オーバースイングを克服する3つのポイント

こんにちは。

ゴルフ侍トシです。

あなたは、オーバースイングになってしまっていませんか?

ということで、今回のテーマは【オーバースイングを克服してスイングの再現性を高めよう】です。

まず、オーバースイングというのはバックスイングが大きくなりすぎることを言いますが、バックスイングが大きくなることは悪いことではないのですが、あまりにもバックスイングが大きくなりすぎたらインパクトで正しい理想的なインパクトができなくなってしまいます。

 

つまり、オーバースイングになるとミスショットする確率が上がるというわけです。

アドレスで構えて、そこからバックスイングをしていきますが、このバックスイングが大きくなりすぎて無理してしまったら、そこからインパクトに戻ることができなくなってしまってミスショットになるということを経験したことがあると思います。

 

なので、オーバースイングになることは良くないということ。

プロで顕著なオーバースイングをしているのは横峯さくらプロとか香妻ことのプロとかですが、彼女たちはオーバースイングですがインパクトでしっかりと正しい形を作ることができているのでミスショットの確率が低いです。

 

でも、アマチュアの場合はプロのようにショットの精度が高いわけではないので当然オーバースイングにならない方がいいです。

そして、オーバースイングというのは一般的には7番アイアンのショットの時にトップでシャフトが地面と平行のポジションを超えてしまう。ということ。

 

そこで、オーバースイングを克服するために今回3つのポイントをお伝えします。

 

 

1、バックスイングで頭が右へ流れないように

多くの人が体重移動を意識して言バックスイングするので頭が右へ流れてしまいやすくなっています。

バックスイングで頭が右へ流れてしまったら体の軸が右へと傾いてしまうスエーという状態になりますので、これではオーバースイングになってしまうのです。

なので、こうならないためにも、バックスイングで注意するポイントとして頭が右へ流れないということを意識してください。

 

2、バックスイングで腰が回転しすぎないこと

次にオーバースイングを克服するために大事なことはバックスイングで腰を回しすぎないという事です。

バックスイングは回転という意識ではなくて捻転という意識を持つこと。

多くの人はバックスイングで腰を回しすぎることによって右膝がアドレス時よりも伸ばされてしまい右膝の向きが変わってしまうぐらいに腰を回してしまっています。

こうなると捻転ではなくただ回転しているだけでオーバースイングになってしまうわけです。

腰が回転しすぎることによって肩も回転しすぎてしまって腕の動きも大きくなってしまうので、こうなってしまったら意味がないのです。

 

3、バックスイングで上半身の前傾角度が起きる

最後にバックスイングで前傾角度が起きてしまったらこれまたオーバースイングになってしまいます。

バックスイングで前傾角度が起きてしまったら腕の動く範囲も大きくなってしまいますからね。

なので、セットアップでの目とボールとの距離をトップのポジションで変えないということを意識しながらバックスイングをしてみてください。

前傾角度が置きあがってしまっている人は意外と多いですからね。

 

今回の内容は以上になります。

あなたが、オーバースイングになってしまうということで悩まれているのであれば参考にしていただけたらと思います。

最後に、あなたが一気に短期間でゴルフを上達させたいというのであれば、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウも配信しています。お楽しみに^^

無料メルマガ

 

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。