左足上がりはフェースを返さないことでひっかけない傾斜なりに構えること

今日は左足上がりを上手く打つための方法について紹介します。

左足上がりを攻略するためにはまずは傾斜なりに立ってアドレスすることが大事です。

フェースを返さなければ引っ掛けることはありません。

左足上がりはボールを上げるのは簡単です。

uig4g

でも左に引っかかりやすいライです。

これを防ぐためにはフェースを返さないことが大事ですね。

ではフェースを返さないためにどうしたらいいのかを紹介しますね。
左足上がりのライで引っ掛けやすいのはボールの先の地面が高く、フォローが抜けにくいからです。

フォローでヘッドのヒール部分が地面に突っかかってしまうためにフェースがグルンとひっくり返って左へ曲がってしまいます。
なので打った後ではフェースをひっくり返さないようにフェース面を維持する必要があります。
そのためには右うちももの上でスイングするイメージを持つことです。

そして、フォローでも右足のかかとは上げずにベタ足のままスイングすることで体重移動が行われないので右手が返りにくくなります。
そして、フォローでは左手甲を上に向けたまま振ってフェースを返さないようにするのです。
こうすることによって右手が左手を追い越さずにフォローでもフェースは開いたままなのでb-るが引っかかることは無いです。
まずは基本から見直しましょう。

ダウンスイングで左足拇指球を踏み込んで体重をかけていくことによりフェースは自然とかえる。

スイング中はフェースは開いて閉じる動きをします。
これが正しくできないと球はつかまってくれない。

でもこれを手先でやってはだめです。
あくまでも下半身の動きで行うようにしましょう。

ダウンスイングからフォローで左足の拇指球に踏み込んで体重移動を行います。

これによって腕の振りが連動するのでフェースは自然に返ります。
フォローでは右手が左手の上にくるはずです。
右足に体重が残りすぎて、左手甲が上を向くとすくい打ちになってしまう。

こうなるとボールが高くあがりすぎてしまいます。

右足の内ももを締めたままフォローで左手甲を目標に向け続けるようにします。
ディボット跡でボールが目標よりにあるときはヘッドが先に芝に当たってかえりやすいです。
左足上がりと同じ状況になります。
なのでやはりフェースを返さないようにフォローで左手甲を目標に向け続けることです。

左足上がりと違うのは積極的に体重移動をすることです。
ダウンスイングからインパクトにかけて左足拇指球にしっかり踏み込んでいくことが大事ですね。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。