スポンサードリンク

インパクトのときに上体が伸びあがってしまう癖がある人。

たいていの人はインパクトの瞬間に伸び上がりがみられます。

トップオブスイングまではプロ顔負けの形ができていても、肝心のダウンスイングから上体が伸び上がり、ボールの手前をダフってしまったり、ドライバーならフェースが開いてインパクトしやすくなるのでスライスが止まらなくなる。

 

何を隠そう以前の僕もインパクトで伸び上がりの癖がありました。

アイアンならまだしもドライバーでインパクトで上体が伸び上がると完全に終了です。

スライスが出ますし、飛距離が出ません。

なぜ、インパクトで上体が伸び上がってしまうのか?

 

そもそもインパクトの形を勘違いしていることが原因でしょう。やはり切り返しからダウンスイングで伸び上がることで前掲姿勢がくずれます。

アドレスでできた前掲姿勢をキープしながらインパクトを迎えることは基本です。

上体が伸び上がってインパクトを迎える人はこの前掲角度のキープをできないからです。

 

前掲角度をキープできないとアイアンではダフりもしくはトップがでやすくなります。

アドレスの前掲姿勢をキープしてダウンスイングからインパクトを迎えることはとても大事なことですが、ドライバーで飛ばしたいという気持ちが強いと前掲姿勢が崩れやすく伸び上がってインパクトしてしまいがちです。

 

上体が伸び上がってインパクトするとボールを力強く叩いた感はありますが、実際は手首のコックがほどけてアウトサイドインのカット軌道になってボールに横回転のスピンが強くかかって飛距離が伸びません。

 

以下にタイガーウッズのインパクトの瞬間の画像を紹介します。

これは後ろから見た時の映像です。アドレスからインパクトまでの流れになります。

zenkei1

 

zenkei3

ダウンスイングでアドレスの前掲姿勢よりも若干上体が沈みこんでいますね。

 

zenkei4

インパクトでも全く前掲姿勢が崩れていません。

 

zenkei

 

上の画像をを見てもらうとわかるかと思いますが、インパクトで前掲姿勢が崩れていません。

これはタイガーウッズだけではなく、プロはほとんどアドレスで作った前掲姿勢を崩すことなくインパクトを迎えています。

 

これと比較するとよくわかるかと思います。

以下アマの方のインパクトの瞬間です。

たいていの人のインパクトがこのような形になっています。

zenkei2

どうでしょう?

タイガーウッズと比較すると一目瞭然。前掲がくずれてインパクトで上体が伸び上がっています。

そのため、右ひざが前にでて腰がボール側により上体が伸び上がり手元の通り道がなくなるので外からのカット軌道になってしまいます。

こうなると完全な手打ちになってしまいます。

たいていの人のインパクトはこのように上体が伸び上がってインパクトしています。

そのため、飛距離は出ませんしスライスが止まりません。

いくらインサイドアウトの軌道で振ろうと思っても上体が伸び上がってダウンスイングからインパクトに行くとこのようにアウトサイドからクラブが下りてきてカット軌道になってしまうのです。

前掲姿勢のキープはとても大切なんです。

これまであまり前掲姿勢を気にしたことがない人でスライスが止まらない人やアイアンでダフりトップが多い方はこのようなインパクトの形になっています。

では、どうすればプロのような前掲姿勢をキープしてインパクトを迎えることができるのか?

まずはインパクトのイメージから変えていく必要があります。

インパクトでボールを強く叩こうと思うとどしても腰がボール側に突き出される形になりがちです。

そして手でボールをたたきに行ってしまう。

そのため、まずはこのイメージと真逆のイメージが必要となります。

インパクトではおしりをアドレスよりも背中側に突き出すようにすることです。

おしりを背中側に突き出すことによって自然と前掲角度は深まります。

インパクトで上体が伸び上がる癖がある人はこのようにおしりをアドレス時よりもさらに背中側に突き出すイメージを持つといいでしょう。

そうすることで伸び上がりを修正できます。

また、ほかのイメージをあげるとするならば、インパクトで背中を丸めるイメージとかインパクトでおなかをへこませるイメージなどです。

あとは、インパクトでおしりを飛球線に対して左後方へ突き出すイメージです。

これらのイメージの中で自分が取り入れやすいと思うものを意識してみるといいでしょう。

こうすることでインパクトで上体の伸び上がりを修正することができます。

今まで上体が伸び上がってインパクトしていた人はこのようなイメージでインパクトを迎えるとなると上体とボールとの距離が近くなるのでアイアンだとダフってしまうのでは?と思われるかもしれません。

 

でも、実は前掲が起き上がるほうがダフる確率が高くなります。なぜなら、前掲が起き上がってしまうと左わきがゆるみます。左わきがゆるむとインパクトでフェースが開きやすくなりますし、手元が浮きやすくなりますのでダウンスイングの早い段階で手首のコックがほどけてしまいます。

つまりタメがほどけボールの手前にクラブフェースが落ちてしまいます。

なので上体が起き上がることでダフりのミスが多くなります。

また、それを嫌がって瞬間的に左ひじを抜くと今度はトップします。

思うようにアイアンで打てない人はインパクトでの前掲姿勢を見直すことでこれらのミスを解消することになります。

 

まずは自分のインパクトがどのような形になっているかを動画などを使って

撮影して分析してみるといいでしょう。

 

ゴルフスイングで前掲姿勢のキープは基本とされていますが、この基本ができてない人が多いです。

自分で前掲をキープしているつもりでも実は起き上がってしまっている人がほとんどだからです。

前掲姿勢をキープしようと意識しても起き上がりの癖が直らないならより意識を変えて前掲キープではなく、前掲を深めるぐらいの意識を持つほうがいいでしょう。

今までにないぐらい前掲を深めてインパクトしてみましょう。

そうすることで、手の通り道ができて伸び上がるという癖を修正していくことが可能となります。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク