スポンサードリンク

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

今回はスライスを防ぐために左の壁を作ってクラブと体が引っ張り合ってヘッドを走らせるコツについて紹介したいと思います。

 

 

インパクトで左サイドの壁を作ることができると左足にしっかりと体重を乗せることができます。

そして軸が生まれます。

 

また、頭を残すことによりクラブと体が引っ張りあってくれるのでクラブヘッドが走ります。

 

スライスの原因とはインパクトで左サイドの壁が崩れることが原因にあります。

 

つまり左サイドの壁が崩れるとあおり打ちになるのでクラブフェースが開いてインパクトを迎えてしまうのです。

 

また、その影響で右肩が突っ込んでしまうためスイング軌道がカット軌道になってしまいます。

 

左サイドの壁ができないと体が突っ込んだり、体が開いてしまうことになるのです。

 

左サイドの壁を作ってスライスを防ぐためにバックスイングの時に一度体重を左股関節に乗せる。

 

そして、インパクトの形を体に覚え込ませる練習が効果的です。

 

注意するポイントとして、アドレスの時にクラブと体の位置関係を変えないことです。

 

 

これを意識してインパクトの形を作ったらそのままゆっくりと小さなふり幅でいいので素振りをしてみましょう。

 

そうすることにより実際のインパクトで左の壁を作ることができます。

 

 

この練習をすることにより、インパクトの形がよくなります。

 

スライスになってしまうあおり打ちを直すにはこの練習を実践しているといいです。

 

スライスが出る原因は右肩が突っ込んでしまってスイング軌道がカット軌道になるからです。

 

多くの方がスライスで悩んでいる場合このカット軌道になってしま右肩の突っ込みが関係しています。

 

つまり、右肩が突っ込むことにより左の壁が崩れてしまう。

 

なのでボールをしっかり捕まえてインパクトするためにはインパクトで左股関節に重心を乗せることです。

 

そうすることにより左の壁ができます。

 

これがスライスを直すための絶対条件になります。

 

バックスイングの前で一度左股関節に重心をドン!!っと乗せることができれば左の壁の感覚が分かるようになります。

 

まずはインパクトの形を作って、そのまま小さい振り幅でいいので振ってみましょう。

 

 

正しいインパクトの形を体に記憶させることができると、これだけで左の軸ができインパクトがしやすくなります。

 

 

スライスを直すにはこの左の壁の意識が重要となります。

 

これは園田プロが実際にスライスを直すためのレッスンとして紹介している練習方法です。

oowgwg

スライスで悩んでいたころの僕もこの左の壁ができていませんでした。

 

腰が左へスエーして体が突っ込む癖があり、これに気づくまではスライスを直すのに苦労しました。

 

スライスを直したいと思って、手元を返してフェースローテーションを意識するのではなくて、まずはインパクトで左の壁が崩れてないこと、重心がしっかり左の股関節に乗れているかどうかが重要となります。

 

左の壁を作る練習方法をこちらでも紹介しています。

左の股関節に乗ってしっかり左の壁を作る練習

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク