飛ばす気持ちを捨ててドライバーで芯を食うインパクトを実現

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

fa0fb5e9fe12093e893a00ede6f90b48_s

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

福岡の自宅からです。

あなたのゴルフが上達するために、今回も有益な情報を配信していきたいと思います。

それでは今日のテーマは【飛ばす気持ちを捨てて、ドライバーの芯でヒット】についてお伝えしていこうと思いますね。

やっぱりゴルフはスコアが大事。

飛ばすことよりもコントロール性を僕は意識します。

思い切り振るよりもボールを目標へ運ぶぐらいのイメージの方がいいという事です。

どうしても飛ばそうと思ったら手元が悪い動きをしてしまいがちになります。

こうなるとミート率が下がってしまいますからね。

ドライバーで芯を食うための意識は「ボールを運ぶ」

なので、「飛ばそう」という意識はできるだけ捨ててボールを目標へ運ぶという意識を持った方がいいですね。

ただボールをフェアウェイに運んでいくというイメージを持ってみてください。

そうすることによって体全体を使って大きく動くことができるようになります。

そして、結果的にクラブの芯に当たりやすくなるのでフォローも大きく取れるようになりますし、方向性もアップすることにつながります。

芯に当てる感覚をつかむ方法としてはやっぱりハーフショットで10球打ってからフルショットするなどのドリルを繰り返すというのも効果的ですね。

小さなふり幅でもきちんと芯に当たるということを実感できる練習になりますからね。

また、フルショットになっても力まないためにアドレスでは肩の力を抜きます。

 

無駄な力みが入らないようにしてアドレスするという事ですね。

 

そうすることによってスムーズにクラブを上げることができるようになります。なのでトップで肩を深く入れることができるというわけです。

 

僕は野球をしていたのでドライバーを振り回してしまうという癖があったのですが、この考え方を捨てました。

 

振り回すスイングというのは手先を使ったりするためにミスヒットが多く出てしまうわけです。

 

ドライバーで飛ばしたいからと言って手先を使って一生懸命振ってもさほど意味がありません。

 

そうではなくて逆に芯に当てる意識を持つ方がいいですね。

そのためには腕や肩の力は抜いてハーフショットするドリルを実践して見てください。

 

小さなふり幅でもしっかりミートすることができたらボールは飛んで行ってくれます。

 

そしてこのハーフショットで芯でつかまえる感覚がつかめたらフルショットしても芯でしっかりミートする事ができるのでスイング中はヘッドスピードを減速させることなく、インパクト後にヘッドスピードが最大になるようにすることができるというわけです。

 

そうするとやはり飛距離を伸ばすことができますので、ゴルフがもっと楽しくなること間違いないですよ。

あなたがドライバーで飛ばす気持ちで振り回しているのに飛ばないとか、コントロール性が低いショットになってしまっているという場合は、飛ばす意識は捨ててみてください。

 

そして、芯ヒットすることに意識を集中してみてください。

この意識で練習することによってコースでも芯食いインパクトを実現させることができると思いますよ。

最後に、あなたが一気にゴルフを上達させいたいというのであれば、僕はその方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書いていない濃いゴルフノウハウも配信しています。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。