ゴルフ切り返しからの自然落下打法の感覚や動きを覚える練習

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうも、トシです。

今回はスイングで最も難しいと言われる切り返し部分についてお伝えします。

切り返しがうまく動けないゴルファーが多いです。

しっかり切り返しをマスターすることで、スイングの再現性が高まります。

メルマガを読んでくれている高岡さんからご質問をいただきました。

「切り返しからの自然落下の感覚を教えてください」ということでした。

 

スイングプレーンから切り返しの動きを考えたとき、俗に良く言われるトップからの「自然落下」という動きがなぜ必要とされるのか?

これについて詳しくお伝えしたいと思います。

生徒
私も切り返しの自然落下の感覚というのを知っておきたいので、ぜひ今回の内容も参考にさせていただきます。
トシ(レッスンプロ)
よろしくお願いします。ぜひ切り返しの自然落下のコツや感覚を実践されてみてください。

アウトサイドインの軌道を治すには切り返しからの腕の位置を気にしよう

動画でお伝えしているように、アウトサイドインの軌道で悩んでいるという場合は、切り返しで椅子に座るようなイメージで下にしゃがんでみましょう。

そうすることで腕の位置が下に落ちてくるのが分かると思います。

これがいわゆる自然落下の感覚になります。

トップからいきなり体を回転させてボールを打ちに行くイメージがある場合は、この自然落下の感覚を感じる前にボールに向かって腕を振り下ろしていくパターンになりやすいです。

今回ご相談された高岡さん以外にもこういった切り返しからの自然落下の感覚が分からずにいきなりボールに向かって腕を振り下ろしていくイメージでスイングされている方がかなり多いです。

僕がレッスンをしていて思う事ですが、こういった感覚でスイングしている人はほとんどがアウトサイドインの軌道でカットスライスの球筋に悩んでいる人が多いです。

なので、まずは切り返しからは椅子に座るイメージを持って下にしゃがんでみてください。

 

つまり、自然落下ができないと再現性の高いスイングができないという意味がこれで分かると思います。

上級者やプロがスイングで最も気を配っている切り返し部分。

あなたも、この切り返しの自然落下という意味が分かっていただけたなら、トップからクラブを引っ張り下ろしてくる動きがいかに間違った動きなのかが分かると思います。

 

また、切り返しの動作を習得するために、大事な事をお伝えしていますので、ご確認ください。

 

アウトサイドインの人はとりあえずインサイドに手元を落としてみるのもあり

動画でお伝えしているように、切り返しで行う自然落下の動作のイメージとその練習法です。

はじめは意図的に手元を右ポケットめがけて下げる動きをしてみるといいですよ。

極端にアウトサイドインの感覚をインサイドアタックに変えるためにはこういったイメージが必要となる場合があります。

もちろんインサイドに下ろせてもそこからアウトサイドに向かって腕を振ってしまうことはおすすめしませんが、とりあえずはインサイドからアタックするという感覚が分かってきたら、右腰あたりから右腕をボール方向めがけて押し込むようにリリースしてみましょう。

 

押し込むように開放することによって、前腕が捻じれながらローテーションします。

はじめは意図的にやってみてください。

そうすると捕まったドロー系の球筋が出やすくなります。

いわゆる腕をローリングさせて球を捕まえるというスイングになります。

個人的には、インサイドアウトで腕をローリングさせて球を捕まえる打ち方はあまり推奨しませんがスライスを治すという即効性で考えるなら、まあありだとは思います。

このスイングでも100切りぐらいはできると思います。

ただ、インサイドアウトで球を捕まえるために腕をローリングさせるという打ち方は体の回転を止めて行う必要がありますので、体を回転しようと思うと今度はプッシュアウトが出やすくなってしまいますので注意してください。

 

ゴルフが上手くなりたいならインサイドイン軌道がおすすめ

アウトサイドインの人がとりあえず捕まった球を打つためにインサイドアウトに振ることをおすすめするというレッスンはよくありがちです。

ただ、インサイドアウトに振れるようになって捕まる球を打てるようになったからそれでいいのか?というところに行きつくと思います。

結論言いますが、インサイドアウトでは高いレベルは目指せないと言えます。

スライスが直せて、月一ゴルフで楽しくラウンドできて、100切りできればそれでいいという場合はインサイドアウトの腕で捕まえるスイングでもいいと思います。

ただ、貪欲にゴルフに打ち込んでいきたいというのであれば、これではいずれ限界があることに気づくことになります。

なので、あなたが貪欲にゴルフに向き合っていきたいというのであれば、インサイドインのスイングを身に着ける必要があります。

そのためには、切り返しからの動きは下半身で行い、その結果自然にクラブがインサイドに下りてくる体の動きを詳しく理解しておいた方がいいので、切り返しからの膝の使い方で大事な事をお伝えしていますので、切り返しの下半身始動の意味は両ひざを曲げる動きが正解を読んでおいてください。

あなたが本格的にゴルフを上達させたいと思うのであれば、インサイドイン軌道に変えることをお勧めします。

 

なんにしても、外からクラブを下してくるアウトサイドインのスイング軌道の動きをしている場合、スライスがいつまでも付きまとうことになります。

あなたのスイングからスライスを消すためには今回お伝えしましたように、切り返しでの自然落下という動きを体で覚える必要があります。

ぜひ、この部分を体に覚えこませることをお勧めします。

 

最後に、あなたが短期間でゴルフを一気に上達させて、周りをスコアーで圧倒したいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフど素人でも半年でスコアー82をたたき出した方法ですのでお楽しみください。

またゴルフをはじめて1年後にパープレーを果たしたスイングの核心部分をこっそりお伝えしていますのでパープレーできるレベルの高いスイングを身に着けたい場合はぜひメルマガを読んでおいてくださいね。

トシのゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ

これからゴルフをどんどん上達させて、当たり前に80台、70台を出していけるスイングのキモの部分をお伝えしていますよ。

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。