骨盤を前傾させ、股関節が使えるアドレスを作ろう

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

今回のテーマは球筋の安定のために、【骨盤を前傾させて股関節が使える構え】を作る方法についてお伝えしていきます。

ゴルフスイングでアドレスというのは、かなり正しくスイングするためには重要な部分です。

アドレスを適当にやっている人というのはいくら練習してもスイングが再現性の低いちぐはぐなものになってしまうということがあります。

 

それは上体だけではなくて、腰もきちんと前傾させるという事が大事だからです。

骨盤を前傾させて股関節を使えるようにすることによってトップでの捻転差が広がりますので、上体が回る度合いも一定になります。

つまりカラダの伸び上がりを防ぐことができますし、ダウンスイングのクラブの入射角が安定することにつながるので、球筋が安定するという事になります。

 

よく背筋を伸ばしてアドレスする人がいますが、背筋が伸びていても骨盤が前傾していないとダメなんですね。

また、背筋をあまりにもピーンと伸ばしてしまう人もこれはこれで腰に負担をかけることになりますのでお勧めしません。

若干猫背になっているぐらいのつもりで背筋をピーンと伸ばさないことです。

下目遣いにボールを見ながら若干の猫背を意識するといいでしょう。

 

骨盤が前傾していないことでバックスイングからトップで右サイドが伸び上がったりしてオーバースイングになってしまうわけです。

また、その反動でダウンスイングでは右肩が下がったり体が目標方向へ突っ込んでしまうなどの不安定なミスにつながってしまうんですね。

だから、骨盤の前傾のキープというのはしっかりやることが大事ですね。

骨盤など意識してもよく分からないという人はアドレスでお尻を突き出すように腰を反って負担がかかるようなアドレスはしないようにするするということを意識してみてください。

腰を反ってアドレスするとかなり腰の上に張りや緊張感を感じると思いますが、これは腰に負担がかかってしまいますので辞めましょう。

生徒
アドレスで腰を反って構える癖があります。猫背になるような意識でいいということですね。確かに腰を反ってしまうと腰が痛くてなんとなく怪我しそうな気がします。
トシ(レッスンプロ)
アドレスで腰を反るというのは良くないので辞めた方がいいですよ。ぎっくり腰になりやすく腰に負担をかけるスイングはゴルフ寿命を縮めてしまいますので腰は反らないようにしましょう。

 

体をしっかり捻転させるために

骨盤の前傾が足りないと股関節が使えないのでバックスイングでしっかり体を捻じることができません。

そして、深く一定の捻転を作ることができません。

深く一定の捻転を作ることができないと、切り返しでクラブが早く開いてしまいます。

そして、こうなると球筋が安定しないという事になります。

 

 

なので、まずはアドレスで骨盤をきちんと前傾させるという意識を持ってみてください。

この意識がない人で骨盤を前傾できてない人ってつっ立った感じのアドレスになってしまっています。

 

また、しっかり捻転させることによってバックスイングで捻転が深くなるだけではなくて右サイドが伸び上がったりしなくなります。

さらに、左股関節を使うと切り返しでも左足でしっかりと踏ん張ることができますので、オーバースイングにならずにダウンスイングの軌道や入射角が安定することになります。

ですので、骨盤をしっかり傾ける意識をもって構えて、そのの傾きを変えずに打つように心がけてみてください。

 

球筋とスイングを安定させたいという場合はこのようにしっかりと骨盤の前傾ができているかというのがポイントになります。

スイングというのは自分でチェックしてできているつもりでもできていないという結果になっていることって多いですからね。

なので、やっぱり骨盤から前傾させるという意味を理解してしっかりバックスイングで体が起き上がらない深い捻転ができるように練習してみてください。

捻転が浅いとクラブの軌道がアウトサイドインになりやすい

バックスイングで捻転が浅い人はクラブの軌道がアウトサイドインになりやすいという特徴があります。

なので、できるだけバックスイングではしっかりと肩を回すようにするのですが、ご自分で「自分は捻転が浅いのか?捻転が深すぎるのか?」という己を知ることから始めましょう。

しっかりと捻転ができている人が、「もっと捻転を意識しよう」などと勘違いを起こすとオーバーローテーションになってしまいやすいですからね。

基本的にテークバックからバックスイングで左肩を低く入れていけばしっかりとトップで捻転を作ることができますので、捻転が浅いという場合は、左肩を低く入れていく意識を持ってみるといいでしょう。

バックスイングで左肩を低く入れることで正しく肩が縦に回転してくれるを読んでおいてください。

捻転をしっかりすることができるとクラブをインサイドから下ろしやすくなります。

ただ、しっかり捻転をしているけども、それでもアウトサイドからクラブが下りてくるという場合もあります。

この場合は、切り返しからの下半身の動きをまずは変える必要がります。

切り返しから右足のカカトが外転しないようにしましょう。

むしろ右足のカカトは内転させるようにします。

つまり切り返しから右の膝を目標と反対方向へ向けるつもりで動かしていくのです。

そうすることによって、右足のカカトが外転しなくなります。

いわゆるガニ股になりながら切り返しを行うという意味です。

このガニ股の切り返しなんですが、感覚としてはアドレスで股にバレーボールなどを挟んでおいて、バックスイングしてトップからの切り返しで股に挟んでいるバレーボールを真下に落とすような練習をすると下半身の使い方を覚えることができます。

このように下半身を使えるようになると自然とクラブをインサイドから下ろすことができるようになるのです。

そして、いやゆる右足カカトがすぐに外転して浮いてしまわないベタ足スイングが可能となります。

この下半身の使い方ができると腰を回す力を生み出すことができます。

なので切り返しからはガニ股にする意識を持ってみてください。

詳しい内容は切り返しの下半身始動を読んでおいてください。

このようにガニ股で切り返すことによって、股関節をしっかりと使う事ができるのです。

生徒
これは目から鱗ですね。切り返しで股関節を正しく使える感覚を身に着けることができそうですね。右膝を目標にキックインさせる動きを遅らせるという意味ですよね?
トシ(レッスンプロ)
できるだけ右膝を目標にキックインさせるタイミングを遅らせる方がタメを作りやすくなりますし、クラブをインサイドから下ろすことができやすくなります。世界の飛ばし屋のスイングを見てみると右足のカカトが外転している選手はほとんどいませんよね。小柄でも半端ない飛距離を出すジェイミーサドルフスキー選手の下半身の使い方はとても参考になると思いますよ。

 

世界の飛ばし屋たちの切り返しはガニ股

ジェイミー選手の下半身のガニ股の切り返しはしっかりと股関節を使えるので腰を拘束ターンすることができヘッドを加速させることができるのです。

このように切り返しの下半身はガニ股にしてみましょう。

ちなみに、ビクターロドリゲス選手も参考になります。

このように世界の飛ばし屋は切り返しからガニ股になる動きが目立ちます。

キックインが速い日本人選手との違いですね。

できるだけキックインを遅らせる方がタメを作りやすくなりますので飛距離アップにつながります。

飛ばしたいという場合は参考にして下さい。

あなたが短期間でゴルフを上達させいたいという場合は僕ゴルフを始めてわずか半年でスコア82をマークしたスイングのキモをメルマガ限定でお伝えしていますのでこの機会に登録してみてください。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。