ヘッドが手元を追い越すスイングは間違い!【アマチュアのインパクトイメージ】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。

只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。

 

→ クリックして限定動画を無料で受け取る

迷走ゴルファー
クラブヘッドが手元を追い越すように振れば良いのかな?

ヘッドが走る感覚のコツが知りたい。

ヘッドを先行させて走らせるように振れば飛ぶ気がするけど。

右手が左手を追い越す事によって、ヘッドが前に出てくれると思うのだけど正しいのかな?

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法となります。

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入りやすくなります。

・ヘッドが手元を追い越す動きではハンドファーストに打てない事が分かる

・ヘッドを先行させるという意識が飛ばないスイングになる

・スライスを直すためにヘッド先行の理論があるが再現性の低いスイングになる

・体の正面でヘッドを入れ替える動きではアウトサイドインになることが分かる

・ヘッドはインサイドからアッパー軌道で下から入ってくることが正解である

 

トシ(レッスンプロ)
今回はヘッドが手元を追い越す感覚でスイングするといった勘違いでスイングをしているゴルファーが多いので、正しい理解を深めていただこうと思います。

結論から言いますと、ヘッドが手元を追い越すように振ると右手が左手を追い越すことになります。

いわゆるフリップ動作となりクラブヘッドがボールに対してアウトサイドから下りてくることになります。

すると、伸びあがりながら目標に向かって真っすぐに振ろうとします。

動画も交えて具体的にお伝えしていますのでご確認ください。

 

 

ヘッドが手元を追い越す感覚は間違い【アマチュアインパクトになる】

ヘッドが手元を追い越す感覚でスイングしましょう!」と言う事を耳にしたことがある方は多いでしょう。

いわゆるヘッドを走らせるために、手元を追い越す感覚で振れと言われることがありますが、結論から言いますとこの感覚は間違いです。

 

なぜなら、ヘッドが手元を追い越す感覚で振ることによって、多くの人がダウンスイングからインパクトに向かって手元を追い越すように手首をフリップさせてヘッドを走らせようとします。

その結果、手首をこねる右手が左手を追い越すというリストの返しが入ることになります。

 

リストの返しが入ることは一見良い動きのように思われがちですが、これがアマチュアインパクトになる原因です。

ハンドファーストに打てないハンドレイト気味のインパクトになります。

つまりPGAのツアープロのような正しいボディターンのハンドファーストで打つことができないという結果になるのです。

 

手元でヘッドを走らせる意識は間違い

手元でクラブヘッドを走らせる意識を持つ人が多いですが、これは間違った感覚となります。

アマチュアゴルファーの多くは、ヘッドを先行させて走らせてインパクトで球を弾き飛ばすイメージを持ちやすいものです。

 

なぜなら、その方が球が飛びそうなイメージを持ちやすいからです。

ところが、これでは逆に飛ばないスイングになってしまいます。

 

動画でお伝えしている通りですが、ヘッドを先行させるように走らせるイメージで手元を追い越す動きは体の正面で手を返して腕を入れ替える動きになります。

同時に、この動きはフェースを閉じながらインパクトに向かって行く動きとなります。

 

例えば、フェースを閉じながらインパクトに向かって行く動きと、フェースを開きながらインパクトに向かって行く動きを比較してみると分かりやすいのですが、どちらが体を回転させやすくなるでしょうか?

フェースを開きながらの方が体を回転させやすいことが体感できると思います。

 

なので、ヘッドスピードが出て飛ぶスイングはフェースを開きながらダウンスイングしていく動きが正解なのです。

ところが、フェースを開きながら体を回転させてダウンスイングをしていくと、スライスが出るから飛ばないという結果になって苦しみます。

 

そのため、フェースは閉じながらヘッドを走らせるように振るイメージが正解だと勘違いして、結果的に手元をヘッドが追い越すように手首や腕を使ってヘッドを走らせようとしてしまいます。

これが大きな間違いであることに気づく事が大事です。

 

フェースを開きながら回転してもフェースが開かない状態を作っておけば良いことに気づくべきなのです。

そうすれば、アマチュアインパクト(ハンドファーストに打てない)から脱却することができるのです。

ハンドファーストで打てない場合は、ちゃごるTVのスイング理論を評価【ハンドファーストで打つアームトルクドリルは正解?】も読んでおいてください。

 

アマチュアは前回しスイング!プロは後ろ回しスイング!

