ダウンブローで打つアイアンの基本は腰から腰のスイングで養える

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。

只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。

 

→ クリックして限定動画を無料で受け取る

どうも、トシです。

ゴルフスイングで最も大事な事ってなんでしょう?

スイングが大事でしょ?

いやいや、スイングの前にアドレスが大事でしょ?

色々とあると思います。

 

人それぞれ大事に思う部分は違うと思います。

僕が思うにゴルフスイングで一番大事だと思うのはセットアップが先に来ると思います。

特にアイアンは基本が間違っているだけで必ずと言っていいほどミスが出てしまいますからね。

なのでまずは正しい構えを身に着けてください。

 

ショットの土台であるセットアップでダウンブローに打てるかが決まる

ショットの土台になる動きをマスターすることです。

アイアンはPAR3を除くとほとんど地面の上にボールがありそれを打つクラブです。

なのでヘッドは必ず上から下に動かなければなりません。

 

多くの人はどうしてもボールを上げる動きが入ってしまいますのでヘッドを下から入ってダフってしまう。

まずは構えで上から下にヘッドが動きやすいセットアップを取ることが基本です。

正しい構えができたうえで腰から腰の小さいふり幅で基本の動きをマスターするのです。

この腰から腰の動きが正しくなると振り幅が大きくなったとしても大きなミスにはなりません。

手先で振るのではなくてしっかり体を使うことがポイントになります。

生徒
基本はセットアップにあり!ということですね。ダウンブローに打てない女性は多いですよね。アイアンをダウンブローに打てるとターフが取れてカッコいいと思っちゃいます。
トシ(レッスンプロ)
アイアンをダウンブローに打てる女性は少ないですよね。確かにターフが取れるとカッコいいのですが、上から打ち込み過ぎるという場合もありますのでそうならないように気を付けましょう。

 

上から下にヘッドを動かす意識でも叩きつけるわけではない

上から下に向かってヘッドを動かす意識を持つと、それこそ上からボールを叩き潰しに行く人が多いです。

昔の僕もこのイメージでボールに対してヘッドを叩きつけに行ってた時期がありましたが、もうディボットが深くて手首がおかしくなりそうなほどの衝撃があります。

こんなことを続けていると間違いなくクラブも腕も怪我しちゃいます。

なので、上から入れるからといってボールを潰すように打つわけではないということを理解しましょう。

本人は上から入れているつもりはないけど結果的にクラブが緩やかなダウンブローでボールをとらえてくれているという状態を作り出す体の動きを行う必要があるわけです。

そのためには、手元が体の中心になるようにセットアップする。

それから少しだけ手先を左に移動する。

左股関節の前に手元がくるように構えるとヘッドは上から下に動きやすくなります。

ハンドファーストにした時にできる手首の角度が重要です。

 

この手首の角度をキープしたまま腰から腰の振り幅で振ると上からボールをとらえる感覚がつかめるはずですから。

ハンドファーストはクラブを上から入れるために大切な構えになります。

腰から腰の振り幅の練習ではアドレス時でできた両腕、両肩の三角形を崩さずにスイングしましょう。

ハンドファーストに打つために、ダウンスイングで右肘を体から離さない使い方を覚える方法も読んでおいてください。

ハンドファーストに打つためにはインパクトで右ひじが曲がっているというのが絶対条件となりますからね。

インパクトで右ひじが伸びきってしまっているという人は多いですが、これではハンドファーストでとらえることができなくなりますよ。

 

話を戻しますが、ノーコックでで小さい振り幅であっても手先を使わずに体の回転でスイングすることでアイアンの基本スイングが身に付きます。

この基本ができるようになってからフルショットにつなげてみてください。

まずは基本となる腰から腰でスイングを作ることが初心者の方には特に必要なことだと思います。

これができてアイアンで上から下に入れるという感覚が身につくのです。

 

まずは小さい振り幅でスイング軌道を覚えましょう。

3ケ月でスコアを縮めるにはおすすめの練習がこの腰から腰のスイングです。

この腰から腰のスイングがすべてのショットの土台になるからです。

 

腰から腰のスイングを鍛えることによって手を返さないスイング作りの土台ができるということになります。

結論から言うと手を返すスイングと返さないスイングでは返さないスイングの方を覚える方をお勧めします。

 

その方がゴルフが上手くなれるからです。

 

腰から腰でスイングを作ると何が良いのか?

腰から腰の振り幅の練習をしてみると分かりますが、自然と手首に無駄な動きを入れなくなります。

前腕をねじって(ローリング)使ったり、または右手首ですくいあげる(フリップ)ように使ったりという動きを修正してく効果があります。

 

なので、腰から腰の振り幅の練習でボールを打つという基本が重要視されるのです。

この練習はフルショットできないので退屈に感じるかもしれませんが、この退屈な練習がボディターンスイングを作るうえで重要な要素となっている事を理解してください。

 

ここからスイングを作っていく方が上達のスピードは上がります。

フルショットで右に曲がるから今度は右に曲がらないようにしようなどと頭でいろいろと考えながら手先で球を操作しようとしてしまう場合は、なかなか基本のスイングの形を身に着けることができません。

 

これは僕が行ってきたからわかることです。

たくさんボールを打ったらそのうち上手くなると思って信じていた時期もありましたが、まったくもってお金と時間の無駄だったことを振り返ってみて後悔したという事実があります。

確かに振り返ってみてあの時こうしていたからうまく行かなかったとか、反省から自分の経験値が増えて引き出しが増えたことになったので結果的に今は良しとしていますが、無駄に時間やお金をかけたくないとか、短期間で本当に上手くなれるレッスンを受けたいという場合は、ぜひ僕のレッスンを受けてほしいですね。

それぐらい自信がありますから。

レッスンご希望の場合は福岡市内でゴルフスクールレッスンをお探しならお任せくださいを読んでおいてください。

 

僕のように指導者になるのであれば無駄な事もたくさんやっていろいろな経験をするという事が大事だと思います。

そうしないと人に伝えることもそうですが、間違っていることもしっかり理由を付けて説明することができるからです。

 

とんとん拍子に上手くなった人は、間違いに気づくことなく成長できたことはいいのですが、ある意味遠回りを経験していない分、知識不足です。

なので、間違いの理由などが分からないし、生徒が道をそれていてもそれに気づいてあげることもできないという場合もあるのです。

色々な経験を経て正解にたどり着いた人にはそれなりの知識と経験が備わっています。

なので、指導者を選ぶときには、失敗をたくさん経験してきた人の方が信頼して任せることができると思います。

生徒
確かに、失敗をたくさん経験してきた指導者の方の方が信頼できますよね。自分がなぜうまく行かないのかもちゃんと原因を見てもらえて指摘してくれるという期待もありますね。
トシ(レッスンプロ)
遠回りは最大の近道という言葉をイチロー選手が言っていたことを思い出します。確かに遠回りしている本人としては苦しい時期となりますが、それが後に自分の無形財産となっていることは確かだと思います。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

ゴルフが短期間で劇的に上手くなってしまう魔法のメルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。