ゴルフは足裏の使い方で変わる【地面を回すプレッシャー感覚で飛距離アップ】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。

只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。

 

→ クリックして限定動画を無料で受け取る

迷走ゴルファー
足裏って大事だって聞いたことあるけど、実際どうなんだろう?
下半身の安定は足裏に関係があるのかな?
足裏のプレッシャーのかけ方の正しい方法とかあるのかな?

今回はこのようなお悩みを解決する方法になります。

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入ります。

・ゴルフは足裏の使い方が重要であることが分かる

・足裏を上手く使えるようになるとスイングが覚醒する

・安定した下半身から生まれる方向性の安定を実感できる

・足裏の安定から思い切り振り切る本来のスイングができる

 

トシ(レッスンプロ)
今回はベストスコア65の僕が、足裏の意識についてお伝えします。

足裏?そんなところまで気にした方がいいの?」と思われるかもしれませんが、実はスイング中の足裏のプレッシャーのかけ方ってとても大事なんですよ。

足裏で地面を掴む感覚を持ってゴルフをすると軸の安定により飛距離アップなど嬉しい恩恵をたくさん受け取ることになるので、ぜひ今回の内容も参考にしてください。

 

ゴルフは足裏の使い方で変わる【吸盤がついた感覚で地面を回転させろ】

ゴルフは足裏の使い方でスイングが変化します。

結論言いますと、足裏のプレッシャーのかけ方によってスイングが良くも悪くも変化するということです。

 

ゴルフが下手な人は足裏のプレッシャーのかけ方を間違っている場合が多いです。

今回はそんな足裏のプレッシャーのかけ方や感覚についてお伝えします。

 

スイングは足裏で地面を回す

足裏を使って地面をグリっと回すような感覚があると方向性が安定し、飛距離が伸びます。

なぜなら、足裏で地面を回す感覚でスイングできると、下半身のパワーをうまく発揮することができますし、なおかつスイング軸が安定しやすくなるためミート率の向上により方向性の安定が期待できて、同時に飛距離が伸びるという結果になりやすいのです。

 

具体的には、以下の動画内でお伝えしているように、足の指で地面を掴むようにアドレスすることにより、足裏が機能してくれるようになると軸の安定によって、バックスイングで右足の内側がめくれたり、右膝が右へ流れたり、腰が右へ流れてスエーしたり、こういった不安定なスイング軸が安定してくるからです。

以下の動画でご確認ください。

 

地面を回す感覚というのは足裏から伝わってくるものですが、地面を回す感覚は、足裏で地面をガッチリと掴む感覚でアドレスをしている事が必須条件となります。

足の指の力を使ったアドレスを体験したことがないという場合は、足指を意識して足指とカカトで地面を挟み込むようなイメージでガッチリ掴む意識を持ってみましょう。

 

そうすることによって、スイング軸のブレによるスエーやバランスの悪い動きが改善される可能性が高まるからです。

そして慣れてくると、スイング軸の安定が約束されるようになるからです。

ゴルフは足の指で地面を掴め【軸ブレを防ぎ安定したアドレスで開眼する方法】

2015.07.15
生徒
足裏の意識を持つのは傾斜地などに多いですが、平坦なライのショットでも足裏の意識を持った方がいいですよね。地面を掴むアドレスから、地面を回転させるという感覚は足裏がしっかり機能しているという事が言えると思います。
トシ(レッスンプロ)
地面に噛みつくような足指の力は足裏を使えるようにしてくれるので、スイングの土台の基本が出来上がりますよ。

両足カカトを1㎝程度地面から浮かせて練習しよう

足裏の正しいプレッシャーの感覚を掴むためには、アドレスで1㎝程度地面から両足のカカトを浮かせてみると分かりやすいです。

両足のカカトを少し浮かせることによって、つま先に重心が移動することになります。

 

この時に、足指でしっかり地面に噛みつくようなイメージで足指を丸めてあげると母指球当たりにプレッシャーを感じる感覚が実感しやすくなります。

そのままスイングをしてみたり、ボールを打つ練習をしていると、足指を使える感覚が分かってきます。

 

その結果、普通のアドレスに戻した時の足裏のプレッシャー位置を最適化することができやすくなるのです。

この練習を繰り返していると、意識しなくても通常のアドレスをしたときに、この感覚を足指を使える感覚を養いやすくなるのです。

 

スイング中に土台となる足裏のプレッシャーを考えたことがないという場合は、ぜひこの練習を行ってみましょう。

具体的に手順をお伝えします。

1、両足のカカトを地面から1㎝程度浮かせてアドレスする

2、足の指の腹で地面に噛みつくようなイメージで指を丸める(爪を立てる感じ)

3、そのままの状態でスイングをする

これを繰り返すことによって、アドレスの時に足指のプレッシャーのかけ方が自然と身に着きます。

 

 

ただ、通常のショットの場合はつま先体重で打つわけではありません。

あくまで足指を使えるようにするためのドリルです。

つま先体重で失敗した経験があるので、具体的にはゴルフはつま先体重が正解?【実はカカト体重がボディターンとの相性が良い】を読んでおいてください。

 

 

生徒
なんとなくつま先下がりのライで打つ感覚になりますよね。

ただカカトを1㎝程度上げてスイングするだけだと下半身がふらつきやすいですが、足指でガシっと地面を掴むようにすると下半身が安定しますね。

分かりやすい練習方法をありがとうございます!

