アプローチが段階を経て確実にうまくなるウェッジの使い方

どうも、トシです。

あなたは普段アプローチの練習はされていますか?

アプローチの練習を積極的に行っているという場合は100切りなんて楽勝!という状態になられていると思いますが、アプローチの練習を全くやっていないや。

という場合100切りは夢に終わる可能性があります。

練習場にいくと練習のほとんどをドライバーのスイングに費やしている人を見かけます。というか、一番多いですね。

もちろんスイングを作っていくにはドライバーの練習も必要ですがスコアメークを考える場合はアプローチの練習をもっと行った方がいいです。

練習場のマットの上から打つのは芝の上から打つのとは大きく異なります。

とくにライへの対処が重要になるアプローチの場合はそれがコースに行くと顕著に表れます。

練習で球を打つ割合としては、アプローチの練習を50%やってほしいですね。

100球打つなら50球はアプローチの練習に費やすという意識があると100切りなんて簡単になるでしょう。

でも、マットからのアプローチの練習が無意味というわけではないです。

状況対応力はコースでしか養うことは難しいですが練習場で打ち方の基礎というのはしっかり身に着けることができます。

 

距離感の土台をつくっておくことはとても大きなアドバンテージとなってラウンド仲間とゴルフしたときにそれが現れますからね。

練習場に行くと上手そうな人ほどアプローチの練習に多くの時間を費やしています。

生徒
ショットの練習ばかりをするのではなくて、アプローチの練習をたくさんするということですね。ショットはアプローチの延長と言われますがまさにそういうことでしょうか?
トシ(レッスンプロ)
思いっきりボールを弾き飛ばしたいという気持ちは分かりいます。でも練習はアプローチをメインに行った方がコースに役立つ練習になると思います。たくさんアプローチを練習する人ほどスコアが安定しているというのがありますからね。そして、アプローチの延長がショットという考え方は正しいですよ。ぜひ、地味な練習だと思うかもしれませんが、アプローチの練習をたくさん重ねてくださいね。

看板めがけてキャリーさせる練習を繰り返そう

まずは練習場にある30ヤードとか50ヤードの看板を狙ってアプローチショットを打っていきましょう。

しっかり看板にキャリーさせるつもりで打っていきます。

これで距離感を養っていくわけですが、アプローチはまず距離感を養う事から始めます。

理想としては練習場のボールもコースボールを扱っている練習場にいってほしいですね。

ボールの違いはアプローチに一番大きく表れる部分でもありますので。

練習場のボールは「ダンゴボール」などと言われますがこのワンピースボールでは打ち出しが高く出すぎてしまいますのでコースで使うボールとは軌道が大きく異なります。

 

もしも、ワンピースボールで練習されるときには体の動きとか当て方などに集中して練習されるようにしてみてください。

球の飛びとか距離なんかは参考程度にとどめておくぐらいでいいです。

アプローチショットの場合は、アプローチウェッジとサンドウェッジを状況に応じて使い分けるという考え方が望ましいです。

高い球が打てるサンドウェッジは球を止めたい場合にロフトのたったアプローチウェッジやピッチングウェッジは転がして寄せる場合にと考えます。

まずはこの2本、3本をうまく使いこなせるようにしていきます。

サンドウェッジ1本で多彩な球を打ち分ける人もいますが、それはあくまで高等技術になります。

練習して実践を繰り返してその方が寄るという答えをその人なりに持っているわけです。

まずは2本、3本のウェッジで上げる、転がすがきっちり打てるようになることです。

この技術を磨いていくことによってアプローチが安定してきます

球を柔らかく上げる技術に関してはアプローチのミスに強い構え方。構え方でフェースは自然に開くも読んでおいてください。

サンドウェッジは転がせないときに使う切り札

ウェッジを使い分けるわけですが、はじめはアプローチウェッジかピッチングウェッジのどちらでもいいのでロフトが多いサンドウェッジはあたりそこねが出やすいですし、転がる量が少ないので距離も調節しにくいため、はじめはAW、PWのどちらかで練習しましょう。

多くの人が実感として「ウェッジよりもパターのほうがやさしい」と感じていると思いますがそれはロフトが少ないですし、たくさん転がるからです。

PWとSWの関係もこれに似たようなものです。

ほとんどのプロはサンドウェッジでアプローチをしていますがこれを見てあなたも真似しようと思ってサンドウェッジを使うのは初めはやめましょう。

硬くて速いグリーンに球を止めるためであって、深く粘っこいラフから球を打つためにサンドウェッジを使用するしかないのであえてサンドでプロは打っています。

通常営業しているゴルフ場でサンドウェッジが必要となる場面はそんなに多くありませんので。

まずアプローチショットを打つ前に考えることはAW,PWが使えるか?ということを頭に入れておきましょう。

もちろん「58度1本で俺はアプローチを極めるんだ!」と言って練習するのもいいでしょう。

確かに1本だけを極めようと練習に励むことによって、どんどん上手くなっていきますが、初心者のうちはコースでキャリーとランの計算が立ちやすいクラブを使った方がスコアが安定すると思います。

 

ロフトは56度、バンス角は12度以上

ピッチングに比べてサンドは難しいのですが、サンドの場合はロフトが多いのでフェースの上に当たるミスとか、またはボールの下をくぐるミスというのが出やすいです。

プロはロフトが58度以上のものを使用する選手が多いですがこれは硬くて速いグリーンに球を止めるために使う必要があります。

また、プロの場合はロフトが多いクラブをたてて使う技術があるので止めなければいけない状況に対応するためにロフトが多いウェッジを持って必要に応じて使いこなしていきます。

普通のアマチュアゴルファーがこんなことをしても意味がありません。

なので、ロフトが56度以下のウェッジを使うようにしましょう。

そして、できたらバウンス角が12度以上のものをおすすめします。

バンスはリーディングエッジが地面にささるのを防いでくれますので、ダフるというミスが少なくなります。

なのでアプローチショットが優しく感じられるようになります。

アプローチショットの最も痛いミスはチャックリすることだと思います。

トップよりもチャックリしてチョロってしまう場合がアマチュアゴルファーに多いです。

チャックリすると無駄な1打として加算されてしまいますからね。

これを18ホールの中で何度も行ってしまったらとても勿体ないですよね。

まずは、チャックリがでない打ち方を優先して考えるということがお勧めです。

チャックリが出ない打ち方に関してはアプローチで緩んでしまってチャックリする対処法を読んでおいてください。

生徒
グリーン周りにくると自信が持てるのか、逆に不安になるのか、精神的な面でもスコアに影響しそうですよね。チャックリすると嫌なイメージが次もよぎってしまいます。
トシ(レッスンプロ)
そうなんですよね。チャックリすると嫌なイメージが残りやすいですよね。これが続くとイップスになってしまう可能性があるので気を付けてくださいね。

最後にあなたが短期間でこれから80台、70台を当たり前に出していけるスイングを身に着けたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

【無料メルマガ】ゴルフど素人がたった半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法

周りのゴルファーをスコアーで圧倒できる詳しい内容になりま野でお楽しみに^^

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり限定動画でお伝えしています。

ぜひこの機会にLINEの友達追加しておいてください。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、まずは福岡市内のゴルフレッスン(ハイクオリティゴルフアカデミー)をご確認下さい。