ゴルフ地面反力ドリルで陥る間違い【正しいガニ股スクワットへの修正方法】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。

只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。

 

→ クリックして限定動画を無料で受け取る

迷走ゴルファー
地面反力を使ったスイングに変えようと思って練習しているけど、カット軌道になるんだよなぁ。

切り返しから左膝を目標に向ける動きを意識すると、右肩が前に出てしまう。

かと言って、スクワットのイメージで下にしゃがむというのも分かりにくいし。。。

下に力を使って地面を踏むとか言われるけど、感覚が分からないんだよなぁ。

正しい地面反力の使い方を知りたいなぁ。

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法となります。

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入ります。

・正しい地面反力の動きが分かる

・多くの人が勘違いしている動きが分かる

・左膝を外旋すると右肩が前に出てきてカット軌道になる改善方法が分かる

・切り返しからスクワットの正しい動きの意味が理解できる

・正しく地面反力が使えるようになると方向性と飛距離アップを実感できる

 

トシ(レッスンプロ)
今回はベストスコア65の僕が正しい地面反力の使い方と地面反力スイングの作り方をお伝えします。

間違った地面反力スイングをしてしまうと、多くの方がアウトサイドインのカット軌道になってしまいます。

または、スクワットの方法が間違ってしまうと、腰の回転が止まって手打ちになってしまいますので、この辺も具体的に改善方法をお伝えします。

 

ゴルフ地面反力スイングの正しい作り方【間違ったスクワット動作の改善】

今回は、地面反力スイングの正しい作り方についてお伝えします。

地面反力スイングドリルでよくあるミスをしてしまう人がとても多いです。

 

代表的なものとして、スクワット動作や左膝を切り返しから目標に向けて外旋させる動きなどを行うと、多くの方が間違った地面反力のスクワット動作を行ってしまいます。

切り返しから右肩が前に出てきて、アウトサイドインのカット軌道になっているケースや、単に下にじゃがむだけで、腰の回転が止まってしまい、インパクトでは伸びあがって逆に手打ちになっている場合などが多いからです。

 

正しい地面反力を使える下半身の動きを具体的に理解しないことには、ただ見よう見真似で地面反力スイングを覚えようとしても難しいのです。

なので、うまく地面反力を使ったスイングを作る方法を具体的にお伝えしますので、参考にしてみてください。

生徒
地面反力を使ったスイングを覚えたいです!正しい下半身のスクワットやガニ股の動きのコツや練習方法を教えてください。
トシ(レッスンプロ)
分かりました。地面反力スイングで行き詰ったらぜひお伝えすることを実践してください。

 

地面反力ドリルを間違うとアウトサイドイン軌道になる

地面反力ドリルを間違って実戦してしまいアウトサイドイン軌道になっているアマチュアゴルファーがとても多いです。

地面反力スイングと言って代表的なものはGGスイングのスクワット動作など、切り返しから左の膝を目標に向けながらガニ股のイメージで切り返すという動きですが、この動きは腰の正しい動きと右の側屈(右サイドベンド)を正しく使えない事にはやっても意味がありません。

 

なぜなら、この2点が欠けていると、ただ右肩が前に出てきてアウトサイドイン軌道になったり、もしくは右腰が前に出てきて下からあおってインサイドアウト軌道がきつくなったりするからです。

地面反力スイングドリルに挑戦してもうまく行かない人は、この2点のどちらかが欠けています。

 

そのため、いくら練習を重ねても習得することができません。

どちらかというと、切り返しから左膝を目標に向けてくると、右肩が前に出てきてアウトサイドインのカット軌道になるというケースが多いです。

 

つまり、右肩が前に出てきてカット軌道(アウトサイドイン)になるということは、右サイドベンドの動きが入っていないということになります。

ゴルフの前傾姿勢はアドレスよりもインパクトで深くなる【プロとアマの違い】

2020.01.27

 

地面反力を使う切り返しのガニ股のイメージはお尻を意識

地面反力スイングを覚える正しい切り返しの動きをマスターするためには、切り返しからガニ股にするイメージでお尻を意識して使ってきます。

先ほどお伝えしましたように、地面反力スイングは左膝を目標に向けるようにして外旋させながら切り返してくるのですが、ここで膝や足元ばかりに意識を向けてしまうと失敗します。

 

なぜなら、膝や足元の動きばかりに注意を取られて、腰の動き(回転)が正しくできないというケースが多いからです。

具体的にミスが多いパターンとして、切り返しから右腰を前に出してくる場合です。

これでは、右肩もセットになって前に出てきます。

 

なぜなら、バックスイングでは右のお尻が後方へ引かれて、右腰も後方へ引かれながら回転しトップに行きます。

このトップの位置にある右腰の位置を、そのままキープするつもりで左膝を外旋(目標に向ける)してくるのであれば、右腰はアドレスの位置よりも前(ボール方向)に出てこなくなり、その場で腰を正しく回転させることができます。

 

ところが、多くの人が左膝を外旋させながら、同時に右腰も回転させるイメージで前に出してしまいます。

こうなると、同時に右肩も前に出てきてしまい、結果的にアウトサイドイン軌道になりやすいのです。

 

もしくは右腰を前に出しながら、アウトサイドイン軌道を嫌い、右肩を出さないように意識すると、今度は腰が回転ではなくスエーしてしまい、きついインサイドアウトの軌道になりやすいのです。

(いわゆるインパクトで前傾姿勢が起きて手元が浮いて伸びあがるパターンのスイング)

 

なので結果的に地面反力スイングドリルを練習しても習得できない人はこのようなパターンになってしまうのです。

左膝の外旋や足元のガニ股動作やスクワット動作ばかりに気を取られているとこういった落とし穴が待っています。

 

そこで、正しい地面反力スイングを覚えるための腰の正しい回転を作るために、意識する部分はお尻になります。

なぜなら、お尻の動き(入れ替え動作)が正しくできるようになると、腰は勝手に正しく回転してくれるからです。

 

先ほどお伝えしましたが、地面反力スイングドリルを行っても右腰が前に出てくるというミスが克服できずに苦しんでいる場合は、トップからは左膝を目標に向ける外旋動作と同時に左のお尻を後方へ引きます。(トップで右のお尻があった位置に左のお尻を戻してくるイメージ)

そうすることによって、切り返しから左のお尻が後方へ突き出ながら回転してくれます。

左のお尻が後方へ突き出る動きが前傾姿勢を深める動きに繋がります。

 

切り返しから前傾姿勢が深まりながら左サイドを開くことができ、なおかつ右腰が前に出てくるという動きを克服することができます。

 

結果的に、切り返しからの下への正しい沈み込み動作ができるようになるので、地面反力を使えるスイングになっていくのです。

生徒
なるほど!右腰が前に出ていました。だから前傾が起きるわけですね。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。右腰のトップの位置はその場でキープする意識で左膝を外旋さると良いですね。

切り返し動作のコツとしては、ゴルフの捻転差ドリル【切り返しの下半身先行を成功させる練習方法】も参考にされてみてください。

地面反力スイングは左膝の外旋と右尻のシッティングとサイドベンドで決まる

地面反力スイングは「左膝の外旋動作と右尻のシッティング動作と右サイドベンド」で決まります。

この3点の動きが切り返しからマッチすることにより、回転力を増しながらハンドファーストでインパクトを作ることができるようになります。

 

言葉にするとそれぞれの動きに対して難しいイメージがあるかもしれませんが、これらの動きをうまくマッチさせるためには、先ほどお伝えしましたがお尻の入れ替え動作を正しく覚える必要があるのです。

そうすることによって、結果的に地面反力ドリルで行っている動きの繋がりが噛み合う形になるのです。

 

独自で地面反力スイングを覚えるためには、こういった動きの連動の部分を理解しておく必要があります。

ただやみくもにドリルの動きを真似しているだけでは上手くできずに苦しむことになります。

独自で地面反力スイングにトライするのであれば、自分にはどの動きが足りていないのかなどを、具体的に分析したり理解する努力が必要となるのです。

 

地面反力スイングはスクエアで基本的なテークバックと相性が良い

補足的な事になりますが、地面反力スイングはスクエアで基本的なテークバックと相性が良いです。

スクエアなテークバックというのは、アドレスから右の尻を後方へ引きながら胸の回転を使ってトップへ行きます。

 

具体的に説明すると、右のお尻を後方へ引くことによって、手元は腰の高さまで何もせずに体の回転によって上がっていきます。

腰の高さぐらいからは、胸の回転と同調させながら右肘を畳んでいき右肩の上に手元を持っていきます。

 

これがスクエアなテークバックからトップの動きになります。

このスクエアなテークバックであれば、胸をしっかり回転させてトップに行くことができ肩をしっかり入れることができるので、切り返しからの地面反力を使う下半身の動きを行いやすくなります。

 

逆に肩の入りが浅いトップでは、切り返しから右肩が前に出てきやすいという症状が生まれカット軌道になりやすい傾向が強くなるので、スクエアなテークバックからトップに行くという基本ができている事も1つ動きの噛み合いとして重要な部分となります。

 

とはいえ、地面反力スイング(飛距離と方向性の両立)は肝となる下半身の正しい連動を覚える事が最も重要となります。

この部分を具体的にマスターできる正しい練習方法やドリルを知りたいという場合は、以下を実践されてみてください。

 

あなたのスイングがプロのスイングの動きに変化していくことが身をもって実感できることでしょう。

[asp_product id=”7458″]

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。