ゴルフは左右の腕の旋回ができてはじめて基本ができる

今回も腕の使い方を紹介します。

前回は桑田泉プロの前倒しという表現での腕のローテーションを紹介しましたが、今回も同じように腕のローテーションについてですね。
左腕をダウンスイングからフォローにかけて左ひじを地面に向けるように回して使っていくということですね。

左ひじが抜けてしまうという場合はこのロールができてないことがあげられます。

左腕のローテーションを意識して練習することが大事です。
腕と体が同調する動きを練習するために肩から肩のスリークォータースイングを練習することが実戦向きのスイングになります。
左腕の正しいロールが出来るようになると軸回転のスイングが出来るようになるのでフォロー方向へのスエーもなくなります。

フォロー方向へのスエーが出て振り遅れるという場合はこの腕のローテーションに着目して練習してみましょう。
左腕の使い方の次は今度は右腕の使い方です。
左腕と右腕は連携することが大切です。
左腕のロールがきちんとできていたら右手の動きは押す動きが主になります。
右手の手のひらとフェースは同じ向きになります。

フェース面と右手のひらは平行になるようにグリップします。
左腕と一緒に右手も同じように動かすと動かしすぎてしまうので右手の場合はシャフトを押してあげるイメージが必要。
アドレスよりもインパクトの時に押さなければならないので右手の手首は折れている状態になります。
でも、これは自然に起こる形なのでそこまで意識する必要はないと個人的に思いますね。
まずは素振りでシャフトを押す感覚を掴んでいきましょう。

スイングのイメージは人それぞれあるかと思いますが、スイング中で自分が意識するのはインパクトの形でもなければ、トップの腕の位置でもありません。

いいスイングをするために平均台の上でスイングしても落っこちない意識でスイングするのがいいスイングだと思います。

 

これはレッドベターが言っていたことです。足場の悪いところできれいにバランスを崩さずにスイングすることができたら勝手にいいスイングのイメージができてきます。

 

これは実践に使えると思います。

 

コースに出た時にこのイメージを持ってスイングするとバランスよく振れるようになります。

最初は物足りない感覚があるかもしれませんが、これがゴルフ上達の近道です。

ゴルフが一気に上達したい方は僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。