右足かかとを粘るベタ足でスイングするとゴルフスイングが覚醒する

スポンサードリンク

ゴルフスイングで下半身の使い方が大事だということはこのブログを読んでくだっさっているあなたならわかってもらえていると思います。
下半身始動のスイングと耳にタコができるぐらい言われたことがある方もいるかもしれません。
下半身リードを意識しすぎることも人それぞれで良い方に出る人もいれば悪い方へ出る人もいると思います。

僕の場合下半身リードを意識してスイングすると下半身が左へスエーしてしまう。
そして、下半身が左へスエーすることで手元が体から離れるため、シャンクやダフリなどのミスが出ます。
そこで、下半身リードを意識するとシャンクが出るという人におすすめの解消法を紹介します。
これはシャンクが直るだけではなくダフリやトップなどのミスショットも激減します。
それは右足のかかとを地面につけたまま振りぬくこと。
つまりベタ足でのスイングです。
ベタ足でスイングすることにより上体が起き上ることを防ぐことができ、前傾姿勢のキープができます。
シャンクやダフリ、トップなどのミスショットのほとんどはこの下半身のよからぬ動きにより前傾姿勢がキープできずに起こるミスである。と僕は思います。
下半身リードを考えて練習してもうまくいかない場合、ベタ足でのスイング練習をしてみてください。
打った後も右足かかとを地面から上げないつもりでスイングしてみてください。
繰り返しスイングしていると右足が粘れるようになります。
ベタ足で右足が粘れるようになるとスイングした後に両足太ももがくっつくのが分かると思います。
このベタ足スイングがなぜ良いのか?
それは今活躍してる韓国人プロのほとんどがこのベタ足スイングだからです。

 

韓国人プロにとってベタ足スイングは当たり前になっていると思います。

 

https://youtu.be/xTvVniHv-Q8

例えばアンンソンジュ選手のスイングを見てみましょう。

 

右足かかとが全然起き上がってきません。

インパクトを過ぎて一時してから起き上がってくるのが分かります。

 

これぐらい右足かかとは地面と密着した状態でスイングできたらミスショットが激減します。

右足かかとがすぐにめくれ上がる人は下半身をうまく使えていない。

下半身リードとか腰でスイングを始動するとかいろいろ理論はあります。

人それぞれ自分に合った解釈の仕方があり、自分に合っているから人にも合うなんてことはすべてがそうとは限りません。
個人個人で合う、合わないがあるのでそれなら自分に合った解釈を見つけることが大事です。

このブログでは様々なゴルフスイング理論を紹介しています。

中にはあなたに合う、合わないがあると思いますが、自分に合うものだけを吸収してほしいと僕は思っています。
シャンクが止まらない人はこの右足かかとを粘る動き、スイング中右足かかとを上げないようにスイングしてみてください。
前傾角度の起き上りを防止することが出来るので体の正面から手が離れていかなくなるため、シャンクが止まると思います。
また、このかかとを粘る動きは飛距離アップにもつながります。
特に右足軸でスイングする人にはおすすめですね。

韓国プロは当たり前に行っているベタ足でのスイングを一度練習で試してみるといいでしょう。

 

新しいスイングの覚醒につながると思いますよ。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

スポンサードリンク