体重移動なんて意識しても手打ちになるだけで意味がない

スポンサードリンク

 

お世話になります。

ゴルフ侍トシです。
今回はスイング中に体重移動は意識する必要があるのか?

という事についてお伝えしています。

 

 

 

体重移動を意識してスイングを作っていく人は多いですが、
この体重移動というのは意識する必要がないというのが結論です。
ゴルフ初心者の方などは、
体重移動をしっかりしなさいというのを聞いたり、

教えられたりして練習をされますが

体重移動というのはスイング中に意識して行うものではなくて、
勝手に重心が移動していくので移動させようなどと思うと逆にスイングが難しくなりますし、
インパクトを点で合わせるようになってしまいます。
動画でもお伝えしていますが、

僕もゴルフを始めた当初は体重移動を意識してスイングしていましたが

体重移動を意識するとスイング軸がただ右から左へ移動するだけになり

スイング軸がブレてしまいます。

スイング軸がブレることによってスエーしてしまったり

ダウンスイングで左(飛球方向)へ体が突っ込んでいってしまったりしやすくなりますので

こうなると再現性の高い正しい体打ちスイングは作れません。
また、体重移動をしたら飛距離が出ると勘違いされている方は多いですが

飛ばそうと思うなら体重移動ではなく、大事なのは捻転です。

バックスイングでしっかり捻転ができ
バックスイングでできた捻転を保ったままダウンスイングしてくることが大事です。
捻転を保ったままダウンスイングするためには
肩を開かないとか

胸を右へ向けたままダウンスイングするとか

下半身から切り返すとか
言われていることは色々とありますが、
そんなものを意識するのではなくて
しっかり体の体幹を使ってスイングできるようになれば
勝手に捻転差を保ってダウンスイングできるようになります。

体幹を使って捻じり戻してくるという動作は
腕が力んでしまったら絶対にできません。

いくら肩を開かないようにとか
胸を右へ向けたまま下そうとか

下半身から切り返そうとか思っても

腕に力が入って力んでしまったら
その時点で捻転はほどけてダウンスイングしてしまいます。
よってクラブはアウトサイドから下りてきやすくなりますし、
またインパクトでは手を使う、手打ちになってしまいます。
あくまでクラブに振られるような感覚でスイングしていくこと。

アドレスからフィニッシュまでグリッププレッシャー(グリップを柔らかく握ったまま)は変えないことが大切です。

この感覚を養っていくためには
練習場でフルショットばかりで練習してもなかなか感覚を掴んでいくことは難しいので
片手で球を打ったり、工夫しながら練習されることをおすすめします。

ゴルフが上達していく人は再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けられる練習を行っています。
やみくもに球を打ちまくってもゴルフは上達していきません。

手打ちの練習をしているようなものですので、
いつまでもコースでスコアーが安定しない。
スコアーが縮まってくれない。

ダフリやスライスなどのミスショットが出続ける。

手打ちというのはプレッシャーに弱いですし、
コースに行くとリスクが高く再現性の低いスイングです。
体重移動もそうですが、軸がブレることによって
インパクトを手を使ってズレたものを合わせようとするので
結果、手打ちになってしまいます。

 

あなたがいち早く短期間でゴルフを上達させるために
再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けたいのであれば

その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

僕がゴルフをはじめて半年でスコアー82を出し
その後も安定して80台、70台を出していけるようになった

スイングのキモの部分をお伝えしています。

スポンサードリンク