実際のショットと素振りの違いとは?同じスイングができない理由

どうもトシです。

以前の記事で素振りでクラブをブンッ‼︎と唸らして振る方法を話しました。

ゴルフの正しいスイングではフォローの部分でブンッ‼︎と豪快な音を鳴らすことが正しいスイングだと言いました。

インパクト前に音が鳴ったり、インパクト付近で音が鳴るというのはリリースが速い証拠です。

アーリーリリースという言葉を聞いたことがあると思いますが、ブンッ!!という音は必ずフォローで鳴らすようにしましょう。

 

目標を持って素振りをする

あなたも素振りと同じスイングができないと悩んでいませんか?

そして、ボールを前にするといつもフィニッシュでバランスを崩してしまうと悩んでいませんか?

素振りだからと言っても目標なしで素振りをしていては意味がありません。

意味がないばかりか悪い癖も付いてしまう可能性があることを言いました。

 

素振りだからこそクラブの音を聞きながら振ることによりスイングが分かってくると思います。

ゴルフクラブをよりシャープに振り抜くスイングが素振りで分かると思います。

 

しかし、よくありがちですが素振りではシャープな振り抜きができるのに、実際にボールを目の前にしてショットに入ると素振りのように振れないという人はめちゃくちゃ多いです。

では、ショットも素振りのように振り抜くためにはどうすればいいのか?

これはアマチュアゴルファーの多くの方が悩んでいることだと思います。

 

両手の使い方は右手を添えるだけにすることで分かる

よくゴルフを始めて間もなくすると素振りはプロ並みですよね。

このようなことを言われる人がいます。

しかし、ボールを目の前にする実際のショットでは素振りとは全く違うスイングとなる。

同じようにスイングができない。

素振りと違い全く別の人が振っていると言われることも。

 

素振りはボールがない。

ショットではボールがある。

この違いだけです。

素振りを実際のショットにより近づけるために打ちっぱなし場などのマットの上をこするように素振りをすると良い練習になります。

通常の素振りは空中を振るだけなのでクラブヘッドがどこを通過してもいいので自由に振り回せる。

でもボールを打つイメージを持って振るならマットの上をこすりながら振る方が何倍も実践的だと思います。

このへんはアマチュアゴルファーの方も気づいて実践している方は多いでしょう。

ゴルフの素振りの間違いに注意!下手になる変な癖がつく素振りになっていませんか?

2014.09.23

 

次にもう一つ実践的な素振りをするなら右手をグリップせずに添えるだけにする。

そして、素振りをすると両手と両腕の使い方がよく分かるようになると思います。

手順はアドレスで普通に両手をグリップして構えた後に、右手だけグリップを外して手のひらを垂直になるように開きます。

つまり右手はグリップしていないので手のひらを開いているパーの形となります。

逆に左手はグリップしていますのでグーの形です。

このままスイングします。

こうすることで左腕でスイングをリードする動きが分かるのです。

 

左手の動きの確認

また、左手はダウンスイングからインパクトに向かってどう動くのか?

インパクトからフォローで左手首がどう動き、それによって左腕がどのようにたたまれて行くのか?

この素振りをすることにより分かってくると思います。

さらに、右手も左手のリードをどのようにサポートするかが分かるようになりますし、力の出し方も分かってくると思います。

ゴルフは右手を使ってはいけないというような言い方をする人もいますが、右手は使います。

左手がスイングをリードする舵的な役割をになっているとすれば、右手は力をボールに伝えるパワーを出す役割をすると思ってください。

この素振りをすることにより、右手の人差し指でクラブを押していく感覚をつかめるようになります。

スイング中の正しい腕と手の動きを掴むにはもってこいの練習だと思います。

右手の人差し指でクラブを押していくと言いました。

この表現の仕方がぴったり当てはまると思います。

決して右の手首を走らせるように使わないようにしてください。

右の手首を走らせるように使ってしまったら右手首が手のひら側に折れてしまいます。

インパクト付近でこの右手首が手のひら側に折れてしまう動きが入ってしまうといわゆるフリップという動きになってしまいますので実際はすくい打ちのインパクトになってしまいます。

なので、右手首というのは甲側に折ったままをインパクトからフォローぐらいまで意識してください。

するとボールを押していくような感覚が出てきやすいです。

 

マットの上からボールを打っても意味がない?

実はマットの上からボールを打つことが当たり前だと思っている人が多いですが、マットの上からボールを打ってもあまり意味がないというのが僕の本音です。

ゴルフコースはマットの上から打つところなんてありません。

なので、マットの上から気持ちよく打てていたとしても実際のコースではダフってばかりということがよく起こります。

これは、マットの上からでもダフっているということに気づいていないからです。

素振りと同じスイングができないというのは、そもそも理にかなったスイングではないということが言えます。

素振りは綺麗にかっこよく見えるとしても、その素振り自体も実は間違った動きをしているということがほとんどなんですよ。

なので、少しマットの上からボールを打つというのを辞めて、ティーアップしたボールをアイアンで打つ練習をしてみてください。

この時にボールではなくティーを叩いてしまうという場合は、あなたのスイング(素振り)事態も間違っているという事が言えます。

ロングアイアンの苦手意識を克服するための方法とは?ティーアップを使った効果的な練習

2014.11.14

最後に、ゴルフを始めてわずか半年でスコア82をマークしたゴルフ理論をメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフが劇的に上手くなってしまう無料メルマガ

メルマガではブログには書いてない濃いゴルフノウハウもお伝えしています。

僕がゴルフを始めて半年でスコア82、1年後にパープレーを果たした急激にゴルフが上達するスイングの核心部分を教えていますのでぜひメルマガ登録しておいてください。

またLINEの友達追加もよろしくです。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。