中井学プロのアイアンの基本は体打ち

スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

アイアンの打ち方について中井学プロが動画で基本を解説されているのでシェアしておきたいと思います。

アイアンの基本はクラブのスイートスポットで球をとらえることを言われてます。

上から打ち込みすぎるのではなく、また下からすくい打つのではなくて、ゆるやかなダウンブローでクラブの入射角を意識しながら打っていくことを言われています。

そして、多くの人がアイアンでミスする考え方として球にスピンをかけたいという意識から上から打ち込むものだと思っているということを中井学プロは言われています。

多くの人は上から打ち込むという意識ではなくて、球を上げたいと思って下からすくってしまう方がゴルフ初心者の方には多い考え方だと僕は思います。

上から打ち込むものだと思ってゴルフをやっている人はある程度ゴルフをしてきて、アイアンはダウンブローで打つという考え方になっている人にありがちなミスだと思いますね。

 

上から打ち込もうと思って腕を使ってバックスイングしがち

上から球を打つという意識が強いとバックスイングを手を使って上げやすくなるということを言われています。

いわゆる手打ちですね。

腕でテークバックをしているので下半身からダウンスイングで戻してきてもインパクトを手で合わせてしまうということを言われています。

手でバックスイングを上げることで、どうしてもダウンスイングで腕を使って戻す動きになるので手打ちになってしまう。

インパクトを合わせる動きになってしまうという事ですね。

このような人はダウンスイングでクラブがカット軌道になってしまうということを中井学プロは言われています。

動画でもかなり体が開いたカット軌道の動作をしていますが、このような打ち方になっている人も僕はよく見かけます。

常に体の正面に腕とクラブがあるように

アイアンショットでは正確なインパクトが求められるため、腕とクラブが常に体の正面にある状態でスイングするという事ですね。

これがナイスショットを生むために大事なことだということを言われています。

バックスイングからダウンスイング、インパクトからフォローへと常に腕が体の正面にある意識を持ってスイングするということを言われていますが、この意識でアイアンショットが良くなったという人もいると思いますが、腕のローテーションができない人によってはこの意識ではうまく打てるようにならないという場合もあるでしょう。

確かに体の正面に腕とクラブがある状態、いわゆる中井学プロがよく使う言葉の「体打ち」という表現がありますが、つまりボディーターンの意識でスイングするという事ですね。

体の正面にクラブがずっとある意識で体の回転でスイングするという意識は、僕的には気にする必要はないと思います。

ただ、この意識がマッチしてアイアンショットが良くなるという人もいると思いますので、シャアしておきました。

今回の内容は以上です。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいといのであれば、僕はその方法をメルマガでこっそりお伝えしています。

無料メルマガ

メルマガではブログには書いていないゴルフ上達の近道をお伝えしていますのでお楽しみください^^

 

スポンサードリンク