ヒザを深く曲げ前傾姿勢を変えないことでトップしない!つま先下がり攻略

jg34

つま先下がりのライで上手く打つための方法を紹介します。

 

つま先下がりはスライスしやすいライです。

 

多くの人はスライスします。

スライスのミスもそうですが、多くの方がミスしやすいのはやはりトップのミスです。

ちゃんとボールにヘッドを届かせるには体重のかけ方が重要となります。
左右の拇指球に体重を乗せるとひざの曲げ方が一定になります。

 

前傾姿勢を一定に保つにはやはり足の付け根の拇指球に体重をかけて立つことが基本となります。

なので股関節から前に上体を倒して左右の拇指球に体重をかけながらヒザを曲げる。
するとしっかりと左右の拇指球に体重が乗ったところでストップできます。
これで常に正しい前傾姿勢を保ち構えることが出来るのです。
つま先下がりの場合はヘッドがボールに届きにくいです。
なのでクラブは短く握りません。
そして、膝は当然平地よりも深く曲げることが大事ですね。

ここで注意点ですが、重心の位置は両足の拇指球ラインというのが基本となります。
この基本を忘れてはいけませんね。
ひざを深く曲げすぎることによりかかと体重になってしまいます。

そして、前傾姿勢が起きてしまうことにもなります。

インパクトでは右足に体重が残ってヘッドがボールに届かなくなってしまいます。
重心を拇指球に感じたままトップでは胸を右へ向けてフォローでは目標方向へ向けます。

そして、下半身をしっかりと踏ん張ったまま上体の動きだけでスイングすることが大事ですね。
そうすることによって前傾姿勢は変わりません。

膝の曲げ方が浅くなるとボールにヘッドが届きませんので、拇指球のあたりで体重を感じてアドレスすることが大事になります。
両足の拇指球に体重が乗ったまま上体だけのスイングをすると前傾姿勢は変わりませんからね。

かかと体重になりすぎてしまったらインパクトで右足に体重が残ってしまいます。
そうなるとボールにヘッドが届かないという落とし穴になります。

また、ひざが前に出るように曲げてしまったらかかと体重になるのでひざの曲げ方も気を付ける必要があります。
つま先下がりで気を付けることはこれらのアドレスの重心の位置が重要なポイントになります。

つま先下がりで大きくスライスしてしまうという場合はアドレスの重心位置を意識してみましょう。

 

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。