アドレスで向きがズレる癖を防ぐ方法

スポンサードリンク
64b768022e2d1102090813953593cee1_s

どうも、ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

アドレスしたときに目標に対してちゃんと構えられているのか不安・・・という人は多いですよね。

あなたもドライバーティーショットの前に目標に対してちゃんと構えられているのか不安・・・という感じになっていませんか?

 

というわけで、今回のテーマは【向きがずれる癖を防ぐ方法】についてお伝えしていきます。

 

まずは目標からボールまでのラインやその間の素パットを信じてください。

という事です。違和感を感じたとしても、決めたライン通りに向いて打ち出す勇気が必要です。

不安の気持ちのまま打ってもナイスショットはなかなか望めませんよね。

 

そのためには信じる勇気も必要だという事です。

 

方向の確認のためにボールの後方から目標を確認しますよね。

 

僕の場合は目標からボールに向かってラインを引っ張って来ます。

 

そして、その間のなるべく近いところに素パットを決めて、そこまでの直線をかなり強くイメージするようにしています。

 

このようにアドレスに入るのも、向きを整えるのもその線以外は参考にしないようにしています。

 

自分の引いてきたイメージする線だけを信じてアドレスしています。

 

そしてこのルーティンで大事なことは構える向きも打つ方向も決めたラインを信じるという事ですね。

 

アドレスの向きは人によって癖があったりしますが、無意識に右や左を向いてしまいがちですね。

 

また向きは目標とか周りの景色とかにも左右されがちなんですよね。

だからあやふやになってしまうと言う人は多いです。

 

アドレスに入ったときに目標に対しての向きに違和感を感じたとしても微調整することなくイメージしたラインを信じて打っていくことをが大事です。

自分でしっかりラインを決めて打っていくことができると感覚に頼るよりも正確に打っていくことができますからね。

あなたが方向性に悩んでいるならこのように正しいラインどりができているかどうか確認の意味を込めて練習してみるといいですよ。

感覚に頼るよりも絶対に正確性が上がりますからね。

それではまとめると。

 

1、ボールの後方からラインの確認。目標からボールに向かってラインを引っ張る。そしてちょうどその間に目途になるスパットを決める。

 

2、アドレスに入る時も強くイメージした直線を参考に構える。ここで向きに違和感が出たとしても微調整しない。ラインを信じてその向きに合わせること。

 

3、スイングや打ち出す方向も決めたラインやスパットの一通にラインを信じて打つ。ラインを信じて打った打球は目標をしっかりとらえてくれる

 

あなたも目標に向かってしっかり向けているか不安な場合はあると思いますが、このように自分を信じて打っていくという事も大事ですので参考にしていただけたらと思います。

これは方向性を上げるためのルーティンとして僕がやっていることですが、打つ前のルーティンというのは大事です。スイングの再現性を高めるためにも「毎回同じリズム」というのも意識する必要があります。

あなたも球を打つまで、ご自分のルーティンを作ってみてくださいね。

最後にゴルフを一気に上達させたいのであればその方法を僕はメルマガ限定でお伝えしています。

僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコア82をマークしたスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみに。

メルマガはもちろん無料です。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク