アイアンで分厚いインパクトを作る方法

どうも、トシです。

今回はスイング軌道を安定させて、しっかり芯でとらえるために分厚インパクトを作る方法をお伝えします。

ということで【アイアンで分厚いインパクトを作る方法】です。

例えばですが、インパクトでボールに合わせに行く人はスイングの途中で手先の悪い動きが入ってヘッドが減速してしまいます。

 

こうなると最後まで振り切ることができずに途中で止まってしまうんですね。

これでは分厚いインパクトを作れません。

 

体全体を使ってヘッドを加速させた美しいフィニッシュのスイングはスイング中はクラブを背中に向かって振りぬいていくのを意識するといいでしょう。

 

インパクトを合わせに行くような人にはこういった意識の変化が大事ですね。

クラブを背中に向かって振りぬいていくという意識です。

 

アイアンで打つときにインパクトでボールに合わせに行くという人は多いですからね。

ボールに当てに行く意識があると上達しない

あなたもボールに当てることに気を取られてしまっていませんか?

ボールに当てることばかりに気を取られてしまったら、手先が悪い動きをしてしまいますので、ヘッドの入る位置が安定しなくなります。

 

ヘッドの入る位置が安定しないと薄いあたりになってしまいがちです。

 

また、ダフリやトップというミスショットにもなります。

 

なので簡単に分厚いインパクトを作る方法として、まずはトップからフィニッシュまで減速することなく振り切っていきましょう。

 

一気に振りぬいていったらそこにボールがあったというのが理想のスイングになります。

手先は自由に動いてしまいがちです。そして手先は悪さをしがちです。

 

なので手先ではなくて、一気に振りぬくことによって体全体で振れるので同じ軌道を描きやすくなるわけです。

そして軌道が安定したら、芯でヒットする感覚を覚えてください。

 

ティーアップしたボールを打つとインパクトが安定する

これにはティアップしたボールを打つドリルが有効ですね。

このティアップしたボールを打つドリルを行うことによってスイング軌道が安定しますし、ボールをとらえる感覚を養うことができますので、インパクトの質が変わってきます。

もちろんドライバーではなくてアイアンで打つということですよ。

 

うすいあたりばかりとか、ダフったりトップしたりが多いという場合はティアップしたボールを打つドリルを行ってみましょう。

 

このようにちょっとしたドリルを行うだけでもフィニッシュまで一気に振りぬいていけるし、また分厚いインパクトを作ることができるようになりますよ。

 

ティアップしたボールをアイアンで打つ練習は効果的ですので、ぜひ練習に取り入れていってみてください。

 

インパクトが安定しないという場合、体を使ってスイングするという事を覚えるのが先です。

インパクトが安定しないからといってボールに当てに行くという意識があるうちはゴルフが上達してくれません。

ショットの安定性は手に入りません。

手先は器用ですのでボールに当てに行くという動きが入りやすいですが、そういった動きを入れないために今後はフィニッシュまで一気に振りぬく勇気を養いましょうね。

 

最後に、あなたが短期間でゴルフを上達させいたいというのであれば、その方法を僕はメルマガでお伝えしています。僕がゴルフを始めてわずか半年でスコア82をマークしたスイングのキモの部分をお伝えしていますので興味がある場合はメルマガ登録してみてください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。