ゴルフは内股で上手くなる【内転筋を使ったスイングが飛距離アップのカギ】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

迷走ゴルファー
下半身の使い方がいまいち分からない。。。

アドレスは内股の方が良いと聞くけど、実際はどうなんだろう?

下半身の上手な使い方を知りたいなぁ。

スイングのバランスが崩れるのでフィニッシュでフラフラしちゃうし、下半身が弱いからなのか?

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法となります。

この記事を読むことで以下のメリットが手に入ります。

・下半身の正しい使い方が分かる

・内股の意味と正しい理解が深まる

・内転筋を使えるスイングができる

・軸の安定が可能となる

・ショット、アプローチ、パッティングにおいてレベルアップできる

トシ(レッスンプロ)
ゴルフは下半身の安定が大切です。

今回はベストスコア65の僕が内転筋を使ったトレーニング方法などをご紹介します。

ぜひ、実践してみてください。

ショットの方向性が安定してレベルアップできる事、間違いなしです。

内転筋を使えるようになると飛距離アップでき、軸の安定により方向性も安定しますよ。

 

文章よりも動画の方が分かりやすいという場合は、動画をご覧ください。

 

ゴルフは内股で上手くなる【内転筋を使えるスイングとトレーニング法】

ゴルフは内股で上達するということを聞いたことがあるかもしれませんね。

内股というよりかは、正しくは内転筋を使えるようになると上達できます。

 

ショット、アプローチ、パッティング、全てにおいて内転筋を使う事ができるようになると、土台の安定により軸の安定が手に入ります。

また、内転筋を使えるようになるとショットの場合は地面からの反発エネルギーを使ってスイングできるようになるので、飛距離アップも可能となります。

内転筋を使えるようになると、このようにゴルフが上達できる嬉しい恩恵を手に入れることができるのです。

 

上手くなりたいなら内転筋を使える準備を整えろ

上手くなりたいなら内転筋を使えるようになりましょう。

そして、アドレス時にその準備を整えておく必要があります。

 

アドレスは、内股のイメージにすると膝を絞りやすくなりますので、内転筋を使いやすい下半身ができます。

ただし内股にするからと言っても、イメージは膝から上(太もも)を内側に絞る(内旋させる)感覚になります。

 

膝から下、つま先までも内側に向けるようなイメージで女性の内股のようなアドレスにならないように気を付けましょう。

つま先まで内側に向けてしまうと女性によくありがちな内股アドレスになってしまい、これでは腰を回転させづらくなりますので、つま先は逆に外側に向けておくぐらいのつもりでOKです。

こうすることによって、しっかりと内転筋を使いやすい土台が出来上がります。

 

この下半身(土台)のどっしりした安定感が内転筋を使って軸ブレしないスイングを生み出す秘訣になります。

具体的には以下のようなイメージになります。

太ももを内側に絞り、つま先の向きは外に開いておくイメージになります。

こういったアドレスができると内転筋を使える準備が整います。

 

男性ゴルファーはガニ股にアドレスする人が多く、内転筋が全く使えないアドレスになっている人が多いです。

そのため、体がスエーしたり軸ブレの原因を引き起こしてしまうため、フィニッシュでもバランスを崩してしまいがちです。

 

特に普段からガニ股歩きなどが癖になっているという人は、「ゴルフは内股」という意識を持ってみると膝を絞って内転筋を使える準備ができやすくなり、結果的にスイング軸を安定させやすくなります。

普段からこういった下半身のアドレスを意識されてみることをお勧めします。

ただし、ガニ股のイメージの方が下半身が安定するという方もいますので、そういった場合は無理に膝を絞る必要はないです。

膝を内側に絞る方が安定するのか、外側に張り出す方が安定するのか?

