スポンサードリンク

軸を中心とした円運動がゴルフのスイングですね。

これまで軸を中心とした円運動であることを何度も話してきました。

この軸中心の円運動なのでボールを遠くへ飛ばすことが出来ることも話してきたつもりです。

無駄なく遠くへボールを飛ばせるシンプルなスイングづくりのもっともベーシックなセオリーだと思うからです。

 

体をスムーズに回転させることにより注意してもらいたいことがあります。

それはインパクトからフォローにかけての左ひざになります。

 

大抵の人のスイングを見ているとインパクトからフォローにかけてのところで左ひざをのびきってしまっている人が多いですね。

僕の場合は左ひざを決して伸ばさないようにフィニッシュまで一気にターンするようにしています。

どうして左ひざを伸ばしてはいけないのか?

左ひざを伸ばしてしまうと腰の回転が止まってしまうからですね。

インパクトからフォローのエリアで左ひざが伸びてしまったら腰の回転が止まってしまう。

腰の回転が止まってしまったらスイングが途中で止まることになります。

だから左ひざは伸ばすことによってスイングのバランスが乱れてしまいます。

スイングの途中で急ブレーキをかけるのと同じこと。

こういったことが起こってしまうとスイングの途中で様々な障害が訪れる。

例えばクラブヘッドが急激に返ってダックフックが出たりなど・・・

腰が止まった瞬間に右肩が前に突っ込んでいってしまったりするのでこれが原因となってアウトサイドインの軌道になって左ひじがひけて大きなスライスとなるのです。

なのでゴルフはアドレスから始動したらフィニッシュまでいかにフィニッシュに向かってよどみなくスイングすることが出来るかがポイントとなります。

そして、よどみなくスイングするためにはインパクトからフォローにかけて絶対に左ひざは伸ばさないことがポイントとなります。

 

左ひざが伸びきっていないので腰の回転が止まらずにスムーズな振りぬきが出来るのです。

 

インパクトゾーンでクラブヘッドがどのように動いていくか?

またボールがクラブフェースのどの部分で捉えたらいいのか?

これに関して気を配ったことがあまりない人が多いと思う。

スイング中にこのようなことを意識することは無理です。

でもこれは基本的な知識として知っているのといないのでは大きくイメージが違ってきます。

正しいスイングイメージが合って空こそクラブに任せたインパクトとなります。

 

確かにクラブフェースのどの部分にボールが当たったかどうか?どこに当たるとナイスショットになるのか?

これは練習場で確認することはあるかもしれません。

 

しかし、ダウンスイングからインパクトゾーンに入っていくクラブヘッドの角度まではあまり理解してないかもしれません。

僕はクラブのインパクトへ入っていく入射角には気を使っています。

入射角またはフェースのどの部分でボールをとらえたらいいのか?

これによってボールのスピン量が変わってきますからね。

 

そして、ドライバーの場合はスピン量が飛距離に直結します。

貴方が使用しているドライバーの性格によっても若干異なると思いますが、一般的には入射角が浅い方がほとんどレベルブローに近く下りてくるのでいいと思います。

 

浅い入射角で降りてきてクラブヘッドが最下点を過ぎてからほんの少しだけアッパー軌道になってボールをヒットするのが理想だと思います。

 

そして、そのスポットよりも若干ですが上でヒットすることで理想的なスピン量が得られると思います。

入射角を浅くすることが出来ずにインパクトに欠けてクラブヘッドが鋭角的に下りてくるとボールも上がりにくいですし、また上がったとしてもスピン量が多くかかっているので飛距離アップにはつながらないと思います。

なのでこのことをよく理解しておいてほしいのです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク