大きなフォローをとるには右腕は伸ばさない意識が必要

どうもトシです。

テークバックまでは理想の形、プロのようなきれいなテークバックを作ることが出来たとしても、ダウンスイングになると素人丸出しのスイングになってしまう。

これはいったい何が原因なのだろう?

自分では左腕のリードでダウンスイングをスタートさせている。

でも、そのスイングを動画などで撮影して後で分解して見てみると左ひじが左横に引けており、プロのような長くて大きなフォローとはかけ離れた形になっている。

なぜプロのような大きな理想のフォローを取ることが出来ないのだろうか?

フォローが詰まってしまう・・・

プロのように大きくフォローを取ることが出来ないのはどうしてか?

多くの方が悩んでいることでしょう。

実はフォローを大きくしようと思えば思うほど左ひじが左横に引けてしまって逃げるような小さなフォローになってしまうのです。

生徒
フォローを大きく出そうとしても出ない理由が自分ではよく分かりません。大きなフォローを取るためには左サイドの抜けが大事な気がしますがどうでしょうか?
トシ(レッスンプロ)
確かに大きなフォローにつなげるためには、左サイドの抜けも大事ですよね。ぬけが悪いと詰まって肘が引けてしまうわけです。ぬけの良いフォローになるためのコツをお伝えしますね。

理想とは逆の動きになるのがゴルフです

ゴルフスイングは不思議なものですよね。

何かを意識してやろうと思うとそれとは逆のことをやってしまうことがよくあります。

そしてフォローに関しても同じことが言えると思います。

多くの人が大きなフォローを取ろうと意識しても実際はその形にならない。

大きなフォローをとるためにはその前のダウンスイングに大きく関わりがあると思っていいでしょう。

フォローで腕を伸ばすことばかりに気を取られていてもインパクトが詰まっていては腕は伸びていってくれないのです。

そして、インパクトが詰まるということはダウンスイングでおかしな動きが入っていることを認識しましょう。

例えば、左サイドに突っ込んでしまっているとかですね。

肘が引けてフォローが詰まるという場合は、だいたい左へ突っ込んでしまっていることが原因となっている場合が多いですからね。

 

大きくフォローを取ろうとすることにより、していることは?

僕もゴルフを始めたころは大きなフォローが取れずに悩みました。

スライスサーからのスタートでしたが、スライスはなんとか矯正することが出来ました。

でも、スライスの次は打ったボールが左に行きすぎることに悩んだ。

これを矯正するために考えたことはテークバックをインサイドに引くこと。

これで、なんとか方向性を定めることが出来るようになりましたが、今度は違うミスが起きる。

それは右に押し出すようなボールで、右に出たボールがさらに右に曲がっていくというドスライスもたまにあった。

この右へ押し出すボールが多くなる原因はフォローを大きく取ろうとした時です。

フォローを大きくのイメージで打つと大きく右へボールが押し出されて右へ曲がっていくのです。

大きなフォローをとるためにしたことは、右腕を伸ばすことを意識したのです。

長く右腕を伸ばすことで大きなフォローをとろうと思ったのです。

 

しかし、その結果ダウンスイングで右肩が突っ込んでくる。

右肩が突っ込んでしまうと左肩がひけてしまい、左腰もひけてしまうのです。

つまり右肩と右手が同時に動き出してボールを打ちに行ってしまっていたのです。

右腕を大きく使おうと思って意識すると右肩が前に出て行ってしまうのです。

切り返しから右肩は目標方向へ押し込まれて行く動きになるのですが、目標ではなくボール方向へ出てしまうとカット軌道になります。

大きなフォローを取ろうとして切り返しから右肩を前に出しながら右腕を伸ばしながらスイングしたくなる気持ちは分かりますが、これではリリースのタイミングも速くなってしまいますのでNGです。

こういった人の場合、大きなフォローをとろうとするならば右肩を一瞬止めて打ちにいかなければならないと思います。

つまり右肩は小さく使って止めるようなイメージでスイングするという事。

あくまで切り返しからは右肩は止まらずに動き続けます。右肩が止まるというのは右肩が前に出てしまう人に対するイメージになります。

左サイドのリードがあってこそ右腕がフォローで伸ばされる

左サイドのリードで右肩を止めて打つようにしていけば右腕は自然と伸びて左ひじを逃がすことなくスイングすることが出来るのです。

そうなるとクラブヘッドを気持ちよく振り切ることが出来るようになるのです。

結果的に思った方向にボールを弾き飛ばすことが出来るスイングができるようになるというものです。

 

なので、右肩は一瞬残して使うこと。

右肩を止めるようにして使うことが出来るとクラブを必ず振り切ることが出来るようになります。

そうなることによって最も飛距離を出すことが出来るようになり右ひざの上で上体の向きを変えて打つことが出来るようになるのです。

 

もちろん実際は右肩を完全に止めて打つことはできません。

右肩を完全に止めて売ってしまうと手打ちになることが明らかです。

なので、一瞬の我慢という意識を持つだけでOKです。

 

 

まとめると、

  • 大きなフォローを意識して右腕を長く伸ばそうと考えるのはよくない
  • 右腕を伸ばそうとすると左ひじがひけてしまい小さなフォローになる
  • ダウンスイングでは一瞬右肩を止めるようにしてスイングすると良い

 

インパクトで詰まることがフォローに影響する

先ほどもお伝えしましたが、フォローで腕が伸びていかないというのはインパクトで詰まっているという事が原因となります。

なので、インパクトが詰まらないための動きとして切り返しからは左の腰がアドレスの位置から左へはみ出さないように回転する意識を持ちましょう。

アドレスの位置よりも左の腰が目標に動いてしまうと、その分軸が左へ移動することになりますのでインパクトが必然的に詰まりやすくなるのです。

軸が左へ移動してしまうと自らインパクトを詰まりに行っているようなものなのです。

なので、詰まらないためには腰の位置がアドレスの位置とほぼ変わらない場所で回転しているかどうかがポイントとなります。

スイングを正面から撮影してみて確認してみてください。

肘が引けてフォローが詰まって抜けが悪いという場合は、おそらくは左へスエーして腰の位置が目標に近づいてしまっている可能性が高いです。

インパクトで詰まらない腰の動きを覚えるためにも、ゴルフの腰の正しい回転は「右腰でボールをシバキあげたるー!」で覚えるを読んでおいてください。

生徒
確かにインパクトが詰まるという事は、腰の位置が目標に近づいてしまっているという事が言えますよね。自分から詰まるポジションに移動してしまっているということですね。これは左足の踏み込みなどが原因なのでしょうか?
トシ(レッスンプロ)
そうですね。腰の位置が移動するということは軸が移動してしまいやすいですからね。左足の踏み込みを意識して球を叩きに行くと左へスエーしやすい人も多いですね。昔の僕もそうでしたが、体重移動などの意識は持たない方がいいです。その場でクルっとボディターンのイメージの方が軸がブレることがないのでスイングが安定しやすいですよ。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。