飛ぶインパクトは肛門をキュっと閉めてヘッドスピードが上がりシャフトがしなる?

どうも、トシです。

今回もあなたのゴルフ上達のためにお力になれたら幸いです。

というわけで、今回のテーマは【飛ばしのインパクトはシャフトをしならせヘッドを加速】です。

 

僕は常々このサイトでお伝えしていますが、最も球に体の力が伝わるインパクトは、腰が45度ほど開いて、肩のラインはそれほど開いていない。

そして、手元は体の近くを通過(アドレスの手元の位置の近く)して
右肘がゆるやかに曲がっている状態。

これがもっとも球を遠くへ飛ばせるインパクトの形だとお伝えしています。

生徒
飛ばすためのインパクトの形というのがいまいちよく分かっていませんでした。インパクトは体の正面でアドレスの再現だと思っていました。
トシ(レッスンプロ)
良くありがちな勘違いですね。インパクトはアドレスの再現ではないですよ。インパクトの形をどうイメージするかもゴルフは上達するために大事なポイントだと思います。

シャフトをしならせるインパクトの秘訣とは

おさらいの意味もこめて動画でも解説していますのでご確認ください。

そして、まあ、このインパクトの形に加えてシャフトのしなりの部分もお伝えしたいと思います。

ダウンスイングからインパクトに向かうときに左ヒザを伸ばすことによって、腰が45度ほど開きます。

ここでさらに、欲を言うなら肛門をキュっと閉めてみてください。

 

シャフトのしなりを利用してさらにヘッドを加速させるためにお尻の肛門をキュっと閉めるだけでいいです。

 

たとえば、歩いているときでも急に止まれと言われたらどうなります?

 

ある種のパワーが生まれますよね?

体にブレーキをかけるわけです。

 

体にブレーキをかけるという事はパワーが必要とされます。

この体にブレーキをかける動きが、肛門を閉めること。

そして、シャフトのしなりを生み出します。

ヘッドを走らせてくれます。

 

もちろん実際にスイングを止めるわけではないですよ。

 

あくまで動いているクラブをさらに加速させるために肛門をキュっと閉めるわけです。

そして、肛門を閉めることで、体が伸び上がることがなくなります。

体が伸び上がることがなくなるのでダウンスイングのパワーを球に伝えることができます。

肛門を閉めるとスイングが変わる?

さらに肛門を閉めることによって、シャフトがしなります。

肛門をキュっと閉めるためには、下半身の力が必要とされます。

自然と太ももの力、ふくらはぎの力を一気に集中するように使えます。

 

これに連動して、腹筋にも力が入ります。

肛門を閉めることによって、下半身と腹筋に力が入ります。

その結果、シャフトがしなります。

そして、ヘッドが驚異的に加速します。

 

例えばヘッドスピードが45~46メートル/秒なら、50メートル/秒ぐらいまで上がりやすくなります。

もともと僕がそうだったので分かります。

当然これに伴って飛距離もアップします。

このように力を一点に集中することができるのでまだまだ飛距離を伸ばすことは可能なんです。

 

あなたがこれからも飛距離アップをしたいというのであれば、このように「肛門をキュっと閉める」を実践してみてください。

 

さらなるヘッドスピードの加速と飛距離アップを期待できすよ^^

自分では肛門を閉めているつもりでも、実際には閉まっていないということがあります。

そういう場合はタオルを挟んでシャドースイングを行ってみてください。

そしてシャドースイングを行って引っ張られても抜けないぐらいならOKです。

 

感覚としては「大殿筋に挟んだ割り箸を折るぐらいの気持ち」で肛門を閉めてください。

 

先ほどタオルを挟むとお伝えしましたが、バスタオルのような大きめのタオルを用意して、これを股の間に入れて、両端を左右それぞれの手でつかんでおきます。

そのままダウンスイングからインパクトにかけてのシャドースイングを行います。

そして、タオルを思いっきり挟んでみてください。

このとき肛門は自然にしまっていますから。

たとえ両手を離してもタオルは落ちません。

また誰かに先端を引っ張られてもタオルが抜けることはありません。

この感覚を知っておくとしっかりと肛門を閉めることができます。

そして、イメージとしては先ほどもお伝えしましたが、左右の大殿筋の間に割り箸をはさんで、それを折るぐらいのイメージで肛門を閉める。

 

そうするとしっかり肛門が閉まるようになります。

だから、あなたがヘッドスピードを上げて飛距離アップしたい!と思うのであれば、

「肛門をしっかり閉める」

「肛門の閉めとシャフトのしなりは比例する」

「肛門をしっかり閉めれば閉めるほど、ヘッドスピードは上がる」

この股間のしめというのを意識してスイングしてみましょう。

そうすることによって、あなたの飛距離はこれからもアップしていきますよ。

まだまだ飛距離アップすることができるわけですから、諦めないでくださいね^^

飛ばすインパクトを作るために、手元が浮く人必見!手を体の近くを通すことで軌道を安定させパワーを生み出すも読んでおいてくださいね。

実際はシャフトは逆しなりせずにそう見えるだけ

シャフトは実際は逆しなりなどしていないのですが、インパクトの手前でシャフトが逆しなりして見えることがあります。

しかし、これはカメラの影響で逆しなりを起こして球を捕まえるているように見えるだけで実際は逆しなりすることはないので、その辺のことを意識してシャフトを逆しなりさせて打つものだと思っている方は考え方を改めて方がいいでしょう。

シャフトを逆しなりさせるという嘘を真に受けてしまうと、インパクト付近で左腕に急ブレーキをかけるようなイメージを持ちやすくなります。

左腕に急ブレーキをかけてしまうと、間違いなく右手が左手を追い越していく動きになりやすいので、インパクト付近で手首を開放するというフリップが発生しやすくなってしまいます。

これではボールが曲がって方向性が安定しませんので、手首は開放することなくインパクト付近で固定するイメージが必要です。

そのためには、シャフトを逆しなりさせて球を捕まえるという発想や考えは持たないことをお勧めします。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、当たり前にスコアー80台、70台を出して行きたいという場合、再現性の高い正しい体打ちスイングを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

トシの無料メルマガ

また、LINE限定動画ではパープレーやアンダーを出していけるスイングの核心部分をお伝えしていますので見ておいてくださいね。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。