正確なインパクトを作る小さなスイングでリズムを整えよう

a07cd5ced73a05475b979dda5c81199f_s

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

今回は正確なインパクトを得るために、小さなスイングでもごまかさずに打つ、腰から腰のスイングを緩まず打つためのコツについてお伝えしていきます。

 

というわけで、今回のテーマは【腰から腰のスイング】です。

 

練習場では土の上や天然芝から練習することってできませんよね。

なので、アイアンの上達に関してはなかなか・・・という人が多いです。

でも、そんな中でもアイアンをうまく上達させるためのコツがあるんですね。

あなたがアイアンがうまく打てるようになりたいというのであれば、今からお伝えする練習を行ってみてください。

アイアン上達に欠かせない小さいスイング

それは腰から腰のハーフショットです。

 

使用クラブは7番アイアンでいいです。

リストワークを抑えてノーコックで体感だけを使ったいわゆる棒打ちでスイングします。

 

このハーフショットはスピードでごまかすことができませんので体の中心から綺麗に半円を描かなければなりません。目の位置がずれても打てません。

 

少しでもバランスが崩れたら本来の通り道を外れてしまいます。

といってもスイングを緩めては意味がありませんからね。

 

ハーフショットなりにしっかり打てるようになったら、正確なインパクトができている証拠です。

これができるようになったら次はスリークォーターショットを練習しましょう。

少しコックが入ったショットです。

これがフルショットへの準備になります。

こうやってだんだんとスイングを大きくしていきます。

 

そうすることによって自分の中にいくつものスイングスケールを持つことができます。

スイングリズムが悪くなると、僕は基本に立ち返ってこのハーフショットの練習を今でもやっています。

このハーフショットでごまかしがききませんので、基礎を忘れないためにこのような練習を行う事をお勧めします。

 

ハーフショットではスピードを使ってごまかせない分、体感を使って大きくきれいな半円を描くことが大事です。

でも形ばかり気にして緩んでは意味がありません。なので、緩まないこと。そしてしっかりとインパクトすることが大事です。

 

体感をしっかり使って打つ練習ですので、手首を使っては意味がありません。

あくまでノーコックで手首は返さないようにしてスイングしましょう。

この腰から腰のハーフショットができるようになったら、アイアンが次第に上達していきます。

 

練習場ではマットの上からですので、このようにハーフショットでごまかせないインパクトの練習をすることはアイアン上達の近道になります。

 

練習場で根気よくこのようにハーフショットの練習をしてみてください。

フルショットばかりを練習しても・・・

上達の頭打ちになってしまっているという人がほとんどです。

なので、アイアンの上達の近道になると思って正確なインパクトを作るためにこのような小さなスイングを練習に取り入れてみることをお勧めします。

 

最後に、あなたが一気にゴルフを上達させたいというのであれば、その方法を僕はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフレッスンプロ(トシ)のゴルフ上達ノウハウ垂れ流しメルマガ

僕がゴルフをはじめてたった半年でスコア82を出すことができたスイング理論になりますのでお楽しみに。

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり限定動画でお伝えしています。

ぜひこの機会にLINEの友達追加しておいてください。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、まずは福岡市内のゴルフレッスン(ハイクオリティゴルフアカデミー)をご確認下さい。