正しいアドレスでスイング軌道を正しくする秘訣

64b768022e2d1102090813953593cee1_s

どうも、ゴルフ侍トシです。

正しいアドレスで軌道も正しくして腰のラインをスクエアにしてみましょう。

ということで、今回のテーマは【正しいアドレスでスイング軌道を正しくする】についてお伝えしていきます。

 

アドレス時に腰のラインを意識したことありますか?

アドレスでは腰のラインをスクエアにすることによって、正しい軌道で振り下ろすことができるというのがあります。

こうなるとボールをミートする確率が上がります。たまによく見かけるのがボールをつかまえたいという意識とかつよくボールをヒットしたいという意識から無意識のうちに腰が開いてしまっているアドレスになっている人がいますね。

 

無意識のうちに腰のラインが左を向いてしまっている人ですね。

腰のラインが左を向いて開いてしまったら、クラブが外から入ってしまいます。

 

なのでダウンスイングでフェースがかぶったり開く原因になってしまうんですね。腰のラインをただすためには、肩のラインにも注意してください。

 

腰のラインは肩の向きにつられやすいので方のラインをスクエアに向けるということが大事なんですね。

 

アドレスで左肩の見え方を確認しておく

肩のラインを基準にすることによって、腰のラインもスクエアにすることができるのです。そして、肩の開きを防ぐコツとしては右腕を左腕より前に出さないという事です。

 

右ひじを体に引き付けておくという事ですね。また、左肩の見え方もポイントになります。

 

スクエアに向いている時には左肩がどんな風に見えているかというのを自分の中で知っておくことも大事ですね。

 

確認したときに見え方がいつもと違っていたら、スクエアの時と同じ見え方になるように肩の向きを調整すればいいのです。

 

アドレスして左肩の見え方を覚えて置くという事をやっておくと、プレッシャーのかかった場面でアドレスしたときにここをチェックするだけでアドレスのずれを修正することにつながりますのであなたも是非この「左肩の見え方」を確認しておいてください。

 

肩のラインをスクエアにすることによって、腰のラインもスクエアになりやすいですからね。

 

飛球後方から見て、右腕が左腕と重なるか前に出ていない形を作ると、肩を開かずに構えることができます。

今回の内容は以上になります。

あなたが飛ばしたいとかボールを強くヒットしたいとか、ボールをつかまえたいとかいろいろと考えることがあるかもしれませんが、このようにアドレスで左肩の見え方というのを意識して考えてアドレスするという事は大事な事なのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

最後に、あなたが一気にゴルフを上達したいと主のであれば、僕はその方法をメルマガ限定でお伝えしています。メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウも配信していますので是非登録してみてください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。