ダウンブローに打つためには力を上から下に開放するリリースを覚えよう

どうも、トシです。

最近ゴルフの練習をさぼりがちです(笑)

でも、球を打たなくても、練習はできます。

球を打ちまくるだけが練習じゃないですからね。

球を打たなくてもゴルフは上達できます。

逆に球を打ちまくっても悪い動きをしていたらクラブを正しく動かすことができないので一向に上達しないというのがゴルフです。

まあ、これぐらいある程度ゴルフをしてきている人にとっては常識だと思いますけど。

では、今日もスイングの核心をお届けします。

今日は今まで触れてきていない「リリース」についてお伝えします。

リリースはインパクト後の動きになります。

実は切り返しと同じぐらい、リリースは重要。

正しいリリースができるとダウンブローに打てて、ハンドファーストインパクトもできるようになります。

生徒
ダウンブローに打てるようになりたいです!どうしてもインパクトでフリップしている気がしてなりません。すくい打つ動きを改善できる方法をお願いします。
トシ(レッスンプロ)
ゴルフ初心者や中級者の方はリリースの事を考えたことがないという場合は結構多いですね。今回は簡単にダウンブローに打つためのリリースの方法となります。どちらかというと腕のローテーションが多めのスイングモデルとなりますので、ボディターンというよりかは、初心者のすくい打ちを克服する方法となります。

 

初心者のうちはリリースの練習も意識して行おう

 

キーポイントは力を上ではなく下に開放する!です。

これを頭において見てください。

「そんなことわかってるよ」

「常識だろ」

という場合は、スルーしてもらって構いません(笑)

ゴルフ初心者の人ってボールをすくう打ち方になりがちです。

下から上に力を開放するものだと思っている人が多いですからね。

ボールを下からすくいあげるように手首を使ってスイングをしているという方が多いですので、まずは上から下というイメージで低い球を打つ練習などをしてみるといいですね。

低いボールを打つイメージでリリースをしていると手首ですくいあげるという動きが矯正されていくという方も多いです。

初心者のうちは、ゴルフスイングは下に向かって力を開放するという意識を持ってみることをお勧めします。

 

頭を残して地面に向かって右手でボールを投げつけるように腕を振り下ろす

ボールを上げようとするゴルフ初心者や中級者には下への力の開放がありません。

なので、地面に向かって野球のボールを投げつけるようなイメージを持って右腕を使ってみるというのもダウンブローに低い球を打っていくイメージとしてはいいと思います。

そうすることで右手首を手のひら側に折ってボールをすくい打つという手首の使い方を矯正する効果があります。

ただ、この腕の動きはバックスイングで胸が右を向いている状態のままを意識して右腕を野球のボールを地面に投げつけるように振り下ろしてくるので、よくある体を開かずに閉じた状態のままを意識して腕をローリングさせる動きになります。

つまり初心者ゴルファー(アウトサイドイン)軌道で悩んでいるゴルファーなどがこの動きをすることによって球がつかまるようになるので飛ばないカットスライスを克服するには即効性のある方法として日本のレッスンでは人気なんです。

ただ、何度も言ってますがあなたがフェース面の管理ができるスイングを身に着けて、もう一つ上のレベル(海外のプロレベルのボディターン)を身に着けたいという場合は、このスイングのままではダメです。

ハッキリと言っておきますが、このスイングのままではスライスは一時的に克服することができたとしても、チーピンやプッシュアウトが出る可能性が高いスイングであるために、コースになるとそういったミスもその日の調子によっては多く出てしまうということもありえます。

胸を後ろに向けたまま体を閉じた状態で腕を振り下ろしてくるという理論はインサイドアウトに振ることができるのですが、腕をローリングするため基本的に伸びあがりながらのインパクトになります。

なので前傾が起こされますので、お尻の位置がボール方向に出ていきます。

こうなると手元が通るスペースがなくなるために手元が浮きやすくなるのでヒール部分に当たりやすくなるというリスクがあるスイングなのです。

調子を崩すとコースで突然シャンクが出始めるということにもなりやすいスイングです。

インサイドアウトに振るスイングをしている特徴としてプッシュアウトとチーピンとシャンクに悩まされるという場合がよくありますので、今回お伝えした方法はこういったリスクがあるスイングモデルということも理解しておいてもらいたいですね。

なので、そこまでゴルフに対して熱がないという場合ならいいですが、本気で上手くなりたいというのであればこのスイングを継続するというのはあまりおすすめしません。

一時的に球を捕まえてこすり球のスライスがドロー系に変わったりすると嬉しくなって「これでいいんだ」と思ってしまいがちですが、個人的には本物のベイビードローやフェードを打ちたいのであれば、このスイングでは球がお辞儀するようなフック系のドローボールが出やすいので本物のドローボールとは正直言えないと思います。

 

カットスライスに悩んでいる場合やすくい打ちが治らない場合は即使える

ただ、やはり即効性のある方法を求めたくなるのが人間の心理と思います。

なので、体を閉じて腕をローリングして球を捕まえるという打ち方でも、「球がつかまるならそれでいいです」という場合はお勧めします。

ただ、くれぐれもクラブヘッドを上から鋭角にボールに対して入れていくという意味ではないのでその辺は勘違いしないでいただきたい。

力を下方向に開放するというのは、右手首を手のひら側に折るフリップの手首の使い方によるインパクトを修正するためのコツとしてお伝えしていますので、クラブヘッドを地面に向かって叩きつけるというものではないです。

そんなことをしたら「ボール地面にめり込ませたいの?」という状態になってしまいますので、それは間違いですのでそういったイメージを持たないように気を付けてくださいね。

あなたが小手先の技術はいいからボディターンを覚えたいというのであれば、ダウンスイングの切り返しで重要な事をお伝えしていますので、切り返しの下半身始動の意味は両ひざを曲げる動きが正解を読んでおいてくださいね。

 

最後に、あなたが短期間でゴルフを上達させたいという場合、その詳しい内容はメルマガ限定でお伝えしていますのでメルマガをお楽しみください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガではゴルフど素人でも短期間でスコアー80台、70台を出していけるスイングのキモの部分をお伝えしています。

こればっかりはメルマガ限定でしかお伝えできません^^

気になる場合はメルマガ登録してください。無料です。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。