飛距離不足を解消するヘッドスピードを上げるには切り返しはゆっくりが正解

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうもトシです。

飛距離を伸ばしたいなら切り返しはゆっくり行うのか?速く行うのか?どちらがいいの?

ということについてお伝えしたいと思います。

ヘッドの走らせ方についていろいろな言われ方がありますね。

飛距離を伸ばすためにはヘッドスピードが大切であることぐらいはあなたも理解いただいているとは思いますが、このヘッドスピードを上げるためにはどのようにヘッドを走らせたらいいのか?ということもよく言われます。

生徒
ヘッドの走らせ方に関しては色々な理論がありますよね。自分に合うものを選びたいのですが、基本的にヘッドを走らせるとなると腕を振る力を強くすればいいのか、体を回す勢いを強くすればいいのか、どちらかを想像すると思うのですがどうでしょう?
トシ(レッスンプロ)
ヘッドの走らせ方は大まかに2通りありますね。おっしゃるように腕を強く振ってヘッドを加速させるタイプと、体を勢いよく強く回してヘッドを加速させるタイプかに別れます。個人的には体をたくさん強く回しヘッドを加速させる方がヘッドスピードが上がり、飛距離が出ると実感しています。腕の振りを強くしても体の回転に比べるとやはりヘッドスピードは劣りますからね。
jeio3o

飛距離を伸ばすヘッドスピードを上げるために必要な事

今回はヘッドスピードを上げるための方法について紹介したいと思います。

トップから思い切り振り下ろしてくる人がアマチュアの方のほとんどだと思います。

 

力の強い右手を使ってトップからいきなり思い切り振り下ろそうとするのが一般的な人のスイングですね。

でも、腕の力だけを一生懸命に使って振ってもクラブは決して速く振ることはできません

また、インパクト前にスピードが低下してしまう。

インパクトを迎える前に力尽きてしまうことになります。

 

ヘッドスピードを上げて飛距離を稼ぐためには、インパクトからその直後が大事になります。

つまり、インパクトからその直後を最も速く振れるようにするのです。

 

ほとんどの方は速く振ろうと思ってトップからいきなり思い切り振り下ろしてきます。

これでは振り遅れないために早めにリリースしている事と同じ動きになってしまいます。

ドライバーは振り遅れてスライスが出るという問題は、アマチュアゴルファーの7割をも占めていると言われています。

そのため、思い切り体を回転するとスライスが出ることが分かっているため、腕をたくさん使って振り下ろしながら手を返すということによりヘッドスピードを上げようとしている人がとても多いですが、これではインパクトの前に力尽きてしまいます。

こういった人はグリップの握り方から変えることをお勧めしています。

体を気持ちよく回転させてもスライスをしない方法が知りたいであれば、まずはフックグリップは手を返さない右手は下から握りローテーション不要でスライスが直るを読んでおいてください。

そして、腕振りが強いスイングの人は、胸の高さまではゆっくりクラブを下すことを意識してみましょう。

そして胸の前から一気にクラブを加速するイメージでスイングします。

こうすることにより「思い切り振る振り幅を短くする」ことができますのでミート率を上げることもできます。

 

また、振り下ろす時には左手の小指で引っ張る意識を持つといいです。

こうすることによりクラブヘッドをビュン!!と勢いよく走らせることができるからです。

腕力が強い人ほどトップの切り返しからいきなりクラブを思い切りおろしてこようとします。

右手を使ってボールに当てに行こうとしてしまう人もいますね。

 

でも、トップから思い切り振ったら逆にインパクトで減速してしまうのでインパクト後にヘッドスピードがMAXになることを意識して、切り返しから胸まではゆっくりとクラブを下してくるようにしましょう。

 

