ダウンブローに打つために上から下に力を開放するリリースの注意点や方法を公開

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

迷走ゴルファー
ダウンブローに打つために上から下に叩きつけるように打つというイメージでは間違いかな?

うまくダウンブローに打つ方法やコツがあれば教えてほしいな。

ダウンスイングでクラブを叩きつけに行くとディボットが深くなるだけだから、そういう意味ではない事は分かるのだけど・・・

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法となります。

この記事を読むことによって以下のメリットが手に入ります。

・ダウンブローに打つための方法が分かる

・上から下に向かって叩きつけるというイメージではないことが分かる

・力の開放の仕方を理解できる

トシ(レッスンプロ)
ダウンブローに打つということをよく言われることがあるけど、いまいち意味が分からないという方が多いですね。

なので、ダウンブローに打つためのコツをお伝えしたいと思います。

上からドスンと打ち付けるという意味ではないということを理解していただけたらと思います。

正しいダウンブローの感触を覚えてください。

 

ダウンブローに打つためには、切り返しからのリリースの仕方が重要

球を打ちまくるだけが練習じゃないですからね。

球を打たなくてもゴルフは上達できます。

 

逆に球を打ちまくっても悪い動きをしていたらクラブを正しく動かすことができないので一向に上達しないというのがゴルフです。

まあ、これぐらいある程度ゴルフをしてきている人にとっては常識だと思いますけど。

 

では、今回もスイングの核心をお届けします。

今回は「リリース」についてお伝えします。

 

リリースはインパクト後の動きになります。

実は切り返しと同じぐらい、リリースは重要。

 

正しいリリースができるとダウンブローに打てて、ハンドファーストインパクトもできるようになります。

生徒
ダウンブローに打てるようになりたいです!どうしてもインパクトでフリップしている気がしてなりません。

すくい打つ動きを改善できる方法をお願いします。

トシ(レッスンプロ)
ゴルフ初心者や中級者の方はリリースの事を考えたことがないという場合は結構多いですね。

今回は簡単にダウンブローに打つためのリリースの方法となります。

どちらかというと腕のローテーションが多めのスイングをしている人にも参考になると思います。

上手くなるためには、初心者のすくい打ちを克服する方法となります。

 

初心者のうちはリリースの練習も意識して行おう

キーポイントは力を上ではなく下に開放する!です。

これを頭において見てください。

いわゆる下に向かって力を開放するというイメージになると思うのですが、体の回転を止めながら下に向かって腕を振り下ろすという意味とは違いますのでその辺は勘違いしないようにしていただけたらと思います。

 

ゴルフ初心者の人ってボールをすくう打ち方になりがちです。

下から上に力を開放するものだと思っている人が多いですからね。

 

ボールを下からすくいあげるように手首を使ってスイングをしているという方が多いので、まずは上から下というイメージで低い球を打つ練習などをしてみるといいですね。

低いボールを打つイメージでリリースをしていると手首ですくいあげるという動きが矯正されていくという方も多いです。

 

ゴルフ初心者のうちから、下に向かって力を開放するという意識を持ってみることをお勧めします。

下から上にすくい上げるというイメージを持ちやすいですが、これではバンカーショットやロブショットのイメージになりやすいですからね。

 

頭を残して地面に向かって右手でボールを地面に投げつける?

ボールを上げようとするゴルフ初心者や中級者には下への力の開放がありません。

なので、地面に向かって野球のボールを投げつけるようなイメージを持って右腕を使ってみるというのもダウンブローに低い球を打っていくイメージとしてはよく言われることですが、これには注意が必要です。

 

腕を下に向かって振り下ろしながらスイングすると手打ちになり体の回転が止まりやすくなります。

なので、体は回転するということを忘れないようにしましょう。

また、腕を捩じってローリングしてしまうという場合は、手首の使い方が間違っていますので手首を正しく使うために、切り返しから注意する部分として右手でフェース面を管理する方法【切り返しで入れるヒンジという細工】も読んでおいてください。

