スポンサードリンク

64u46uj46

 

僕はアドレスでできるだけボールの近くに立つことを心がけています。

そして、手が体からスイングするときに必要以上にはなれないように心がけてスイングしています。

手が体から離れてしまうとドライバーで確実にスライスが出やすくなるからです。

体から手元が離れることによりクラブフェイスが開きやすくなります。

手が体から離れるという事はそれだけ左脇が開くのでインパクトでクラブフェイスが開いてしまいます。

またクラブヘッドにパワーが伝わらずにアドレスからインパクトまで手元を大きく振りすぎてしまうと手元とクラブヘッドの動くスピードが同じになってしまいます。

そのためヘッドを加速させることが出来ません。

左脇が開いてしまう癖がある人はできるだけ手が体から離れないように振ることを心がけたほうがいいでしょう。

 

左脇を開かずにダウンスイングは腰の回転でスイングをリードすることです。

言葉では簡単に言えるかもしれませんが、これが実践してみるとなかなか難しい。

腰のリードがあってこそロングドライブが生まれます。

アマチュアの多くの方は腕でクラブを振ろうとする。

でも、このような手打ちには限界があると思います。

自分が満足できる飛距離を手に入れるためにはやはり腰の回転でトップのねじりを下半身から巻き返すことが必要です。

イメージしにくい場合は、「飛距離=腰の回転速度」と思ってもらえたらいいかと思います。

 

腰の回転速度が増すことにより飛距離もそれに比例して伸びていくのです。

腰の回転に引っ張られるようにして上体がついてきます。

そして、腕、クラブへと伝わりインパクトでパワーが解き放たれます。

腰のリードによりスイングしてインパクトを迎えることが出来るようになるとロングドライブを体験することが出来るでしょう。

今まで手打ちをしてきた人にとっては腰の回転でクラブを引き下ろしてくるという感覚は難しいものです。

しかし、ヘッドスピードは手で作るものではなく腰の回転スピードで作られます。

なので手でクラブを下してくると腰でクラブを下してくるとではヘッドスピードが大きく違います。

飛距離に欠かせないヘッドスピードを獲得するためには腰の回転速度が重要となるのです。

 

まずは、腰のリードを意識してみよう

僕自身も左足の踏み込みが強くて、上体が目標方向へ突っ込みやすい癖があります。

なので、腰に注意を払ってスイングする必要があると思っています。

そうしないと上体で打ちにいってしまうからです。

 

上体で打ちに行ってしまったときは決まって飛距離が落ちています。

疲れてきたり、調子が悪くなってくると手先が器用なの分、手先だけでボールを打ちに行こうとしてしまいがちです。

でも、これではゴルフ上達をさまたげてしまうので、あくまで腰のリードを意識してスイングすることが大事だと思います。

そして、手先だけで打ちに行くと左脇が開きやすくなります。

左脇が開くとスライスが出始めます。

だいたい疲れてくるとこの悪癖が顔を出すので対処法としてはトップの捻転で胸が飛球方向と逆に向いてる状態を保ったまま打つようにしています。

 

「背中を飛球方向へ向けたまま打つ」でもいいでしょう。

「背中を向けたまま打つ」をイメージしやすい練習方法も参考にしてみてください。

こうすることにより右肩がトップの位置で一瞬我慢することが出来ます。

そのため左脇を閉じながら腕が下りてくるので左脇が開くことを修正することが出来ます。

また、それでもスライスが止まらないという場合はアドレスした向かい側(正面)に人がいると仮想して、インパクトで左腕の内側部分(日焼けしない白い部分)をその向かいにいる人に見せるイメージで打ってみましょう。

そうすることにより左脇が開く癖を矯正していくことが出来ます。

 

少し話がそれてしまいましたが、

スイングを腰の回転でリードするといっても下半身と上体をしっかりとねじり上げてトップを作る必要があります。

捻転が不足している状態で腰のリードでクラブを下してきてもアウトサイドインのカット軌道になってしまいます。

なのでしっかりと捻転されたトップポジションを作るためには右ひざは不動でバックスイングすることを心がけるべきだと思います。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク