ドライバーだけスライスする原因【手元が高いインパクトでフェースが開くから】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。

只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。

 

→ クリックして限定動画を無料で受け取る

迷走ゴルファー

ドライバーだけスライスが出る原因ってなんだろう?

アイアンはスライスしないのに、ドライバーだけスライスばかり出るし。

もしかたしたら手打ちだから?

ドライバーだけスライスするから、フェースを早く返そうと思って右を向いて打つ事はできるけど、ドライバーだけわざわざ特殊な打ち方をしないといけないのかな?

 

今回はこのようなお悩みを解決する内容になります。

この記事を読むことで以下のメリットが手に入ります。

・ドライバーだけスライスが出るという原因が分かる

・ドライバーのスライスを直す方法は体が突っ込む動きと胸の回転が止まることで発生する

・前傾が起きて伸び上がるとドライバーはスライスが出やすくなる

・ショートアイアンは左に引っ掛けてドライバーは右へスライスする理由が分かる

 

トシ(レッスンプロ)
今回はベストスコア65の僕がドライバーだけスライスするという原因を解決します。

あなたもドライバーだけスライスが出るということで悩んでいませんか?

結論言いますと、ドライバーだけスライスが出てしまう原因は手打ちの要素が強いからです。

細かくお伝えすると前傾が起きて手元が高くなるとドライバーなどの長いクラブの場合はフェースが開きやすくなるからスライスが出るのです。

手元が高くなるということは、フェースが開くという状態になるのです。

 

ドライバーだけスライスする原因【前傾の起き上がりによる体の回転不足が原因】

多くのアマチュアゴルファーはドライバーだけスライスが出るというケースが多いですね。

あなたもドライバーだけスライスするということで苦しんでいませんか?

 

結論言いますと、ドライバーだけスライスが出る原因はスイングに問題があります。

そしてスライスの種類にもよりますが、ドライバーだけスライスが出るという場合の多くが、球が捕まらない右へのプッシュアウトスライスの傾向が強く、アイアンは逆に左に引っ掛けるというミスがよく出るケースが多いです。

生徒
ドライバーだけスライスするという苦しみから解放されたいです。よろしくお願いしいます。
トシ(レッスンプロ)
ドライバーだけスライスする人の特徴と解決策をお伝えしますので実践してくださいね。

 

ショートアイアンは左へ引っ掛けてドライバーだけスライスする

ショートアイアンを左へ巻いて引っ掛けるという事がよくある人の特徴として、ドライバーになると右へのプッシュアウトスライスがよく出ます。

これは大まかに言うと、手打ちが原因となります。

 

手打ちをしたくないと思って、体を回してもドライバーなどの長いクラブになると振り遅れて右へプッシュアウトスライスが出るため、振り遅れを怖がるようになり体の回転を抑えて腕を振ったり、手を返す意識を持つようになります。

いわゆるヘッドフェーストでボールに対してフェースをスクエアに当てようとする意識や手元でフェースを返しながら(フェースローリング)で球を捕まえようとし始めます。

 

このようにスイングする人の特徴として、目標に向かってクラブヘッドを出していくイメージや、もしくは目標の右に向かってインサイドアウトにクラブヘッドを出していくイメージを持っている場合が多いです。

または、ダウンスイングをインサイドから入れる意識が強いため、イメージも間違ったものになっていきます。

正しいイメージはクラブヘッドを目標の左に振りぬいていく(出していく)のです。

 

目標に向かってヘッドを出そうとしたり、右に出そうとすると手元が浮いてインパクトが詰まって手首を返しながら合わせるようになるので、今度はチーピンも出始めます。

こういったスイングをしている方の特徴として、そもそもスイング軌道がきついインサイドアウトになっています。

インサイドアウト軌道では、手元でフェースの操作をすることになり前傾姿勢が起きる動きが入るのです。

 

左に振るという意識が薄いため前傾が起きるアマチュアゴルファーがとても多いです。

前傾姿勢が起きる原因は他にもあるのですが、基本的に手元や腕でボールを捕まえようとする人はインパクト付近で体の回転が止まっているという共通点があります。

具体的には胸の回転が止まっているという事になります。

 

胸の回転が止まっている事が原因となり、前傾が起きていることに気づいていない人は多いものです。

なぜならアマチュアゴルファーのほとんどが、前傾が起きてしまう原因の1つとして、頭のリリースの仕方を知らないし、分かっていない場合が多いからです。

 

多くの人が、「頭は固定するもの」「頭は残すもの」「ヘッドアップをするな」などと間違った指導を受けているため、勘違いを起こしてしまうのです。

結果的に、頭は残るものであり意図して残すものではないのです。

 

意図して「ヘッドアップをしない」などと、そういった意識やイメージが強いと、逆に頭をリリースすることができにくくなります。

頭がリリースされないと首から下の動きが止まりやすくなります。

 

結果的に胸の回転が止まってしまい手を使って球にクラブを当てに行くという動きが自然発生することになるのです。

そして、目標に向かってクラブヘッドを真っすぐに動かしたくなるのです。

結果、前傾姿勢が自動的に起き上がる動きが発生するのです。

前傾姿勢が起きてしまう癖があるという場合は、ゴルフは左肩を切り返しから低く動かす【浮くと前傾が起きて手元が高くなる】も読んでおいてください。

また、前傾が起きてしまう癖がある場合は、とにかく左下に向かって球を飛ばすイメージでクラブを振ることからはじめることをお勧めします。

目標に向かって振ろうとしたり、球を捕まえようとしてインサイドアウトに目標の右にヘッドを出そうとすると必ず前傾は起き上がるからです。

 

目標の左に向かって球を飛ばすイメージだとアウトサイドイン軌道になるのでは?と思う方が多いのですが、はじめはアウトサイドイン軌道でOKです。

フォローがインサイドへ抜けていくという感覚を養う必要がありますので、はじめは「こんなに左に振っていいんだ」というぐらいな感覚を得る必要があるのです。

 

そうすれば、左に振る感覚というのもつかめやすくなるのです。

そこからスタートしてアウトサイドイン軌道を変えていくためには、アウトサイドイン軌道は悪くない【インサイドイン軌道に変える方法】を読んでおいてください。

 

手で捕まえに行くと失敗する!飛ばないし曲がる

ドライバーだけスライスする人の特徴として、前傾が起きながら手元の操作に頼って球を捕まえようとするため基本的に自分の最大飛距離を引き出すことができずに苦しみます。

また、曲がるリスクが高いスイングになるためコースでは思い切って振っていけないという未練が残ります。

 

仮に思い切って体を回して振りに行くと振り遅れて球が捕まらないという右へのプッシュアウトスライスに苦しむことが多いため、急激に手首を返して捕まえに行くとインパクト付近では体に急ブレーキがかかったかのように胸の回転が止まってしまうため、今度は左にドチーピンが出て林の中に消えていくという結果になりやすいのです。

ドライバーだけスライスするという人は、だいたいこういった感覚でゴルフをしています。

 

そして、前傾が起きていることに気づいておらず、手元の操作感に頼ったスイングになっているのです。

なので、球を捕まえようとすると、インサイドアウト軌道がきつくなっていき左右に球が散らかるようになるのです。

 

これならまだアウトサイドイン軌道でゴルフをした方がスコアは安定します。

なぜなら、アウトサイドイン軌道であればカットスライスで球が飛びませんが、左から右に曲がるという球しか出ないのでOBの確率が下がりますし、毎回左から右に戻してくるという一方通行で予想ができると、ある程度のコース戦略ができやすいからです。

なのでカットスライスで距離が出なくても、インサイドアウト軌道がきつく、プッシュアウトもチーピンも両方出るというスイングよりもスコアは安定しやすいのです。

 

いずれにしても、体が止まってしまう「胸の回転を止めないための頭のリリース」ができないことにはこういった状態に陥ってしまうのです。

 

体の回転を止めないリリースを覚えろ

ドライバーだけスライスしてしまう場合は、原因となる体の回転が止まる(胸の回転が止まる)という動きを退治するために、頭のリリースを覚える必要があるのです。

なぜなら、お伝えしてきましたように頭を固定してしまうと、基本的に首から下が力んで胸が止まる原因になるからです。

 

改善方法としては、切り返しから左肩が止まらないようにアゴから左肩を離していく事です。

左肩が先に行ってくれることによって、頭が突っ込む動きが消えていきます。

すると自然に頭が残る状態ができるのです。

また、先ほどお伝えしましたが左下に振る感覚を練習すると左肩は浮いていかずに低く動いてくれます。

 

アマチュアゴルファーの多くが、切り返しで左肩と顎が一緒になってついていくケースが目立ちます。

すると、頭は目標へ突っ込んでいき振り遅れてしまってフェースが開くという状態が待っています。

 

または、切り返しから左肩が上にあがっていき右肩が下がっていくパターンです。

このパターンはインパクトで前傾が起きて伸びあがり度合いが大きくなりインサイドアウト軌道がきつくなる傾向が強いです。

そしてフェースが開くためリストを返しながら球を捕まえようとし始めるのです。

 

なので、体の回転を止めない(胸の回転を止めない)ために切り返しから左肩を先に行かせるという動きを覚える必要があるのです。

 

具体的なドリルは以下になりますので、興味がある場合は実践されてみてください。

実践することによって胸の回転が止まらなくなりますので、スイングに大きな感覚の変化を感じることができますよ。

[asp_product id=”8127″]

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。