切り返しで力任せに腕を振り下ろしていた

以前の僕も切り返しから一気に力を入れてクラ切り返しを一気に下ろして腕を振っていたブを引き下ろしていました。

そのため、一生懸命に振っている感はあるのですが、飛距離はたいしたことない結果になっていました。

しかもグリップがスクエア、もしくはウィーク気味で左手を握っていましたので、フェースを閉じることができずにスライスが出るというパターンに陥ってゴルフをしていた時期がありました。

フェースが開いてしまうので無意識に手を返そうとしてしまうのです。

このミスによって方向性と飛距離の両方を失っていたゴルフを長年経験してきたのでよく分かるのです。

 

まずは、胸の位置までリラックスしてゆっくりクラブ下してくる意識を持つほうが一生懸命に振っている感はないのですが、ボールが飛んでいくので切り返しからダウンスイングというのはこういうことか!というのが分かるようになりました。

 

今回の内容は三塚優子プロのヘッドを走らせる理論でも紹介されています。

ヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばしていきたい方は参考になると思います。

何度も言いますが腕をたくさん使ってクラブを振り下ろそうとしてしまう人は、切り返しは「ゆっくり」です。

ゆっくり切り返すイメージぐらいで丁度いいです。

体に正しい腕の振りを付け加えるための練習になりますからね。

腕は振るのではなくて、体を回転していく過程で付いてくるという意識を持ちましょう。

そのためには、腕の返しに頼らないスイングを作ることをお勧めします。

腕の返しに頼らないということはローテーション不要という意味です。

ローテーションをすることによってフェースを返す打ち方では再現性に欠けることが僕自身実感している事です。

なので、あなたはそうならないためにも、ローテーション不要のスイングを身に着けることをお勧めします。

 

ノーローテーションで球が捕まるスイングを身に着けるシャローイングの方法

トップで左手首が甲側に折れないようにするためには、ストロンググリップで握ることを僕は推奨しています。

トップで自分の左手首とクラブフェースの向きをチェックしてください。

「左手首が甲側に折れている」

もしくは、

「フェース面が天井を向いていない」

という場合は、腕のローテーションを必要とするスイングをしたほうがいいです。

なぜなら、これらのトップの形に収まっている人が体を勢いよく回転させる意識でスイングをすると必ずフェースがオープンになってインパクトを迎えることになるからです。

フェースオープンの状態をいかに作らないかによってゴルフはシンプルに簡単になります。

それは僕も経験してきたことなのでよく分かります。

まずノーローテーションで球が捕まる状態ができているのかがポイントです。

そのためには、左手首がトップで甲側ではなく手のひら側に折れている形を目指します。

そうするとフェース面が天井を向くトップが出来上がります。

そしてこれを簡単に実現できるグリップの握りがストロンググリップになります。

ストロンググリップで握ることによって必ず体の回転で球を飛ばせる技術を身に着けることができます。

これに気づくのが早いか遅いかによってゴルフの上達期間が断然変わります。

ストロンググリップから受ける恩恵は素晴らしいものがあります。

 

1、手を返さなくて良くなる

2、球が捕まる

3、シンプルに回転すればよくなる

4、アプローチも上手くなる

5、フェース面が暴れないスイングになる

6、体を一気に回してこれるのでヘッドを加速させやすい

7、フェース面の安定によるミート率の向上

8、スイング軌道の安定によるスピン量の最適化

他にも考えればたくさんの良い恩恵を受けることができると思います。

上級者の中にもウィークグリップやスクエアで握っている人もいますが、僕はもっと簡単にうまくなりたいならストロンググリップをお勧めします。

特に野球経験者はボディターンスイングが初めからできている場合が多いので、ゴルフのスライスの原因である手打ちを治す方法!ボディターンのドローの打ち方も読んでおいてください。

野球経験者こそストロングリップをお勧めします。

スライスが出るというゴルフが染みついてしまうとグリップの事を忘れがちで他の事ばかりを考えるようになりがちですが、実は落とし穴はグリップにあったという事を気づかない人が多いのが現実です。

最後に、ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。