手と腕がスイング中にどのように動いているのかわかる練習方法

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうもトシです。

ゴルフスイングで腕の振りがどのように動いているかを知るためにスイング中に手と腕がどういった動きをするかが分かる練習方法があります。

ゴルフを始めてしばらくするとゴルフ好きの人は自分のスイングがよりよくなるためにどうしたらいいのかを知りたくなることでしょう。

ゴルフのスイングは一瞬です。

一瞬のスイングの中であれこれ考えて練習をすると思いますが、まずは腕と手の正しい使い方を知りたいという人にはこれから話すことは参考になるかと思います。

生徒
腕と手を正しく使えるようになるとスイングが覚醒すると思います。私もゴルフを始めて腕や手首の使いかたが間違っていると上達できないということを実感してきました。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。スイングにおいて腕を正しく使うという事はとても重要な事ですよね。特に手首の使いかたはフェースの向きに直結してきますので最も重要な部分だと思います。

 

左右どちらも親指と人差し指の4本だけでグリップしてみる

ゴルフの練習で普段通りにグリップしてボールを打つと思いますが、グリップの握りを左右とも親指と人差し指だけで握ってみると腕や手の使い方が明確になっていきます。

まず普段と同じようにグリップして、そこから両方の親指と人差し指だけは離さずに残りの6本の指はクラブから浮かせてみましょう。

それから左手の親指と人差し指を右手と同じ形に持ち替えます。

親指をシャフトにべったりつけている人は手前に親指をひいてきます。

そして、右手と同じように親指と人差し指の先端でグリップを掴む形で握ります。

この右手と左手の親指と人差し指の4本だけで素振りをゆっくり行ってみます。

 

そこで気を付けるポイントとして、ダウンスイングでは自分のおへそよりも右側で手を返さないことです。

そうすると右手が左手の下を通過していく感じが分かるはずです。

そして、体を回転させていくとフォローで自分の体の正面にある両方の腕と手がクラブの回転運動により自然と返されていくことが分かると思います。

左右の親指と人差し指の4本でしかクラブを握っていませんが、クラブヘッドが勢いよくフォロー側で走ってくれるのが分かると思います。

ヘッドが勢いよく走ってくれるようになると腕と手の動きが以前よりも良くなってきている証拠です。

そして、テークバックの時にはシャフトを立てるように引いていく感覚が自然と掴めるようにもなります。

なぜなら、4本指でシャフトを握っているのでそうしないことには上手くテークバックが取れないからです。

テークバックでシャフトを立てながら上げていくことができないという人は、この練習を行ってみてください。

シャフトを立てる重要性に関しては、バックスイングでクラブは体の横ではなく体の前で上に立てるを読んでおいてください。

生徒
4本指でテークバックしてみると確かにシャフトを立てる動きを入れやすいですね。これはテークバックをインサイドに引いてクラブが寝て上がってしまう人にはお勧めの練習方法になりますね。
トシ(レッスンプロ)
そうなんですよ。テークバックでシャフトを立てることができずにシャフトが寝て上がってしまうゴルファーは多いですからね。この動きには気をつけたいところですね。シャフトは立てながら上げていくという意識を持ってくださいね。

 

4本指で握っている感覚を掴んでいくと…

クラブをインサイドに引きすぎて飛球線方向へバックスイングができない人でもこの4本指でスイングすることにより飛球線方向へクラブを持ち上げることが出来るようになると思います。

そして、その後のダウンスイングからインパクトへと移る腕の動きやクラブの振り方もわかるようになると思います。

また、フォローにおいてクラブを飛球線方向へ放り投げるような感覚がつかめるようにもなると思います。

この4本指で行う素振りをしているとヘッドスピードを上げるために必要な腕の動きや手の動きが分かるようになりますしまたボールをとらえるインパクトの形もわかってきます。

 

グリップで大事な事として一般的に、左手の中指、薬指、小指の3本に力を入れて握ることがセオリーとされていますが、左手の親指と人差し指に関しての役割というか、正しい論理を聞くことはあまりないかと思います。

一般的にこの左手の親指と人差し指の二つはどうでもよいと言われがちです。

でもこの左手の親指と人差し指もしっかり使わないといけないと思います。

 

そのためにもこの4本指だけでクラブを振ることにより、左手の親指と人差し指を使う感覚を養ったほうがいいと思います。

これまで左手の親指と人差し指に無頓着だった人はこの2本の指の感覚をシャープにしたほうがいいと思います。

そのためにも、4本握りの素振りは効果的であると思います。

生徒
4本指でスイングすると振り遅れないという感覚も分かりやすいです。切り返しからクラブヘッドを遅らせるということは分かるのですが、遅らせようとすると振り遅れてしまうということがよく起こっていました。手を返すというわけではないのですが、4本指でスイングするとヘッドの走りをフォローで感じやすくなります。結果的にインパクトでフェースがスクエアになる感覚も分かりやすかったです。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。下半身リードで切り返すと上半身が遅れて最後にヘッドが下りてきますので、ある程度は振り遅れているような感覚はありますが、フォローを小さくすることによって結果的にインパクトでうまくレートヒットさせて振り遅れずに球を捕まえていくことができますね。とやかく難しいことを考えずに、4本指で打つ練習を実践してみると分かりやすいかと思います。

ストロングでグリップの握りを確認

4本指で球を捕まえる感覚が分かってきたら、通常のグリップに戻してみましょう。

僕がお勧めしているグリップはストロンググリップです。

ストロンググリップにすることによってゴルフ初心者でも球を捕まえやすくなるからです。

適度なストロンググリップで球をつかまえることができてますか?も読んでおいてください。

絶対にストロンググリップにする必要はないですが、スライスに悩んでいる人などは、まずストロンググリップにしてゴルフを始めることをお勧めします。

その方がスライスという球筋に悩むことなく上達していけやすいからです。

グリップの握りに関していろいろと言われることはありますが、確実に球を捕まえるためには捕まえやすい準備をしておくということが大事ですからね。

そのためにも、グリップをストロングにするということはお勧めです。

生徒
ストロングにすると手を返すスイングになりにくいというのがありますよね。手を返す動きを入れたくないのでストロングに握るということは良いと思います。
トシ(レッスンプロ)
4本指でスイングする事に慣れてきたら通常のグリップに戻しますが、ストロンググリップは球を捕まえやすいですし、捕まらないという人が手っ取り早く捕まえる感覚を得やすいグリップですね。女性ゴルファーなど非力な方はストロンググリップにした方が球を捕まえやすくなりますので飛距離も出やすくなります。ぜひチャレンジしてほしいグリップですね。これからゴルフを続けてうまくなっていくことを考えるなら初心者のうちから手を返さないスイングを覚えることが必須だと思いますので、そこに愛称が良いストロンググリップを採用してみましょう。

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。