切り返しから意図的に左脇を閉めるダウンスイングではインパクトが詰まる

どうも、トシです。

今日の福岡は雨ですね。

今回は、ダウスイングの三角形についてお伝えしたいと思います。

「なにそれ?」

「三角形ってなに?」」って思われたでしょ?(笑)

インパクトからフォローにかけて、左手首が手のひら側に折れないことが大事ということを

このサイトではさんざんお伝えしてきている事なんで、あなたも理解されているかと思いますが、

左手首が甲側に折れてしまったら「すくい打つ動きになる」ということはもうお分かりですよね。

今回はこれに付け加えてなんですが、左手首が甲側に折れてすくう動きになる人は左脇を閉めすぎているということがあります。

 

生徒
左脇は切り返しから絞めると聞いたことがあります。切り返しからすぐに絞めることはダメですか?その方がクラブを縦に振りやすくなる気がします。
トシ(レッスンプロ)
切り返しから左脇をすぐに絞めるという動きは意識しないでほしいですね。すぐに絞めるように意識してしまうと必ずクラブを立てて下ろしてしまいますので、クラブヘッドがボールに当たるまで遠回りをしてくれなくなります。遠回りしてくれたほうがその分ヘッドを加速することができるので飛距離が出るのですが、すぐに左脇を絞めるとクラブヘッドがボールに向かって動き出してしまうために、ヘッドを加速させることができなくなるのです。

 

切り返しからいきなり左脇を閉めようとするのはNG

右へスライスするのを嫌がることで、スイング軌道はアウトサイドインになります。

ほとんどのアマチュアゴルファーは右へプッシュアウトスライス、もしくはカットスライスするのを嫌がり、アウトサイドイン軌道になっていきます。

右へ行かせたくないために左へ左へ振ろうとします。

それも切り返しからいきなりクラブを左へ振ろうとします。

右サイドに曲がりながら飛んでいく球筋が嫌で、ダウンスイングから左へクラブを引っ張り込もうとします。

そしてこの癖がつくと、トップからいきなり左わきを締めるようにダウンスイングしやすくなります。

実際にスローでやってみると分かりますが、トップからの切り返しで左脇をいきなり締めようとするとクラブヘッドは外から下りてきます。

左わきを締めようとする動きは、厳密に言うと、「左ひじを胸に近づける動き」になります。

 

左ひじを胸に引き付けるように切り返してくると力む

切り返しから左ひじを胸に引き付けるようにすると左脇というのは閉められ、左腕が力む。

するとシャフトは切り返しから立たせることになるので、スイングを後方から見たら三角形が作れない。

三角形というのはこのことを言います。

sannkakukei

上記のように、切り返しからいきなり左わきを締めながらダウンスイングするとクラブがインサイドから下りてこないのでこの三角形ができない。

ゴルフが上手い人は必ずこの三角形を作ることができます。

 

しかし、この三角形を作ることなく左脇を切り返しからすぐに絞めようとすると、ボールに対してクラブが外から下りてくるアウトサイドイン軌道になります。

そして、切り返しから左脇を強く締めようとすることで、

インパクトが詰まってしまい、左腕が旋回できずにロックがかかってついつい左手首が甲側に折れてしまうという事になります。

なので、切り返しから左脇をを締めようと意識することはおすすめしません。

いわゆる前倒しなどの動きも切り返しから左わきをすぐに絞める動きになりやすいので僕はお勧めしません。

確実にインパクト周辺でフリップしてしまいますので、すくい打つインパクト(ハンドファーストに打てない)形になってしまいやすいです。

ハンドファーストで打つことができなかったらゴルフは上達できないので気を付けてくださいね。

 

左脇は結果的にある程度締まっていく

結果的に左脇というのはインパクトからフォローにかけてある程度締められるので、自分で意図的に左わきを締めようとすると左腕が旋回せずにインパクトで詰まってしまい左手首が甲側に折れてしまって、結果的にすくい打つ、または、しゃくる動きになってしまいやすいです。

あなたがダフリやすいという場合や、インパクトで詰まっている感じがするという場合は、スイングを後方から見てこの三角形ができているかをチェックしてみてください。

トップからの切り返しで、腕や手元は何もすることなく、下半身から切り返すと自然とインサイドにクラブは寝て下りてきますので、後方から見ると、この三角形が自然発生します。

そして、インパクトからフォローに向け、勝手に左脇はある程度閉まっていき、左腕は旋回していきますので、ロックがかかって左手首が甲側に折れずに逆に手のひら側に折れることになります。

