな画期的な練習ドリルがあるんですね。早速実践してみたいと思います。軸ブレしないスイングを作りたいです。
トシ(レッスンプロ)
僕も実践済みの間違いなく画期的な練習方法なのでぜひトライしてほしいです。軸ばブレなくなりますし、ショットが安定する体の動かし方の感覚を養うにはお勧めだと思いますよ。

左足一本だと自然と体がバランスを保とうとする

最初はバランスを崩して思うようにクラブを振りきれません。

簡単なようでこれが意外と難しい。

始めはバランスを崩して満足のいくスイングできませんでしたが、それでも振り続けていると1月ほどしてから自分のスイングの欠陥に気づくことが出来ました。

僕の場合は、アドレスからテークバック、そしてバックスイングと腰や肩を回すことに気を取られすぎていたこと。

あまりにも体の動きばかりに気を取られていて、肝心の手首がフリップしていることに気づけていなかったということです。

ボディーターンで振ることはいいことですが、あまりにも体を回すことばかりを意識していたのです。

そのために実際にクラブを振る両腕の使い方をいまいち理解していなかったのだと思います。

 

インパクトの正しい当て方というのを理解している人は少ない

実際にボールに当てる「当て方」というものを正しくイメージできていない人ってめちゃくちゃ多いです。

ダウンスイングからボールを打ち抜くまでのイメージによって、スイングはめちゃくちゃ変わってしまうのです。

ダウンスイングでどのあたりから左手首が掌屈されていくのか?

同時に右手首は背屈していくのか?

この2点だけでもかなり重要な部分なんです。

そもそも手首の動きをあまり意識されたことがないという人が多いですが、手首の使い方がゴルフスイングを180度変えてしまうのです。

見た目もそうですが球筋や方向性や飛距離も変えてしまうと言っても過言ではないのです。

手首の使い方の変化によってインパクトの当て方のイメージや意識が変わります。

スイングを変える時には、よく「これでいいのかな?」と不安になると思いますが、違和感があるということは以前の動きと変わっている証拠なのでそれで良いということです。

後は、その違和感が慣れてくると薄れていきますので、そうなってくると自分のものになってきたと思えてきます。

インパクトでしっかりとフリップせずにハンドファーストで当てられている場合は、フォローでのフェース面の向きが左下を向く形になります。

あなたがフェースターンができているか気になるという場合は、フォローでクラブフェースが左下を向くとフェースターンができている証を読んでおいてくださいね。

軸に逆らわないスイングが身に着く

左足1本での素振りやショットを行っているとバックスイングまでは左足一本でもバランスを崩さずにできるのですが、その後のダウンスイングからフィニッシュの手前になるとバランスを崩してしまう。

そして、倒れそうになります。

「フラフラしてんじゃねーよ!!」と言われそうなぐらいにフラつきます。

フォローでバランスを崩して倒れそうになるのはフォローで左腕のたたみが出来ずにいつまでも伸びていたのが原因でした。

バックスイングでは右腕が折りたたまれて左腕が伸びていく。

逆にフォローでは右腕が伸びていき、左腕が折りたたまれていきます。

左足一本スイングで学んだことは軸に逆らわずにスイングするという事です。

腕の使い方が効率の悪い使い方をしているとバランスを崩してしまいます。

軸を作ってスイングするためにこの練習はおすすめだと思います。

 

クラブと手の動きを優先させることが大事です。

体が手や腕より先に動いてしまうとバランスを崩して倒れそうになります。

なのであまりにも体を先に回そうとして振り遅れが直らないという人などは、体は後から付いてくるぐらいの感覚をもってスイングするといいと思います。

体ばかりが先行してクラブが振れていないといういわゆる振り遅れの癖がある場合も、この左足の1本で素振りをしたり、ボールを軽く打ってみるという練習はおすすめです。

僕の場合このスイングでボールを打ったり素振りをすることにより、ダフりの原因であるダウンスイングで右肩が落ちてくる癖を修正することが出来ました。

また、右肩が落ちることでドライバーではスライスが出やすくなりますがこれも修正することが出来ました。

あなたもスライスやダフリに悩んでいるという場合は、このドリルを1度やってみてください。

10球でもいいでしょう。

それから普通に打ってみると今までとは違った感触を得ることができるはずです。

「この感覚で打てば右肩が落っこちない」という感覚も分かってくるのでこういった練習ドリルを取り入れてみるというのもアリだと思います。

トシ(レッスンプロ)
ただ、ドリルをひたすらやればうまくなるというわけではありません。ドリルを行いながら感覚の違いに気づいていくということが大事です。その感覚の違いに気づいて体の動かし方が理解できてくると、はじめてそのドリルが意味があるものになるのです。ただ、やみくもにドリルをこなせばいいというものではないのです。

この左足1本ドリルによって、僕の場合はさらにロングアイアンの場合は「飛ばしてやろう」と思い右肩が下がってボールを上げに行く癖も修正することにつながったと思います。

もちろん、ダウンスイングでは右肩は下がってくるわけですが、右肩が下がり過ぎるというのもよくありません。

必要以上に右肩を下げようとすると当然フェースオープンの振り遅れ状態になってしまいますので、そういったイメージの誤解がいつまでも理解できないという場合は、こういったドリルを行う事で感覚のズレに気づけるようになるのです。

左足の一本で素振りをすることにより、今まで気づいていなかった自分のスイングの悪い癖も修正することが出来るようになると思います。

バランスを崩すことなくよどみなく左足一本でもスイングできるようになるとゴルフスイングが一気に良くなると思いますので実践してみるといいかと思います。

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
最後い僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした方法など、スイングの核心部分に関してはメルマガ限定でお伝えしています。

また、公式LINEなど限定動画を配信させていただいていますのでぜひそちらも見てほしいと思います。

ゴルフを始めた初心者が劇的にうまくなっていく方法をこっそりとお伝えしていますよ。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。