ヘッドアップ防止のための顔を残す意識は右足カカトを見る

こんばんは。
ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。
今回はスイング中の顔の残り方について言及したいと思います。

よくアマチュアの方で多いのが顔が上がる(ヘッドアップ)のが早いということです。
「ヘッドアップしてるよ!」とあなたも周りのゴルファーに言われた経験があるかもしれません。

ほとんどのアマチュアゴルファーは目標ばかりが気になってヘッドアップするというのがよくあります。

こういう方は体の回転と一緒に頭がついていくために、軸がブレてしまいます。

目標が気になってしまいますからすぐに顔が上がってしまうわけです。
アイアンではおおよそトップかダフリが多いです。

目標が気になって顔が早く上がれば上がるほどミスになります。

 

実際に自分では頭を残しているつもりでも顔がぶれているのに気づいていない人は多いです。

これはちょっとしたことを意識することで治すことができます。

 

顔を残すことは、難しくない

まずバックスイングをしたら、トップで右足のカカトを見るようなつもりで、

アゴを高い位置にキープさせ、左わき腹でダウンスイングをリードします。
こうすることによって体の回転する方向と拮抗して顔が少し右を向く頸反射が起きます。
こうすることによって、左首筋の胸鎖乳突筋が伸びます。
そして、顔が自然と残るようになります。
松山選手やジャックニクラウスのように自然と顔を残す形を作り出すことができます。
左のこめかみを動かさないようにすることで、野球のサイドスロー、もしくはフリスビーを投げるような動きになります。
あなたがヘッドアップするという場合、ダウンスイングで右足のカカトを見るようなつもりで左のこめかみが動かないように意識してみてください。

こうすることで、体の開きも抑えることができますので、インサイドからクラブを下してこれるようになります。
ぜひ、お試しください。

 

最後にあなたが一気にゴルフを短期間で上達させたいという場合、詳しい方法はメルマガでお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

あなたのゴルフ上達のために役立ててくださいね^^

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。