アマチュアの多くがこの手のひら側に折れる左手首の動きができません。

なので、インパクトからフォローにかけて左手首を甲側に折るような動きになってしまっているので、どうしても「すくい打ち」になってしまいます。

これでは手打ちのまま、飛距離が出ない、方向性が安定しないスイングとなりますので、左手首を正しく使うという意味でも、今回お伝えした「左脇を切り返しからいきなり締めようとしない」ことを意識されてみてください。

すると、ダウンスイングでインサイドからクラブが下りてきますので自然と後方から見たら先ほどのプロたちのような三角形ができて向こう側の景色が見えるようになります。

 

初めは意図的に左ワキを空けてダウンスイングする

今までインパクトで詰まっていた人にとっては左ワキを意図的に切り返しから空けるイメージで切り返すことをおすすめします。

そうすることによって、左腕というのは体の前に放り出されるような感覚になりますが、こちらの方が正しい切り返しの感覚になります。

この左腕が体の前に放り出されるような感覚になると手元は前に出ますが、クラブヘッドはインサイドに残る形になります。

なので、インサイドからボールに対してヘッドを入れてくる初期段階の動きが完成しやすくなるのです。

その後左手首を手のひら側に折ったままボールを打ち抜いていくという意識を持つことによって球を捕まえるのは手を返す動きではないということが分かってくるようになるのです。

球を捕まえると聞くと多くの人が手首を返してフェースターンを起こさないといけないと思ってしまいがちです。

フェースターンを意識している人は、ハンドファーストでレートヒットを覚えるダウンスイングの左手首を読んでおいてください。

球の捕まえ方が違う事に気づくことができますよ。

実際にそういった球の捕まえ方を推奨しているレッスンが多いのでそれを信じて手首を返す練習ばかりをするようになるのですが、これではフリップの動きを誘発してしまう可能性が高いのでいつまでも手を返して球を捕まえるというスイングから抜け出ることができなくなってしまうのです。

はじめは手首を返して球を捕まえるという感覚が分かると楽しくなって手首を返すことは正しい!間違いない!というように信じ込んでいきやすいのですが、これを続けていると球が曲がりまくるという状態に陥っていき手首の返しのタイミングに頼るスイングになっていくので一向にゴルフが上達しなくなってしまうのです。

いわゆる落とし穴にはまって抜け出せない状態になっていくという事です。

あなたはそれでもまだ手を返すスイングを続けますか?

そろそろ目を覚ましましょうね^^

 

切り返しから左ワキを空けるとシャンクする人

今まで手を返すスイングをしていた人の場合、今回お伝えしました切り返しから左脇を空けるという動きをすることによって、シャンクがよく出るようになります。

それは、リリースの仕方が間違っているからです。

手を返すということはアーリーリリースになってしまっている状態です。

そのため左ワキを空けて切り返してくるとリリースが早いので当然クラブをインサイドから入れることができても途中でヘッドの軌道がボールに対してアウトサイドインになってしまいますので、シャンクが出やすくなるのです。

また手を返すスイングをしている人はインパクトで伸びあがる動きに慣れていますので、伸びあがることによってお尻の位置がボール方向へ押し出されて手元が左へ抜けるスペースがなくなってしまいますので左へ振りきれなくなってヒールに当たってシャンクするという結果になってしまいやすくなります。

あなたがシャンクが止まらないという場合はリリースの仕方を変える必要があります。

そうしないことには一向にシャンクが止まらないので、それを嫌がってまた手を返すスイングに逆戻りしてしまう事になります。

なので、右手首のシワを維持してレートヒットを覚える強いインパクトの作り方も読んでおいてくださいね。

というわけで、今回は以上になります。

生徒
切り返しから左ワキは逆に空けてみることをやってみたいと思います。手の返しに頼ったスイングをする癖がついてしまっているので球が曲がってばかりでコースではどこに行くか分からない時がよくあります。
トシ(レッスンプロ)
球が曲がるというのは手首が余計な事をしているという事が言えますので、ぜひ手を返すスイングからは抜け出してください。手は返すのではなくてフォローからフィニッシュにかけて勝手に変えるという感覚やイメージを持ってスイングを作っていくことをお勧めします。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82を出した最短でゴルフを上達させることができる方法になりますのでメルマガ登録してください。

トシの無料メルマガ

メルマガでお伝えしていることを実践するとあなたも短期間で80台、70台と当たり前にスコアーを伸ばしていけますよ^^

ダフリやトップ、スライスやフックといったミスに悩まれているとか、アプローチが苦手とかパターが苦手とか色々あると思いますが、そういった悩みを解決できますのでご期待ください。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。