なぜ、ヘッドスピードが遅い女子プロはあなたよりも飛ぶのか?

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうも、トシです。

今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

というわけで、今回のテーマは【なぜ、ヘッドスピードが遅い女子プロはあなたよりも飛ぶのか?】です。

 

あなたが飛距離不足で悩んでいる場合は今回の内容が役に立ちます。

ヘッドスピードが速いにも関わらず飛距離が出せないという場合は、参考にしていただけたらと思います。

まず、芯でボールをとらえる確率を上げるためにお伝えしていきますね。

生徒
芯でボールをとらえるために色々と四苦八苦しています。自分で気づいていない問題がありそうなので参考にさせていただきます。
トシ(レッスンプロ)
芯で球を捉えるために必要となるスイングプレーンに関することもお伝えしますので今回の内容も役立ててくださいね。平均して250ヤード以上飛ばせるスイングを目指していきましょう。

芯に当たる女子プロと当たらない一般男性

ゴルフの飛距離を伸ばすためには、ヘッドスピードを上げて、理想的な打ち出し角とスピン量の球を打つことが大事です。

それ以外には、「ミート率」を上げること。

「ミート率」とは、一言で言ったら、「芯で打てる確率」です。

 

ヘッドスピードが毎秒40メートルぐらいの女子プロが43メートルの男性アマチュアよりも飛ぶのは打ち出し角度とか、バックスピンの量が適正というだけではなくて、ミート率が高いことも大きな理由です

 

ミート率は「ボールの初速÷ヘッドスピード」で求められます。

プロゴルファーの場合は、男女問わずにだいたい1.4以上はあります。

 

これがアマチュアになると、1.2~1.3ぐらいに落ちてしまいます。

 

あなたもゴルフショップなどにいって計測器でこのミート率を計った経験があると思います。

 

そのときに平均して1.4以上のミート率をたたき出すことはできましたか?

1回や2回出るぐらいは誰でも出ますが、これを継続して出すことができるかがポイントです。

おそらくできていたら飛距離不足に悩まないと思います。

 

ミート率が低いとヘッドスピードに応じた力をボールに100パーセント伝えることができません。

 

なので飛距離が落ちて当然なんです。

 

つまり、飛距離を伸ばすためには、ヘッドスピードを上げるだけではなくて、「ボールの初速」を上げる必要があるという事です。

 

ボールの初速というのは、「ボールの初速=ヘッドスピード×ミート率」となります。

なので、ミート率が上がることで、ボールの初速が上がります。

そして、飛距離が出るという答えになります。

 

ミート率を上げる方法とは?

では、ミート率が上がるためにはどうしたらいいのか?

「芯に当てる」と考えるとインパクトばかりに意識が向かいがちになってしまいます。

でも大切なのはスイング軌道です。

 

プロの場合はヘッドが最下点を過ぎてからアッパー軌道でボールに当たります。

そして、その後、打ち出されるボールとヘッドの軌道が見事に一致します。

 

逆に、アマチュアの場合は最下点がインパクト後になることが多く、飛んでいくボールとヘッドの軌道がずれてしまいます。

 

プロや上級者のインパクトは、「ゾーン」です。

ゾーンなのでボールを押しているということが言えます。

インパクトゾーンという言葉をあなたも聞いたことがあると思います。

このゾーンという意味は、フェース面がスイングプレーン場を長く通過してくれるという意味です。

なので、ミート率がよくなるだけではなく、ボールを「押す」ことができて、より飛距離を出すことができるわけです。

 

では、プロのような軌道でスイングするためにはどうしたらいいのか?

そのためには上体の前傾角度をインパクトまで絶対にキープすることです。

前傾角度のキープの仕方について分からない場合は、前傾角度をキープするダウンスイング時の細かいイメージと保つコツも読んでおいてください。

また、腕は完全に脱力して「腕で打ちにいかないこと」です。

 

バックスイングで肩をしっかり回して、インパクト後はほぼ左に重心が乗り切ることが大切です。

まあ、これは再現性の高い正しい体打ちスイングができているなら問題なくできていることです。

スイングの基本中の基本です。

これができたら、ミート率が上がるのはもちろんですが、完全にものにできると、堂々たるシングルプレイヤーになることができます。

生徒
インパクトゾーンと言われる意味がとても分かりやすいです。フェース面がスイングプレーン場を長く通過してくれるという表現をしている人はなかなかいないと思います。
トシ(レッスンプロ)
ありがとうございます!スイングプレーン場をクラブヘッドが長く通過してくれるようになると自動的にナイスショットを連発できるようになります。そのためにはまずはインサイドからダウンスイングすることが必須です。アマチュアゴルファーの多くがアウトサイドインのスイング軌道になってしまっていますので、スイングプレーン場をフェース面が通過してくれる時間が極端に短く、これではインパクトを点で合わせているのと同じなんです。
生徒
なるほど!ゾーンと点ではミート率が全く違う結果になって当然ですね。ミート率を上げるためにはスイングプレーン場をヘッドが通過してくれるようにスイングを変える必要があるという事ですね。
トシ(レッスンプロ)
そういうことです。スイングがかっこ悪くてプレーン場を長くヘッドが通過していくスイングであればミート率は上がりますからね。結果的に再現性も上がりますのでコースに強いスイングになります。
生徒
素晴らしい解説でした。だからアマチュアゴルファーは女子プロよりも飛ばないし曲がるということが分かりやすかったです。
トシ(レッスンプロ)
ありがとうございます。僕自身もゴルフを始めた当初はカット軌道でヘッドスピードがあってもミート率が悪く当たってもサイドスピン量が多いスイングをしていたので、思った飛距離を出せずに苦しんだ経験があります。効率よく球を飛ばすためには女子プロのヘッド軌道を参考にするのもありですよ。

 

ミート率を上げて飛ばすには、ドライバーのインサイドからのアッパー軌道は欠かせない

それでは、おさらいです。

ヘッドスピードが遅い女子プロよりあなたが飛距離が出ないという場合、芯でボールをとらえる必要があり「ミート率」を上げることを考えましょう。

ミート率を上げるためには、アッパー軌道で打つこと。

そして、アッパー軌道で打つためには

1、インパクトまで前傾角度をキープすること
2、バックスイングでしっかり肩を回すこと(捻転)
3、インパクト後、左に重心が乗り切ること

 

これらの3点をクリアする必要があります。

つまり再現性の高い正しい体打ちスイングを身につける必要があるという事です。

結論はこうなります。

アッパー軌道でインサイドからボールを捕まえていくために大事な事をお伝えしているのでドライバーはトゥ寄りちょい上に当てたら簡単に飛距離アップできるも読んでおいてください。

あなたも自分の持っている体のポテンシャルを最大限に生かして飛距離アップしたいですよね?

そのためには、効率の良いヘッド軌道でスイングする必要があります。

最後に、あなたが再現性の高い正しい体打ちスイングを身につけて短期間に一気にゴルフを上達させたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

僕のメルマガ読者の方は当たり前に80台、70台を出していけるようになっています。

無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。