キャメロンチャンプのスイング解説【アマチュアでも真似できる動き】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

迷走ゴルファー
キャメロンチャンプのスイングを具体的に解説してほしいなぁ。

アマチュアゴルファーでも真似できるポイントってあるのかな?

凄くハンドファーストでインパクトしているけど、飛ばしの秘訣なの?

ハンドファーストで打とうとすると球が捕まらないけど、チャンプと何が違うの?

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法となります。

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入ります。

・キャメロンチャンプのスイングが具体的に分かる

・アマチュアでも真似できるポイントが分かる

・ハンドファーストで打つスイングを習得できる

・飛距離アップと方向性の安定を期待できる

 

トシ(レッスンプロ)
今回はベストスコア65の僕が、キャメロンチャンプ選手のスイングを解説したいと思います。

キャメロンチャンプ選手は強いハンドファーストでインパクトすることが特徴の選手ですね。

それにより爆発的な飛距離を可能としながら、方向性を失わないことで有名です。

つまりスーパーショットメーカーという選手です。

そんなキャメロンチャンプ選手のスイングをアマチュアゴルファーでも真似できるのか?

または、取り入れるべき動きなどを具体的にお伝えしたいと思います。

 

キャメロンチャンプのスイング解説【真似するべきは腰の回転】

「キャメロンチャンプのスイングは凄すぎて真似することができない!」と思われる方も多いでしょう。

確かに体の柔軟性などを見るととてもしなやかです。

 

あのヘッドスピードの速さは体の柔軟性が大きく関係している事でしょう。

とはいえ、「キャメロンチャンプ選手のようなスイングはアマチュアは無理なのか?できないのか?」と言われれば、NOです。

 

体の柔軟性によってスイングの見え方は違えど、アマチュアでも彼の腰の動きは真似することができると思います。

具体的には、切り返しからの体の連動性による動きの運び方を真似することは可能です。

 

そのためには、キャメロンチャンプ選手の特徴である「切り返しから腰が左サイドにほとんどスライドしない」という部分に注目してみましょう。

 

このポイントを真似することができれば、アマチュアゴルファーでもキャメロンチャンプ選手のようにハンドファーストでインパクトでき、球を圧縮して飛ばせるようになります。

 

アマチュアだから無理?」そんなすぐに諦めるのは勿体ないですね。

キャメロンチャンプ選手も同じ人間です。

ダスティンジョンソンのスイング解説【アマチュアでも真似できるポイント】

2019.12.06

 

キャメロンチャンプのスイングの腰の動きを取り入れよう

キャメロンチャンプ選手のようにハンドファーストで打ちたいなら、腰の動きを真似しましょう。

なぜなら、キャメロンチャンプ選手の腰はアドレスの位置からほとんど左右にスエー、スライドすることなくその場で回転しているからです。

 

その結果、インパクトでは腰を大きく開くことができるため、フォローで手元が左へ抜けるスペースをたくさん確保することができます。

なので、左サイドが詰まらずにハンドファースト度合いが強くなり結果的にボールを圧縮して飛ばすことができるのです。

 

以下の連続写真を見ればわかる通りです。

腰の位置を見てみるとアドレスの位置からほとんど左右に移動することなく、アドレスの位置と変わらない位置で回転しています。

体の柔軟性は無理でも、この腰のスエーやスライドがない動きはアマチュアゴルファーでも真似することができます。

 

そして、この「腰がその場で回転する動き」は普通に腰を回す意識では不可能です。

なぜなら、切り返しから腰を回そうとすると、大抵の場合必ずと言っていいほど右腰が前に出てきてしまうからです。

 

その場で回転させようと思って、切り返しから腰をいきなり回してしまうと、右腰が前に出てきて、ボール方向へお尻が出てくるため、結果的にスライドする動き(バンプ)が大きくなってしまうのです。

基本的にお尻が前に出てきて、前傾姿勢が起きると腰はスライドすることになります。

 

腰がスライドする量が多いと、ハンドファースト度合いが弱くなり手元が高いインパクトを迎えることになるため、飛距離と方向性の両方を失いやすくなります。

 

