フォローでの左ひじの引け(チキンウィング)を修正するための練習ドリルを公開

どうもトシです。

インパクトでボールを打ちぬいてから今度はフォローに行くわけですがこのフォローで特に気を付けておきたいことがあります。

それは左ヒジが背後に引けてしまうというもの。

この動きが大抵の人に見られると思います。

いわゆる「チキンウィングになってるよ~」と言われる場合もあると思います。

多分アマチュアの人の8割ぐらいはこの左ひじが背後に引けてしまっていると思います。

フォロースルーで左ひじの引けを修正するためにこれから話をしていこうと思います。

生徒
私も左ひじが引けてしまいます。どうしたら左ひじが引けないカッコいいフォローが取れるのでしょうか?
トシ(レッスンプロ)
左ひじが引けるという動きは良く起こりますよね。左ひじが引けるというのはインパクトで詰まることが原因となります。ぜひ左ひじの引けを克服しましょう。

左ひじが縮むという動きを改善

フォロースルーで左ひじが背後に引けるという事は、いわゆる左ひじが縮んでしまった状態になっているという事です。

左ひじが縮んでしまっている状態を修正することが必要です。

左ひじがひけることによりスイングアークが小さくなります。

 

そして、左ひじがひけると同時にスイング軌道がアウトサイドインの軌道になってしまいます。

こうなると確実にボールにパワーを伝えることは難しくなります。

そうなると球筋も当然弱弱しいものになる。そしてスライスが出る確率が高まります。

 

なので自分が持っている力をボールに最大限に伝えることが出来ないのです。

フォロースルーでは左ひじと言うのは一旦折りたたまれていくように思うかもしれませんが、実は伸ばした状態で振りぬくことが出来たらそれがその人にとってのスイングアークを最大限にして振った証となります。

 

左腕の振りぬき方ですが、これを詳しく話すと左腕は目標方向へ延ばすようにして体の回転によって結果的に左に振りぬかれていくのです。

これがポイントです。

結果的に「左へ振りぬかれて行く」ということ。

そして、その後はフィニッシュに向かってだんだん左ひじがたたまれていくという感じになります。

だから、いくら左腕を伸ばすと言っても左腕を伸ばしっぱなしではヘッドを円軌道で振りぬくことが出来なくなります。なので、ボールを打ち抜いてからは左ひじを積極的にたたんでいくのではなくて、むしろ左腕を伸ばしていく意識が必要となるのです。

そして左腕を伸ばしていくということは、実際には左腕が地面と平行になるまでです。

左腕が地面と平行になるところまでは左ひじをたたまずに伸ばしていくことです。

 

インパクトでボールを打ちぬいた後に素早く左ひじをたたむのではなくて、むしろ伸ばしていく意識が大事。

そうすることにより大きなスイングアークを作ることが出来るというわけですね。

 

意識しても直らないのはなぜか?

よく左ひじをひくなと言われる人はこの意識が必要ですね。

そして、左ひじをひくなと言われて左ひじがひけなくなるならいいですが、そんな簡単なものではないですよね。

実際は意識しても左ひじの引けが直らない人は多いです。

 

引けをなくすために苦労している人は多いでしょう。

左ひじを伸ばそうと思っただけで左ひじの引けがなおったら苦労しませんからね。

ではなぜなおらないのか?

それは左ひじがひけてしまう人は左腕を伸ばそうと思っても伸ばすことが出来ない動きになってしまっているからです。

なのでその根本的な部分を解消しなければなりません。

そうしないことには左ひじの引けはなおりません。

 

左腕を伸ばした大きなスイングアークを作るためにはフォロースルーでも腰のターンでスイングをリードすることが必要となります。

ダウンスイングでは腰の回転が先行して上体、腕、クラブヘッドを順番に遅らせてレートヒットすることを以前話しました。

そして、このレートヒットするための押さえるべきポイントを公開!知らなきゃ損!を覚えることによって、右肩が前に突っ込むアウトサイドインの軌道修正もできます。

つまりフォロースルーで左ひじがひけるというのもアウトサイドインの軌道に原因があると思っていいでしょう。

スイングがアウトサイドインの軌道になっているために、ボールが右に出てスライスする。

それを嫌がってヘッドを急激に返すと今度はひっかけが出る。

 

