GGスイングで陥るデメリット【アームローテーションの違いを公開】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

生徒
GGスイングのデメリットって何だろう?

GGスイングは球が捕まらない感じがするんだよなぁ。

実際に真似してやってみたけど、カットスライスやプッシュアウトになることが多いし。

スクワットとかガニ股とか意識しても難しいし。。。

シャローイングはできてると思うけど、何がダメなんだろう?・・・

 

今回はこのようなお悩みを解決する内容になります。

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入ります。

・GGスイングをやる上での注意点や間違いに気づける。

・GGスイングで球が捕まらないという場合のデメリットを解消できる。

・手を返すスイングの人がGGスイングに変える場合の正しい順番が分かる。

・GGスイングは世界標準のボディターンスイングであることが理解できる。

 

トシ(レッスンプロ)
今回は、GGスイングに取り組む場合のデメリットについてベストスコア65の僕が細かくご説明します。

実は僕のスイングもGGスイングの要素をいくつも取り入れています。

なので、GGスイングに取り組もうとする場合に陥ってしまう間違ったGGスイング作りのイメージや感覚の違いを解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

GGスイングで陥るデメリット【ミスショットが出る原因を具体的に解説】

結論から言いますと、GGスイングに挑戦する場合、元々のリリースパターンのタイプの違いによって上達のスピードは異なります。

リリースパターンと言われると難しく感じるかもしれませんが、分かりやすく言うと元々のスイングが「手を返すスイング」なのか「手を返さないスイング」なのかによって、GGスイングを習得できるスピードは異なるということです。

まず、GGスイングに挑戦する場合のデメリットとしては、このように現在のご自分のスイングタイプがどちらかを認識しないことには、習得が難しくなります。

GGスイングに挑戦して、いくら練習を重ねてもコツを掴めずに、路頭に迷い込んでしまい訳が分からなくなるという場合は、元々のスイング(リリースパターン)が「手を返すスイング」になっている場合がほとんどです。

 

なので、GGスイングをマスターするためには、まずは腕の使い方から整える必要があるのです。

 

GGスイングは手を返すスイングとは腕の使い方がまるで違う

まずGGスイングを習得するために重要な考え方として、手を返す動きとは愛称が悪いという事を知っておきましょう。

GGスイングを習得したいのであれば、手を返してスイングを作ってきた人の場合は、スイング中の感覚やイメージが全く違いますので、まずは器用な腕の使い方の感覚やイメージから変える必要があります。

手を返すスイングというのは、右手が左手を追い越す動きや感覚を入れながらダウンスイングからフォローに向けて腕を使います。

つまり、フェースターン、リストターン、アームローテーションなどを意識して、ダウンスイングからフォローにかけて腕を捩じったり、手首を返したり、前腕を捩じってみたり、他にも色々な表現の仕方がありますが、とにかく球を捕まえるために「開いたフェースを閉じながら打つ」というイメージを持ってスイングしている場合に、手を返す動きが発生します。

いや、俺は手を返していないよ」という場合も、まずはご自分で確認してみましょう。

以下の項目に当てはまる場合は手を返しているスイングになっています。

・インパクト付近で、右手が左手の上にくる(追い越す)感覚でスイングしている

・インパクトで前傾が起きて伸びあがり、お尻の位置がアドレスの位置よりもボール方向へ出ている

・インパクトの瞬間を後方から見たとき、左のお尻が見えていない(腰が開けていない)

・アドレスの手元位置よりもインパクトでは、手元の浮きが大きい

・切り返しからフォローまで常に右手が左手の下という感覚がない

・右ひじが曲がったインパクトができていない

・フォローですぐに左手のひらが空を向き、右手のひらが地面を向いている

 

これらの要素が当てはまる場合、手を返す動きを入れてしまっているということが言えます。

なので、まずはご自分の現状のスイングがどうなっているのかを確認することから始めることをお勧めします。

トシ(レッスンプロ)
手を返すスイングをしている場合は、GGスイングの腕の使い方とは全く感覚やイメージが異なりますので、いくらGGスイングの下半身の動き(シャローイングやスクワットやガニ股など)を真似してみたところで、腕の使い方が整っていないと下半身の動きとマッチアップせずに苦しむことになります。

 

GGスイングは特殊な動きに見えてベースは世界標準のボディターン

GGスイングはスクワットやガニ股など、特殊な動きをしているように見えるかもしれませんが、実は世界標準のボディターンスイングの延長にあります。

腕の使い方は、世界標準のボディターンスイング(手を返さないスイング)と変わりありません。

手を返さないスイングというのは、フェースローテーションを抑えたフェースの開閉量が少ないスイングの事を意味します。なので方向性が安定するというメリットがあり、世界で活躍する多くのショットメーカーに共通している部分です。

このようにGGスイングにチャレンジする場合、もともと手を返さないボディターンスイングができている人は、腕の使い方を変える必要がないため、切り返しからGGスイングの特徴的なスクワットやガニ股などの下半身の動きの要素を取り入れるだけで短期間で習得できます。