 

そうすることで右手首を手のひら側に折ってボールをすくい打つという手首の使い方を矯正する効果があります。

ゴルフ初心者のうちから手首の使い方を覚えるとゴルフはけっこう楽に上手くなっていきます。

 

フェース面の管理ができるスイングを身に着けて、もう一つ上のレベル(海外のプロレベルのボディターン)を身に着けたいという場合は、やはり手首の使い方というのは重要な要素となります。

 

手首の使い方を学ぶ前に腕の振り方を覚えようとした人は決まって腕をローリングさせながらインサイドアウトに振って球を捕まえようとし始めます。

胸を後ろに向けたまま体を閉じた状態で腕を振り下ろしてくるという理論はインサイドアウトに振ることができるのですが、腕をローリングするため基本的に伸びあがりながらのインパクトになります。

なので前傾が起こされますので、お尻の位置がボール方向に出ていきます。

 

こうなると手元が通るスペースがなくなるために手元が浮きやすくなるのでヒール部分に当たりやすくなるというリスクがあるスイングになります。

調子を崩すとコースで突然シャンクが出始めるということにもなりやすいスイングです。

 

インサイドアウトに振るスイングをしているとプッシュアウトとチーピンシャンクに悩まされるという場合がよくありますので気を付けてください。

一時的に球を捕まえてこすり球のスライスがドロー系に変わったりすると嬉しくなって「これでいいんだ」と思ってしまいがちですが、個人的には曲がり幅の少ないベイビードローやベイビーフェードを打ちたいのであれば、インサイドアウト打法は辞めた方がいいです。

球がお辞儀するようなフック系のドローボールが出やすいので本物のドローボールとは正直言えないと思います。

 

カットスライスに悩んでいる場合やすくい打ちが治らない場合は即使える

ただ、やはり即効性のある方法を求めたくなるのが人間の心理と思います。

なので、体を閉じて腕をローリングして球を捕まえるという打ち方でも、「球がつかまるならそれでいいです」という場合はお勧めします。

 

ダウンブローに打つと言っても、くれぐれもクラブヘッドを上から鋭角にボールに対して入れていくという意味ではないのでその辺は勘違いしないでいただきたい。

力を下方向に開放するというのは、右手首を手のひら側に折るフリップの手首の使い方によるインパクトを修正するためのコツとしてお伝えしていますので、クラブヘッドを地面に向かって叩きつけるというものではないです。

 

そんなことをしたら「ボール地面にめり込ませたいの?」という状態になってしまいますので、それは間違いですのでそういったイメージを持たないように気を付けてくださいね。

あなたが小手先の技術はいいからボディターンを覚えたいというのであれば、ダウンスイングの切り返しで重要な事をお伝えしていますので、切り返しの下半身始動の意味は両ひざを曲げる動きが正解を読んでおいてくださいね。

 

生徒
上から下に力を開放するという意識はよく言われますよね。

ただ、これがゴールではないということですね。

腕や手首を使い過ぎるスイングは曲がりリスクが高いということですね。

 

トシ(レッスンプロ)
おっしゃる通りですね。まずはすくい打ちを治すために上から下への力の開放というイメージを持つといいですね。

ただそれがゴールではないという事です。

慣れてきたら今度はフェース面の管理を考えてスイングを作っていくことをお勧めします。

フェース面の管理ができるスイングは手を返さないボディターンになります。最終ゴールはここに設定してほしいですね。

つまり、体の回転を止めないように気を付けるということです。

 

最後に、あなたが短期間でゴルフを上達させたいという場合、その詳しい内容はメルマガ限定でお伝えしていますのでメルマガをお楽しみください。

無料メルマガ

メルマガではゴルフど素人でも短期間でスコアー80台、70台を出していけるスイングのキモの部分をお伝えしています。

こればっかりはメルマガ限定でしかお伝えできません^^

気になる場合はメルマガ登録してください。無料です。

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。