トシ(レッスンプロ)
そうですね。この練習を行ってみると足指を使えていなかったことに気づかされる人が多いですね。

股にバレーボールなどを挟んで、この練習を行うとなお効果的ですね。

ただ、実際に打つ時はアドレス時の足裏の重心位置というのはつま先体重ではないという事は理解しておいてください。

 

生徒
それは、股にバレーボールを挟むことによって、内ももを内旋させて内転筋群を使えるようになるからですか?バンカーショットなどに効果的だという事を聞きましたが、どうでしょう?
トシ(レッスンプロ)
勘が素晴らしいですね。そうなんです。

内転筋群を使えるようになるとバンカーショットが簡単になりますね。ちなみにアプローチにも効果的なんです。

右足の送る感覚もつかめやすいですしね。

なので股にバレーボールなどを挟んで、両足カカトを1㎝程度浮かせて足指で地面を掴んでスイングの練習をすると土台が安定してスイング軸の安定につながりますのでお勧めの練習方法です。

バンカーショットの打ち方【距離感が出るスイングの秘訣は下半身にあり!】

2020.01.13

 

足裏のプレッシャーのかけ方は裸足のゴルフで覚える

足裏のプレッシャーのかけ方は裸足でゴルフをするとかなり分かりやすいです。

普通は裸足でゴルフをするなどの発想はないと思います。

 

ただ、練習の一環として人目のつかない場所で裸足になってボールを打っていると足裏のプレッシャーのかけ方を自然とつかめ易くなります。

なぜなら、足裏にダイレクトに地面の感触が伝わってきますので、ちょっとした傾斜のライもシューズを履いていたら感じ取れないようなものでも、裸足になると感じ取れる事がよくあります。

「あ、ここ少しつま先下がりだな」

「あ、ここは若干左足上がりになってる」

というような感じで微妙なライの変化を感じ取れやすくもなります。

 

例えば、一般的に、バックスイングでは右足のカカトに重心が移動して、ダウンスイングでは左足のカカトに向かって重心が移動しながら体が回転するということを言われます。

確かにそうなるのですが、自ら右足カカトに重心移動して、今度は切り返しで左足カカトに重心移動してなどと考えたり、イメージしたりしてスイングをしていると、スイングが崩壊します。

そもそも、重心移動は勝手に起こるもので意識して起こすものではないのです。

 

こういった事ばかり考えても、大事な下半身の安定に繋がるどころか、逆に下半身が不安定でブレることによりスエーや軸ブレを起こしやすくなります。

なぜなら、お伝えしてきましたように、こんな考え方でゴルフをしていると、それこそ足裏を使える準備ができないまま、ふわふわした下半身の動きでスイングが緩んでしまい腕や手を使ってクラブを振り下ろして、結果的に手打ちになったりするからです。

重心移動は勝手に発生する。

そのために、必要な土台の安定を作る。

土台の安定を作るためには、足裏のプレッシャーの正しいかけ方を覚える。

その方法がお伝えしてきた練習法であったり、足指とカカトで地面を掴むという感覚になります。

ドライバーの体重移動など不要!【スライスするなら軸回転意識で打て!】

2020.01.06

 

下半身を踏ん張るという意味は安定させるという事

下半身を使えていないアマチュアゴルファーは多いですね。

お伝えしてきましたように下半身を安定させるという事を実践できないことには軸ブレに苦しむゴルフが続き、方向性の安定は望めないでしょう。

確かに、スイング中に思い切り体を動かすということは良いことです。

 

思い切って振り切るということは良いことですが、不安定な下半身のまま思い切り振り切ったとしても、スイングのバランスを崩してミスが出やすくなるだけで危険信号なんです。

なぜなら、土台が不安定だと上半身の動きにも影響が出るからです。

フィニッシュでふらついてバランスを取れないという場合は、スイングの根本として土台が不安定だからです。

 

不安定な土台のせいで軸がブレたり、スエーしたり、体が止まったり、余計に手を使ったり、このようにスイングの再現性の低下は根本を追及すると土台となる下半身が不安定であるということが言えます。

そして、深堀していくと足裏のプレッシャーのかけ方などが間違っているということに繋がるのです。

 

上半身の動きを気にするあまり下半身への意識が全くないというアマチュアゴルファーが多いです。

それこそ腕の振り方ばかりを気にされているゴルファーが多いです。

 

ところが、そういった部分ばかりを気にしてもゴルフというものは上手くいかない場合が多いのです。

なぜなら、土台となる下半身が全てと言っても過言ではないからです。

右から左へ体重移動を意識してスイングするとゴルフが下手になる

2016.12.21

 

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。