なぜなら、腕の動かし方が元々できているので、下半身とのマッチアップがスムーズにいくからです。

ところが、元々手を返す動きを入れてしまっている人は、この部分がGGスイング習得の邪魔をしてしまいますので、ここを変えないことにはGGスイングに挑戦してもうまく行かずに、それこそスライスしたりプッシュアウトしたり、いろいろと訳が分からなくなるというデメリットしかない状態へ陥ってしまうのです。

いくらGGスイングを練習しても習得できずに苦しんでいるという場合は、まずは腕の動かし方から変える必要があるのです。

人間にとって器用に動かしやすい腕は、良いも悪いも癖になるとその感覚やイメージを変えるまでに、一苦労する場合が多いですからね。

なので、GGスイングを習得したいのであれば、下半身や他の部分の動きを気にする前に腕の動かし方から変えるということを優先させる必要があります。

実際に腕の動かし方を変えて、その他の部分の動きを変えていくことによって、短期間でGGスイングをマスターできたという事例はいくもあります。

 

 

独自でGGスイングを覚える方法【まずはリリースパターンを変えること】

独自でGGスイングを覚えたいのであれば、まずはリリースパターンを変えることです。

お伝えしてきましたが、腕の動かし方を変えることがGGスイング習得の近道となります。

腕の運動量が多く手を返すスイングを続けてきた人にとって、GGスイングもそうですが、世界標準の手を返さないスイングの腕の使い方をレッスンすると、「ダウンスイングからフォローへの腕の動かし方が全く違いますね!」と衝撃を受けられる場合が多いです。

 

スクワット?回転?ガニ股?どれも違う!まずは腕から!

GGスイングを練習される時に多いのが、下半身の動きから練習される場合が多いです。

切り返しからのスクワットやガニ股にする動き。

左膝から切り返して、左膝を目標に向けるように動かす動き。

右腰よりも左腰が低い状態で切り返して、左サイドが浮かないように切り返してきて、体を開いていく動き。

切り返しからクラブを寝かせてシャローイングさせる動き。

このようにGGスイングを練習されるときに、いろいろな動きがありますが、まず始めにやるべき練習は腕からです。

もっと具体的に言うなら、「手首の使い方」ですね。

ダウンスイングの切り返しから、インパクト、フォロー、フィニッシュへと繋がる動きを覚える事が先です。

ここを先に覚えてしまえば、他の動きとマッチアップして綺麗に繋がっていき自然とGGスイングの完成へと向かう事ができます。

そして、手首を返さない具体的な練習方法としては、ゴルフのシングルになれる練習方法【ボールを打たずに自宅で上達できる】を実践されてみてください。

この練習を行う事によって、ボールを打たずに手を返さないスイングの腕の使い方を覚えることができます。

 

実際にこの練習ドリルを僕の生徒さん達は皆やっていただいてます。

すると、今まで手を返す動きがいくら練習しても治らなかった人でも、自然と手を返す動きがなくなっていきます。

結果的に世界標準のボディターンスイングができるようになっていきます。

このように、腕の使い方を変えてボディターンスイングにマッチさせてから、後は下半身の動きを取り入れていくだけでGGスイングの習得の近道となります。

ぜひ、GGスイングを習得しようと思って頑張っているけどうまく行かずに悩んでいるという場合は、練習に取り入れてみてください。

 

GGスイングで陥るデメリットは腕の動きとマッチアップできずに苦しむこと

お伝えしてきましたように、GGスイングで陥るデメリットの大半が腕の動きと体の動きがマッチアップせずに苦しむことです。

いくら練習を重ねてもうまく行かないという人は、そもそも腕の動きが間違っているので、時間とお金を無駄にしてしまいます。

アマチュアゴルファーの多くが、手を返すスイングを作っています。

手を返すスイングの腕の使い方と、世界標準の手を返さないボディターンスイングの腕の使い方が全く違うものであるということを理解すること。

これが理解できて、腕の使い方から変えることによって、GGスイングを習得する上での「いくら練習しても上達できない」というデメリットを消していくことができます。

以下動画でも、GGスイングにマッチアップする腕の使い方にするための、手を返さないボディターンの腕の使い方とフェースターンの意味を交えてお伝えしていますので見ておいてください。

生徒
GGスイングをマスターするためには、日本人にありがちな「手を返すという癖」を直すことが先決ですよね。これに気づくことができずに、GGスイングにチャレンジしてもうまく行かずに路頭に迷っている人をよく見かけます。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。独自でGGスイングをマスターするためには、「手を返さない動きを覚える」という事が大前提ですね。

これができれば、GGスイング習得はもう難しくないと思いますよ。補足になりますが、GGスイングを覚えるためにはフェースオープンからシャットフェースに変えるという意識があるといいですね。なので、ダウンスイングでフェースが開く癖を直す方法【正しい閉じ方】も参考にしてください。

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。