飛距離アップはインパクトで左脇が閉まる感覚を覚えること

ドライバーの飛ばしの感覚を養うためにはゴルフスイングで両腕を十分に使えているかがポイントになります。

両方の腕はインパクトに向けてしっかり活用してあげることが大事だと思います。

左腕でリードしながらクラブを下していくのもそうですが、

右腕もしっかり活用させてあげることが大事だと思います。

アマチュアゴルファーの多くの方はダウンスイングからインパクトにかけて左脇が十分にしまってない状態でインパクトを迎える人が多いです。

スイング中、ダウンからフォローまでしっかり左脇がしまってない状態で
右手を一生懸命使ってボールを飛ばそうと思ってもボールにそのパワーが伝わりません。

ダウンからフォローにかけて左脇が十分にしまってないとパワーが逃げてしまうからです。

つまり左ひじが引けたり、逃げたりする動きになるのでこれでは飛距離アップは望めません。

アマチュアゴルファーの方で最も多いのがこの左ひじの引けだと思います。

それはインパクトでクラブフェイスをボールに当てに行く意識がどうしても左ひじの引けを引き起こしがちです。

 

そして、インパクトの直前ぐらいから左ひじが引けはじめ、その結果左脇が開いてインパクトを迎えてしまうことになります。

よくゴルフスイングの理論としてインパクトまでタメを作れとかクラブヘッドを遅らせて振れというものがあります。

 

確かにこれは大事な理論の一つであると思いますが、これが感覚の違いでありアマチュアの方の多くはこれを聞くと右へのプッシュアウトスライスが止まらなくなるのです。

 

そして、プッシュアウトスライスを避けるために今度はインパクト直前で左ひじがひけ、フェイスが開いたままインパクトするのを嫌がり、本能で手首を返してインパクトを迎える。

まっすぐフェイスが返ってインパクト出来ればいいのですが、ちょっとでもそのタイミングがずれると今度は左へのひっかけボール(チーピン)が出ます。

たしかにスイングにはタメが必要ですが、アマチュアの方がタメを意識するとあまり良い結果は望めないように思います。

ダウンスイングで遅れてきたクラブヘッドをインパクトでスクエアに戻すにはダウンスイングでクラブヘッドを右腰あたりから先行させて振りぬくイメージで丁度良いインパクトを迎えることが出来るかと思います。

ただし、これもイメージや感覚の違いがあります。

クラブヘッドを先行させて打つということは実際はハンドレイトのインパクトになってしまいますので、おすすめはできないのですが、アマチュアの方が一時的に振り遅れを克服してそれなりに直進性のある球を打ちたいという場合は、こういったイメージを持つこともアリだと思います。

クラブヘッドを先行させて振りぬくには、左脇がポイントとなります。

左脇がしっかりしまった形のゴルフスイングをマスターする必要があります。

この感覚を養うために練習方法としてはクラブヘッドを飛球線方向に向かって放り出すイメージを持ってスイングすると良いかと思います。

この練習をすることにより、インパクトからフォローにかけてクラブヘッドを先行させてスイングする感覚がつかめるようになります。

イメージとしてはインパクトの瞬間にクラブヘッドが腕よりも先行しているので、左腕はボールやクラブヘッドよりも後方にあるイメージです。

そして、ヘッドが先にボールに到達してボールをたたいていくイメージとなります。

このインパクトの感覚を掴むと左脇はしっかり閉まりヘッドスピードの上がったスイングが出来ていることになります。

ダウンスイングからフォローにかけてクラブヘッドを飛球線方向へ放り出す感覚で振る

練習してもこの感覚が良くつかめないという人は、このような練習をしてみてください。

アドレスで構えた状態からテイクバックして、それから左肩を全く動かすことなく腕だけでクラブをフォロー方向へ振ってみましょう。

そうすることで、左ひじは引けませんし左脇もしっかりしまったスイングとなります。

クラブヘッドを先行させて振ることが出来ると左脇は自然と閉まります。

そしてヘッドスピードが上がり飛距離がアップするわけです。

ゴルフレッスンではボールを体の正面でとらえることを耳にタコができるぐらい聞いてこられた方もいるかと思います。

たしかに体の正面でボールをとらえるという感覚は大事ですが、これがなかなか難しい。
イメージではわかるが実際は上手くいかないことが多いです。

アマチュアの場合これが難しいので、手打ち理論が流行るのも納得できます。

話が少しそれてしまいましたが(笑)

なのでもう少し具体的にイメージできるようにする必要があります。

「ボールは体の正面で捉えること、クラブヘッドを先行させること」

これでより体の正面でボールをとらえる感覚をイメージしやすくなるかと思います。

また、この感覚を掴めるようになるとあなたのスイングは確実に進化します。

ヘッドスピードが上がることによりもちろん飛距離はアップします。

それに加えて打ったボールの出方と球筋に変化が起こることでしょう。

今まで右に出たボールがそのままスライスして右へフェイドアウトしていくプッシュアウトスライスから、右に出たボールが左に曲がりながらフェアウェイに戻ってくるドローボールを打てるようになると思います。

クラブヘッドを先行させ左脇のしまったスイングができるようになるとスライス打ちからドロー打ちへと進化し飛距離アップができるのでゴルフスイングのレベルアップが可能となります。

ドライバーで吹け上がりスライスやプッシュアウトスライスが止まらない方は練習場でぜひ実践してみてほしいものです。

ハッキリ言って、プロレベルにはほど遠い

ただし、今回お伝えしてきた内容はアマチュアの方で球が捕まらないので即効性のある対処法が知りたいという方にのみ実践してみてもいいと思うものです。

本音を言いますと、プロのような再現性の高いスイングを身に着けたいのであれば、こういったクラブヘッドが走るとかインパクトで手を返すといったようなイメージは捨てる必要があります。

そして、再現性の高いスイング(飛距離と安定した方向性)を得るには、まずは手首の使い方の方を変える必要があると思います。

ゴルフは手首の使い方が最も重要!コックやヒンジの正しい理解できてますか?

2019.06.13
最後に、ゴルフ上達の近道としてブログには書いてない濃いゴルフノウハウをメルマガ限定でお伝えしています。

再現性の高いボディターンスイングを身に着けたい方は必見です。

僕がゴルフを始めて半年でスコア82を出したスイングのキモの部分をお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。