タオルを使った意味のある練習で体打ちが身に付く方法

こんばんは。

ゴルフ侍トシです。

今回も再現性の高い正しいスイングを作るために

重要な事をお伝えしたいと思いますね。

では、今回のテーマは【練習場でできることをコースでもできる体打ち】です。

よく練習場でできることがコースになるとできないという人は多いですね。

これにはちゃんと理由がありまして、

考えてスイングを支配しても脳からの指令を体に反応させるまでに

0,2秒のタイムラグがあると言われているので、

考えていることをコースで表現するのは難しくなります。

つまり練習場で打てる球がコースで打てないという人は

こういった脳で考えていることをコースでも同じように考えてスイングしているということが言えます。

例えば、ダウンスイングは胸を右へ向けたまま下してくるとか

手首のコックをほどかずにダウンスイングするとか

下半身先行で下から切り返すとか

軸ブレしないように頭を残して最後まで球を見るとか

色々考えながらコースにそれをもっていったところでうまくいきません。

こういう人は手打ちになっているいという事も言えるのですが、

考えていることを実際のコースで意識してラウンドしても思ったような結果を得ることができない人は

体で正しい再現性の高いスイングを覚えることを優先させて

それができる練習やドリルを行った方がいいです。

例えばタオルを使って練習するとしたら

実際の芝と練習場の人工芝は違うわけです。

なので、ダフっていても分からない。

インパクトがシビアな土の上などならダフっていたらすぐにわかりますが、

人工芝ではそういうチェックができません。

日本の練習場はほとんど人工芝(打ちっぱなし)なので

みんな当たり前に人工芝の上からならうまく打てても実際の芝になったらうまく打てなくなる。

ダフることが多いというのはそういう練習をしているからというのもあります。

なので、例えばタオルを練習場に持ち込んで、

ボールの後ろ5センチぐらいのところにタオルを敷いてショットの練習をしてみると分かりますが、

ダフっている場合はタオルに当たってしまいます。

クリーンに球を打てている場合はタオルに当たらずに球を打つことができます。

また、スイング軌道もタオルを使った練習で覚えることができます。

タオルをボールの内側に半円状に置くことでインサイドインのスイング軌道をイメージしながら練習することができます。

こういった練習を取り入れることによって意味のある練習ができます。

ゴルフが上達できる意味のある練習ということです。

あなたがまだこういった練習を取り入れたことがないという場合は

実際に練習場でこういった練習を取り入れてみてください。

すると今までよりもゴルフの上達が加速していくことを実感することができますよ。

最後にあなたが当たり前に80台、70台を出していきたいという場合

その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃い内容を配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。