タメの効いたスイングを作りたいなら基本を身に着けるだけで十分です

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

 

福岡の自宅からです。

今日は天気が良かったので福岡の油山の練習場に行ってきました。

パッティングの練習とアプローチとバンカー練習を重点的にやってきました。

僕の話はこの辺にして、今回のテーマは飛ばしに欠かせないタメについてお伝えしていきます。

もう、僕のブログを見てくださっている方は飛ばしにはタメが必要不可欠であることぐらいはわかっていただけていると思いますが、おさらいという意味も込めて改めてお伝えしていきます。

 

ゴルフってタメができないとドライバーショットもそうですが、アイアンショットでも飛距離が出ません。

 

世の中にはいろいろなゴルフ理論がはびこっていて、いろいろなレッスンがありますが、スイングの基本となる原型と言いますか、そこに変わりはありませんし、どんなイメージでスイングしていたとしても基本のスイングができていれば誰でも上達するというのがゴルフです。

(一部特殊なAスイングやGGスイングなどは除きます)

あなたが今ご自分のスイングに課題を持って練習に取り組まれていると思いますが、自分のスイングの欠点と言いますか、できていない部分とか、もっとこうしたほうがいいんじゃないか?とか改善したいと思っている点はいろいろとあると思います。

 

でも、行きつくところは基本のスイングの形ができていたら後は何も考えずに気持ちよく振っていけばバシバシ芯を食うインパクトを作ることができます。

つまり再現性の高いスイング=マシーン(機械)。

みたいなものだと僕は思います。

生徒
そこですよね。再現性の高いスイングができたらマシーンみたいにガンガン攻めていけますよね。これが一番アマチュアゴルファーが望んでいる事だと思います。
トシ(レッスンプロ)
間違いないですね。練習量が少なくてもコースに出るとガンガン攻めていける再現性の高いスイングを作ることをお勧めします。

タメができればゴルフは簡単

スイングはタメができれば本当に見違えるように球をキレイに打てるようになりますし、飛距離が出ます。

タメは正しくスイングを作っていくうえで欠かせないポイントです。

というわけで、タメを作りましょうということなんですが、どうすればタメができるのか?

これに関して悩んでいる方が多いですね。

悩んでいる人の気持ちはよく分かります。

これができたらゴルフって本当に優しく感じます。

今まで苦しんで悩んできたことは何だったのか?と思うぐらい気持ちよく球を飛ばせるようになります。

ただ、このタメというのは意識して作れるものでもないんですね。

【自然と作られる形】なんです。

 

タメを作ろうとして右ひじをダウンスイングで体に引き付けてくる動き。

これをやってうまくタメを作れる人って100人中1人ぐらいじゃないかな?って僕は思います。

 

右ひじというのはダウンスイングで右わきあたりに絞り込まれてくるわけですが、これを意識的にやろうとするとほとんどの人が振り遅れます。

 

あなたも実践してみたらわかると思いますが、たぶん振り遅れると思います。

バックスイングからトップにかけて作られる手首の角度をキープしたままダウンスイングするということは欠かせないポイントです。

タメを意識して右ひじを右の脇腹あたりに向かって絞り込もうなどとやるのではなく、またトップから手首の角度をほどきながらダウンスイングしてくるのではなく、自然にタメを発生させるために、腰から切り返すということを言われると思います。

 

いわゆる下半身リードというやつですね。

確かにこのイメージでうまくタメを発生させて再現性の高いスイングを作れる人もいると思いますが、これをやっても振り遅れるという人もいます。

なぜ振り遅れるのか?というと必要以上に下半身先行を意識しているということが1つと。

思っているよりも下半身がうまく使えていないというのが1つ。

さらに、もともと下半身先行でスイングができているけど、さらに意識を下半身に向けることによりスエーしてしまうというのがあります。

 

腰の回転の仕方を間違っている場合が多い

単にスエーを加速させてしまっているという場合もありますが、このスエーという悪い動きが体に染みついてしまったら振り遅れが止まりませんし、シャンクが出たりするわけですが、結論を言いますと、腰を回すという意識は持つ必要がないというのが僕の考え方です。

腰というのは回そうとしなくてもスイング中に勝手に回るものだと思った方がスイングをシンプルに考えることができますし、腰のターンではなくて、ヒップターン(お尻)でスイングを考えた方がイメージ的には合っていると思います。

僕も経験済みです。

下半身リードとか腰の回転という意識で練習してもスイングが良くならないというのであれば、それはもう考え方を変える必要があります。

巷にあるレッスンでうまくいかないというのであれば、それらを取り入れていってもごちゃごちゃになるだけで上達の遠回りでしかないと思います。

ゴルフスイングは1つのきっかけを掴んだ瞬間から加速度的に良くなっていきます。

あなたもそのきっかけを掴めたら加速度的にゴルフが上達していくことに気づかれると思います。

でも、このきっかけを模索している間にゴルフスイングに対して迷宮入りしていく人がほとんどです。

ゴルフがうまくなるのって特別な身体能力が必要になるわけではないですし、センスとか才能はある程度必要かもしれませんが、そういうのは正しいスイングを作れた後にプラスアルファでついてくるもので、誰でも正しいスイングを作ることってきっかけを掴みさえすれば簡単なんです。

腰の回転は右足の動きで決まる

では、その腰の回転の仕方ですが、具体的に説明しますと腰を意識するのではなくて足を意識しましょう。

特に右足ですね。

切り返しから右足のカカトを目標に向けるように動かすことによって右膝が自然と飛球後方を向く形になります。

大げさにやるとこうなりますが、この動きを切り返しで意識してほしいのです。

一瞬ですが、切り返しから右足のカカトを飛球方向に向けるようにすることによって、右膝が目標とは反対の方向を向く感覚になります。

この時に右足は正面から見るとガニ股になっている状態ですね。

この動きを入れながら軽くボールを打ってみましょう。

はじめは軽くでいいのでやってみましょう。

そうすることによって、腰を回していないけど勝手に回ることが分かるはずです。

インパクトでしっかり腰が開かれるという感覚が分かります。

そして、切り返しから右脇腹がつぶれて苦しい(右サイドベント)感じもつかめるようになります。

右脇腹がつぶれる感じが出るのは右足をこのように使う事によって勝手に起きるのです。

右脇腹がつぶれるという意味は、切り返しは右の脇腹をへこませる!右肩が下がるという意味の真相とはも読んでおいてください。

具体的にこのように右足を使う事によって、勝手にスイングが整ってしまうのです。

僕はゴルフを始めていろいろなスイング理論を研究してきましたし、スイングに対して人一倍、学んできたという自負がありますが、正しいスイングさえ身に付けば、結果的にその人が気持ちよく振っていった先にボールをつかまえて飛ばしているというとてもシンプルな考え方になっていきます。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、タメにしてもそうです。

タメを作れるかどうか?

これも意識してタメを作るのではなくて、結果的にタメができているという考え方に変わります。

お伝えしましたように、タメを作るためには下半身の動かし方がとても重要なファクターとなります。

ちなみに、ゴルフ腰の動かし方も読んでおいてください。

あなたがこれ以上スイングに対していろいろな理論に振り回されるのは御免だというのであれば、僕がゴルフをはじめて半年でスコア82を出したスイングのキモの部分をメルマガでお伝えしていますのでこの機会にメルマガで吸収していってください。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり限定動画でお伝えしています。

ぜひこの機会にLINEの友達追加しておいてください。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、まずは福岡市内のゴルフレッスン(ハイクオリティゴルフアカデミー)をご確認下さい。