自分の下半身と相談しながら安定する方を選ぶことをお勧めします。

アドレスで膝を絞ると下半身が安定【ガニ股?内股?正解はどっち?】

2020.01.02

 

アドレス内股からの切り返しガニ股のイメージ

アドレスで上手に内転筋を使える準備ができたら、いよいよスイングを始動します。

内転筋群が使えるようになると、テークバック、バックスイング、トップと軸が安定し腰がスエーするなどのスイングエラーを改善することができるようになります。

 

そしてイメージとしては、アドレス内股から、テークバック、バックスイング、トップと内股のイメージできて、切り返しからガニ股のイメージになります。

例えば、動画内でもお伝えしていますが、アドレスで股の間にバレーボールカゴなど、こういった物を股の間に挟んでおいて内転筋を絞める感覚を掴みます。

 

そこから、股で挟んだ状態のままテークバック、バックスイング、トップまで行きます。

こうすることによって、下半身が安定し軸がブレにくくなることが分かると思います。

 

そして、切り返しからは股に挟んでおいた物を落とすようにします。

そのためには、ある程度ガニ股のイメージで切り返していきます。

 

これができるようになると軸が安定してスイングできるようになるため、下半身のスエーの癖がある場合など簡単に治っていきます。

結果的にショットが安定する効果を期待できます。

右足かかとを粘るベタ足で切り返してスイングするとゴルフスイングが覚醒する

2015.09.20

 

ショット、アプローチ、パッティングに共通

内転筋群を上手く使えるようになると、ショット、アプローチ、パッティングの上達が期待できます。

ショットだけと思うかもしれませんが、アプローチにも、パッティングにも役に立つことが実感できます。

 

なので、積極的に先ほどの練習を取り入れてみてください。

上半身の動きが良くても、下半身がふわふわして内転筋群が上手く使えないと、下半身が暴れてしまいやすくなります。

 

地に足が付いていない感じのままスイングをかけていくと、上半身にも余計な動きを入れてしまいやすくなるので、色々なミスが出やすくなります。

アプローチではザックリしたりトップしたり、パッティングでは頭が突っ込んでスエーして距離感が合わなかったり、こういったミスがよく起こるという場合は、内転筋群が上手く使えていない事が原因となっている場合が多いです。

 

膝の絞り(内転筋群のパワー)で飛距離も伸びる

内転筋群を使えるようになると、方向性に加えて飛距離も伸びます。

体感してみると分かる通りですが、地面の反発エネルギーをうまく足から体幹を通してボールに伝えることができるようになるからです。

その結果、軸が安定してミート率が向上し方向性が定まるようになるだけでなく、結果的に飛距離も伸びやすくなるのです。

 

スクワットを行って内転筋群を強化しよう

内転筋群を鍛える方法として、スクワットがお勧めです。

なのでワイドスタンスでスクワットをしてみましょう。

 

ワイドスタンスにすることで、内転筋群をより刺激し負荷をかけやすくなります。

スクワットによって内転筋群が鍛えられると、ゴルフに良い影響をもたらしてくれます。

 

具体的には内転筋群を鍛えることによって、地面からの反発エネルギーを使って体の回転スピードが上がりやすくなりますので、その結果ヘッドスピードを加速させることができやすくなるのです。

また、スイングの土台となる下半身の安定に繋がるため、スイング軸がブレずにスイングできる要素が整います。

 

例えば、腰がスエーする、バックスイングで右膝が流れる、ダウンスイングで上体が突っ込む、ギッタンバッコン、リバースピボットなど、こういったミスによって腕で余計な動きを入れてしまい、腕の運動量が多いスイングになるというミスを解消する効果を期待できます。

 

なので、暇なときにでもワイドスタンスでスクワットをして、内転筋群を鍛えるというトレーニングをお勧めします。

生徒
早速ワイドスタンスでスクワットで下半身のトレーニングやってみます。女性でもやったほうがいいですよね?
トシ(レッスンプロ)
そうですね。男女関係ないですよ。ワイドスタンスのスクワットによって、ヒップアップ効果も期待できますしね。女性ならそういった部分も嬉しい産物となることでしょう。

ゴルフは左膝を外旋させる【固定せずに開くことで飛距離が伸びる】

2019.12.25

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。