アマチュアゴルファーの多くが前回しスイング(上回しスイングとも言う)です。

いわゆるダウンスイングで早めにフェースをボールに向ける意識でヘッドが手元が先行するスイングになります。

 

先ほどもお伝えしましたが、多くのアマチュアゴルファーはダウンスイングで閉じる方向にフェースを動かしながら同時にヘッドを走らせようとします。

その結果、クラブは切り返しからスティープに降りてきたり、体は回転が止まりながら伸びあがったりします。

 

フェースをインパクトに向かって閉じる方向に動かしながらヘッドを走らせようとすると、決まってスティープダウンの伸びあがりインパクトに繋がるのです。

しかし、海外のトッププロは真逆です。

 

トッププロは後ろ回しスイング(下回しとも言う)です。

ダウンスイングからフェースを閉じる方向に動かそうとしません。

 

むしろ体の回転によってフェースが開く方向へ動くことになります。

そのまま開いたフェースを閉じるという事もしません。

 

開いたらそのままインパクトに向かって行きます。

しかし、インパクトではフェースはスクエアに戻ってくれます。

 

アマチュアゴルファーのように、体を思い切り回したら球が掴まらないという感覚がないのです。

むしろ、回していくとヘッドスピードが上がって球が飛んでくれるという感覚です。

 

フェースは開いてしまうけど良いの?」と思われるかもしれませんが、フェースは開いても良いのです。

なぜなら、トップではフェースが閉じすぎた状態(シャットフェース)になっているからです。

 

むしろ開いていかないことには引っ掛けのリスクが上がります。

なので、開く方向にフェースを動かすためには、体の動きを止めずに右肘が体の前に入ってくるようにシャローイングしてヘッドを置き去りにしてタメを作ってインパクトに向かって行く感覚が必要となるのです。

 

これが、ハンドファーストでレートヒットする正しい振り遅れの感覚になります。

正しい振り遅れの感覚を掴むために、ゴルフのボディターンの間違い【振り遅れてスライスが出る人必見】も読んでおいてください。

 

手元支点の振り子運動と意識がアマチュアゴルファーを苦しめる

手元支点の振り子運動でスイングする事がアマチュアゴルファーを苦しめることになります。

ヘッドが手元を追い越すイメージや、ヘッドを走らせるイメージや、ヘッドを先行させるイメージではスイングの支点を手元に持ってくることになるからです。

 

そして、これらのイメージでは「どうしてもインパクト付近で右手が左手を追い越す感覚」でスイングすることになってしまうのです。

結果的に、手打ちになってボディターンができずに苦しむことになります。

 

この手元支点の振り子運動のスイングから解放されて、世界標準のボディターンスイングを身に着けたいという場合は、今まで球を掴まえることしか考えたことがないと思いますので、逆に球を逃がすという発想に切り替えましょう。

具体的には、ヘッドが手元を追い越すというイメージから一変して、体が先行してヘッドを置き去りにして振り遅れの状態でスイングするイメージに変えます。

 

あえてドライバーなどフェースが開いて右にしか飛ばないという状態になってみることです。

そうすれば、球を掴まえに行くというイメージから解放されて行きます。

 

野球のバッティングのように気持ちよく体を回転してとりあえず振り遅れましょう。

右へどんどんプッシュアウトスライスを打ちましょう。

 

次に、フェース面の管理の仕方をグリップの握りとアドレスの構えで補いましょう。

具体的には、左手をストロンググリップで握って、アドレスの手元位置を左足の前あたりに置きましょう。

 

すると、球が掴まってしまいやすい準備ができます。

この準備ができれば、次にフェース面がトップで天井を向くように意識しましょう。

 

具体的にはテークバックからトップにかけてヒンジを入れる(左手首を掌屈、右手首を背屈する)のです。

そうすれば、フェース面はトップで天井を向くようになります。

 

これができれば、スイングプレーンに対して閉じ切ったフェース面が出来上がります。

この閉じ切ったフェース面であれば、体を先行させてヘッドが手元を追い越すという動きが必要ないので、インパクトに向かって体の動きを止めずに戻ってくることができます。

 

フェースがスクエアになるので、閉じ切ったフェースが結果的に開きながらスクエアに戻ってくるという感覚になります。

 

ヘッドはフォローからフィニッシュで手元を追い越す感覚

ヘッドが手元を追い越す感覚はインパクト後のフォローからフィニッシュにかけて体感できているという感覚が正解です。

これが、正しいハンドファーストインパクトを実現できている感覚になるからです。

 

ヘッドを先行させて、手元を追い越すようにインパクト付近で右手が左手を追い越す感覚で前まわし(上回し)のスイングの行っている場合は、いつまでもアマチュアインパクトに苦しむことになります。

 

ここでお伝えしているアマチュアインパクトというのは、前傾が起き上がって手元が高くフェースの開閉量が多いスイングの事を意味します。

チーピンもプッシュアウトも出る両サイドのミスが出るスイングの事です。

 

ヘッドを先行させて走らせることによって、球が飛ぶと思われる方が多いのですが、実はもう1つ上のレベルに行きたい場合は、いますぐに逆の感覚に変える必要があるのです。

なぜなら、アマチュアインパクトでは飛距離も方向性も損します。

 

そして、自分自身ののポテンシャルを発揮することができないからです。

自分自身の体のポテンシャルを発揮してゴルフを楽しみたいという場合は、ゴルフの強いインパクトを作って飛ばす方法【体の力を発揮できる感覚とは】も読んでおいてください。

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。