右へ左へとボールの方向性が定まらない。

悲惨な結果となってしまいます。

アウトサイドインのスイングというのはボールに最もサイドスピンが入りやすく、ハンドファーストに打てないすくい打ちというパターンになりますので、球は飛ばないし曲がるという結果になってしまいます。

アウトサイドインの軌道でボールをまっすぐに飛ばしたいと思う人は反射的に左ひじを背後に引くことでヘッドをターンさせないようにしています。

そして、この動きを入れるためには同時に前傾角度を起こして体を伸びあがらせるという動きが入ります。

その結果、アウトサイドから入ってきたらクラブがフェースオープンになってインパクトしやすくなるため、球がつかまらないという状態に陥ってしまいます。

そして、伸びあがることによってシャンクも出やすくなります。

なので左腕を伸ばすにはやはり腰の回転によって腰を先行させて腰を切ったレートヒットを覚える必要があるのです。

そしてフォローではボールの有った後方に頭を残しクラブヘッドを飛球方向へ振りだすようにスイングする必要があります。

フォローでも腰の回転を意識したレートヒットの感覚が大事であるということです。

 

7番アイアンでフックボールを打つ練習でチキンウィングを直す

さて、左ひじの引けがどうしても直らないという人は7番アイアンを持ってフックボールを打つ練習をしてみるといいでしょう。

7番アイアンはシャフトの長さやロフトの角度的に見ても標準的なイメージのクラブだからです。

なのでボディーターンでフックボールを打つにはちょうど良いと思います。

先ほども話しましたが左ひじの引けの原因としてはアウトサイドインのカット軌道によるものでした。

なのでターゲットラインよりボールが左へ飛び出す軌道だとボールが右に飛び出して左へ曲がるボールはまず打てないのです。

なのでフックボールを打つためにはインサイドアウトの軌道でインパクトからフォローへかけてクラブヘッドをターンさせて打たないといけません。

つまりフックボールを打つ練習を行っていくと左ひじが引けてアウトサイドインのカット軌道は修正されていきます。

フックボールの打ち方ですが、アドレスで飛球方向に対してクローズドに構えます。

クローズとというのはクラブヘッドをボールに対してスクエアに構えたら後ろ足を背中方向へ引いて飛球方向に対して方が右を向く形を作ります。

あとはスタンスに沿ってクラブを振るだけで飛球方向よりも右に振りぬくインサイドアウトの軌道になります。

これでフックボールが打てるようになると左ひじの引け(チキンウィング)が直りはじめたと思っていいでしょう。

 

 

ただフックボールを打つからと思って意図的に手首を返してフェースターンを起こす動きはおすすめしません。

こういったフェースターンを手首の返しで起こさせるレッスンは多いですが、これを続けているとチーピン持ちになってしまいますので、手首の使い方は間違えないようにしましょう。

 

 

レートヒットするための手首の使い方などハンドファーストでレートヒットを覚えるダウンスイングの左手首を読んで参考にしてみてください。

また、ご自分でスイングを確認する際にはフォローでのクラブフェースの向きなども意識してみるといいでしょう。

そうすることで腕が正しくローテーションできているのかというのも理解しやすくなります。

左ひじがフォローで引けるという場合は、左手首を甲側に折る動きをインパクト前から誘発してしまうわけですが、それに加えて左腕がローテーションできていないという場合もありますので、フォローでクラブフェースが左下を向くとフェースターンができている証も読んでおいてくださいね。

 

最後に、ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

ゴルフを始めて1年後にパープレーを果たしたスイングの核心部分もこっそり教えていますのでお楽しみください。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。