ダウンブローで打つアイアンの基本は腰から腰のスイングで養える

ゴルフスイングで最も大事な事ってなんでしょう?

スイングが大事でしょ?

いやいや、スイングの前にアドレスが大事でしょ?

色々とあると思います。
人それぞれ大事に思う部分は違うと思います。

僕が思うにゴルフスイングで一番大事だと思うのはセットアップだ。

特にアイアンは基本が間違っているだけで必ずと言っていいほどミスが出てしまいますからね。

なのでまずは正しい構えを身に着けてください。

ショットの土台になる動きをマスターすることです。
アイアンはPAR3を除くとほとんど地面の上にボールがありそれを打つクラブです。

なのでヘッドは必ず上から下に動かなければなりません。

多くの人はどうしてもボールを上げる動きが入ってしまいますのでヘッドを下から入ってダフってしまう。
まずは構えで上から下にヘッドが動きやすいセットアップを取ることが基本です。

正しい構えができたうえで腰から腰の小さいふり幅で基本の動きをマスターするのです。
この腰から腰の動きが正しくなるとふり幅が大きくなったとしても大きなミスにはなりません。

手先で振るのではなくてしっかり体を使うことがポイントになります。

まずは手元が体の中心になるようにセットアップする。

それから少しだけ手先を左に移動する。

左股関節の前に手元がくるように構えるとヘッドは上から下に動きやすくなります。
ハンドファーストにした時にできる手首の角度が重要です。

owvwr

この手首の角度をキープしたまま腰から腰のふり幅で振ると上からボールをとらえる感覚がつかめるはずですから。
ハンドファーストはクラブを上から入れるために大切な構えになります。

腰から腰のふり幅の練習ではアドレス時にできた両腕、両肩の三角形を崩さずにスイングしましょう。
つまりノーコックでで小さいふり幅であっても手先を使わずに体の回転でスイングすることでアイアンの基本スイングが身に付きます。

この基本ができるようになってからフルショットにつなげてみてください。

まずは基本となる腰から腰でスイングを作ることが初心者の方には特に必要なことだと思います。

 

これができてアイアンで上から下に入れるという感覚が身につくのです。

 

まずは小さいふり幅でスイング軌道を覚えましょう。

3ケ月でスコアを縮めるにはおすすめの練習がこの腰から腰のスイングです。

この腰から腰のスイングがすべてのショットの土台になるからです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。