フィニッシュの形にこだわらない!作るものではなくて作られるもの

どうもトシです。

安定したボールを打つために方向性を安定させるために「低くて長いフォロー」をとることです。

これができるとボールの方向を安定させて飛ばすことが出来る理想の形だと思います。

 

そして、このフォローの延長にフィニッシュがあると思います。

自然とできるフィニッシュがある。

でもおかしな考え方を持つ人が多いです。

それはフィニッシュを先に決めてしまうのです。

フィニッシュを作ろうと思う人がいますが、無理やりフィニッシュは作るものではないのです。

生徒
フィニッシュに対する考え方の問題でしょうか?いつもカッコいいフィニッシュを取ることを考えていますが、思うようなフィニッシュを取ることができません。フィニッシュが決まれば良いという考え方は良くないのでしょうか?
トシ(レッスンプロ)
確かにフィニッシュが決まれば良い動きをしたという過程も考えられますが、無理やりフィニッシュの形を作ろうとしている人もいます。この場合は意味が違ってきますね。カッコいいフィニッシュになるには良い動きができた結果ですからね。

フィニッシュは作るものではなく作られるもの

ゴルフを始めたばかりの頃はフィニッシュの形を作るのにこだわると思います。

これは確かに必要かもしれません。

でも、ゴルフがある程度上達してきたら今度はフィニッシュの形を作ろうとする意識は必要ないかと思います。

意識はインパクトに重きを置いた方がいいと思います。

 

インパクトからフォローに流れてその結果最終着地点のフィニッシュにたどり着くのです。

なので、フィニッシュを先に作ろうとするのはよくないと思います。

このフィニッシュを先に作ろうとするとゴルフが行き詰ります。

おもしろいことにボールに当たるようになってまともに打てるようになってくると余裕ができるのかフィニッシュ作りに専念する人がいます。

雑誌でプロの分解写真を見たり、テレビ中継でプロのスイングを見たり、そのようにして大きなかっこいいフィニッシュを作ろうと思ってしまいがちです。

フォローで両手が高い位置に上がり大きなアークのもとフィニッシュがおさまるというもの。

でもこんな意識でボールを打っていると結果は付いてこないのです。

右にプッシュアウトしたりスライスボールが止まらなくなるのです。

両手の位置を高く上げることばかりを意識してしまうと上半身が反り返ります。

その結果右肩が下がった形のダウンスイングになってしまうのです。

そうなると今まで培ってきたスイングのイメージが台無しになってしまうのです。

 

両手、もしくは両腕を大きく使おうと思って右肩が突っ込んでしまい、その結果上体が踊ってしまう形になる。

インパクトの直前からは目標方向に対してクラブが先行して腕がそれにつられて動くものなのに、逆に腕が先に上がってしまい、体の水平運動を壊してしまうことになります。

 

体の水平運動まで壊して右肩下がりのスイングになってまでしてフィニッシュを作ろうと思う意識は、正直意味がないと思います。

大きなフォローから大きなフィニッシュを考えるのではなくて、これはインパクトまでにすでに決定してしまうことなのです。

腰を水平に回すことによりボディターンのスピードが増すのです。

だからフィニッシュ作りは無意味であるという事が分かってもらえるかと思います。

生徒
なるほどですね。フィニッシュつくりに専念している人は周りにたくさんいますが、私はインパクトを重視して考えるようにします。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。フィニッシュつくりに専念する人は多いです。でもフィニッシュよりも大切なインパクトの当て方を考えることの方が100倍大事であるということを考えてほしいですね。インパクトでクラブを正しくボールに当てる当て方を覚えようを読んでおいてください。

フィニッシュ作りよりも専念してほしい事

では、フィニッシュ作りではなく何を作っていけばいいのか?

それは、球筋です。

球筋作りに励んだ方がいいと思います。

今までフィニッシュ作りを意識したがためにスイングを壊してしまったなら、今度は球筋作りを意識してすることをおすすめします。

壊れたスイング治療には球筋作りがいいでしょう。

頭を球筋作りに切り替えることによりスイングで良かったころのイメージがすぐに戻ってくるからです。

そして腰の水平運動が戻ることによって体がぎくしゃくした感じが消えてボディーターンが使えるようになります。

毎ショットをどんな球を打つか考えて打ってみることでフィニッシュ作りで陥ってしまった悪い癖を修正することが出来るようになります。

球筋作りを考えずに、体の動きばかりを気にしている人がいます。

確かに体の動きを考えることも大事なことですが、まずは現状の自分の球筋がどうなっているのかを知る必要があります。

冷静に自分の今の持ち球が何かを知ることです。

ドローなのか、フェードなのか、もしくはスライスなのか、フック系なのか・・・

人それぞれで現状の持ち球というものを自分で理解することが先です。

生徒
自分の持ち球を知ることから始めます。持ち球をそっちのけでフィニッシュのことを考えても意味がないということですね。
トシ(レッスンプロ)
そうなんですよ。自分の持ち球を理解してそれが使える球ならいいですが、使えない球なら球筋を変えるためにどうすればよいのかを考えることです。そこからスイングプレーンやフェース面の管理など色々な要素が見えてくるのです。
生徒
確かに自分の持ち球を何にするかによって変える必要がある部分が見えてきますね。順番を間違えないようにしたいですね。

インパクトからフォローの手の使い方でフィニッシュの形は変わる

フィニッシュと言うのは手を返すスイングと手を返さないスイングで形が異なります。

手を返すスイングの場合は、フィニッシュでクラブを担ぐような形になります。

手を返さないスイングの場合は、フィニッシュでクラブが立ます。

アイアンなどのラインだしショットやパンチショットをした後にフィニッシュでクラブが立つ形と言えば伝わりやすいでしょうか?

手の返しを入れないスイングでは右手が左手を追い越すタイミングが遅くフォローからフィニッシュに向かう直前に右手が左手を追い越す形になりますので自然とアイアンなどではクラブが立つフィニッシュになるのです。

特徴的な選手としてフリートウッド選手などのフィニッシュを見れば分かりやすいと思います。

ピタっとフィニッシュで止まり、クラブもピタっと止まるフリートウッド選手は全く手を返さないスイングをしていますね。

こういったアイアンショットを打てるようになると方向性が安定します。

アマチュアゴルファーはアイアンショットでも手を返すため、クラブを担ぐようなフィニッシュになることがほとんどです。

クラブを担いでしまうのは手を返しているからです。

フェース面の管理をするためには、このように手を返さないスイングでシャフトが立つフィニッシュを目指しましょう。

アイアンショット成功のカギは胸を地面に長く向けるも読んでおいてください。

生徒
確かにフリートウッド選手のフィニッシュは微動だにしない感じでカッコいいですよね。ピタっと止まれるということは手を返さないということからきているのでしょうか?
トシ(レッスンプロ)
フィニッシュでよろけてしまうのは手を返してクラブヘッドを跳ね上げるようにスイングしているからです。手元が先行しながらハンドファーストでインパクトしてフォローも長くフェース面を変えずに維持できれば手を返していないことになりますので、クラブヘッドが跳ね上がらずに低く長いフォローとなり結果的にフィニッシュでバランスよく立てるようになるわけです。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。