しかし、キャメロンチャンプ選手の腰の回転を上手く真似する事ができる方法として、切り返しからのある動きを入れるとそれが可能になるのです。

そのある動きというのが、「シッティングダウン」になります。

 

シッティングダウンは、下に沈む動きになります。

切り返しから腰を回転させるのではなくて、右のお尻を後ろへ突き出すようにしてヒップターンを行います。

そうすることによって、右の股関節に重心が乗り右足裏で地面を踏む事ができるため、腰が横へスライドする動きを抑えることができるのです。

結果的に、キャメロンチャンプ選手のようにその場で腰を回転させることができるようになるのです。

見てわかるように切り返しからのシッティングにより、アドレス時よりもインパクト時に頭の位置が下に下がっているのが分かると思います。

アマチュアゴルファーの多くがこの逆の動きをしています。

アドレス時よりも頭の位置が上に上がりながらインパクトを迎える場合が多いのです。

 

これは伸び上がり(アーリーエクステンション)によって引き起こされる動きとなります。

アマチュアゴルファーの多くが、伸びあがりながらインパクトを迎える動きに対して、キャメロンチャンプ選手は逆に切り返しから沈み込みながらインパクトを迎えていることになります。

 

裏を返せば、スイング中の運動が多くのアマチュアゴルファーとは真逆であるという事に気づくことができます。

 

キャメロンチャンプのようにハンドファーストで打てるコツ

キャメロンチャンプ選手のように強いハンドファーストで打てつためには、腰がスエー、スライドしないという事が重要なポイントであることが分かってもらえたと思います。

切り返しからはシッティングダウンによって勝手にバンプの動きは入りますが、キャメロンチャンプ選手の場合、その量がほんの少しであるという事が特徴的です。

 

そのため、ハンドファースト度合いが強いインパクトを迎えることができるのです。

なぜなら、お伝えしましたようにインパクト後は左サイドにたくさんスペースができて手元を左に抜くことが容易になるからです。

 

結果的に、アマチュアゴルファーに多い伸びあがる(前傾姿勢の起き上がり)という動作を限りなく排除することができるのです。

生徒
伸びあがり打法の日本人ゴルファーは多いですよね。スローで見ると手元が高くてカッコ悪いですね。欧米ゴルファーみたいなスイングと大きく違いますよね。
トシ(レッスンプロ)
手元が高い伸びあがりスイングは方向性が安定しませんね。ぜひハンドファーストで打つ癖を付けましょう。伸びあがり打法から卒業するためには、欧米と日本のゴルフスイングの違い【決定するのは切り返しのフロントベンド】も読んでおいてください。

 

キャメロンチャンプになるための練習方法を公開

アマチュアゴルファーがキャメロンチャンプ選手のように強いハンドファーストで打って飛ばすための練習方法をご紹介します。

せっかくキャメロンチャンプ選手のスイングの特徴が分かっても、それをモノにできるような練習方法がないと意味がないですよね。

 

なので、キャメロンチャンプ選手のような腰の動きを手に入れたいという場合は、以下の練習をお勧めします。

1、胸に左右の腕を交差させて✖印を作る

2、バックスイングで胸を後方へ向ける(右のお尻が目標を向いている感覚になるまで)

3、右のお尻が目標に向いている感覚の状態から腰を反って右のお尻を突き出す

4、反り腰の感覚のままインパクトまで回転してくる

 

この1~4の動きを繰り返すことによって、アマチュアゴルファーでも切り返しからの腰のスライドの動きを減らしていくことができます。

そして、切り返しから下への沈み込み(シッティングダウン)の感覚を覚えることができます。

 

胸に左右の腕を交差させて✖印を作ってバックスイングでしっかり胸の面を後方へ向けることによって、右のお尻が後ろへ引かれながら目標方向を向いていくような感覚になると思います。

そして、トップからの切り返しで腰を反るように、右のお尻を後ろへ突き出すことによって下に沈みながら腰がスライドする動きが減り、その場で回転してくれるようになるのです。

 

具体的な動きに関してはゴルフ打ちっぱなしに行く前に自宅でこっそり上手くなる練習方法を公開で動画解説しているため、参考にしてみてください。

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。