ゴールドワンゴルフのダウンスイング【裏面ダウンは果たして正解?】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

迷走ゴルファー
ゴールドワンゴルフのダウンスイングの仕方を詳しく知りたいなぁ。

裏面ダウンの動きって実際どうなんだろう?

本当に世界標準なの?

少し挑戦したけど、難しくて・・・コツとか知りたいなぁ。

 

今回はこんなお悩みを解決する内容になります。

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入ります。

・ゴールドワンゴルフのダウンスイングの仕方が分かる

・切り返しがスティープな人に効果的

・ボディターンを形成するダウンスイングの動きになる

・シャローイングが簡単になる

・手を返さなくてよくなる

・結果方向性の安定が高まる

トシ(レッスンプロ)
今回はゴールドワンゴルフのダウンスイングの特徴的な裏面ダウンについてベストスコア65の僕が詳しく解説します。裏面ダウンにはどういったメリットがあるのか?またゴルフ初心者に効果的なものなのか?など、色々とお伝えしていきますので、お楽しみください。

 

ゴールドワンゴルフのダウンスイングの仕方【裏面ダウンからの側屈】

まず、結論から言いますとゴールドワンゴルフのスイング理論は世界標準のボディターンスイングです。

代表の板橋先生のコーチング力は初心者ゴルファーがボディターンスイングを覚えるために、理にかなっている解説と指導をされています。

なので、ゴルフを始めたばかりの人は手を返すスイングに寄り道して変な癖が付いてしまう前に、ゴールドワンゴルフ理論を取り入れると短期間で上達していけると思います。

 

理にかなったダウンスイングの動き

ゴールドワンゴルフのダウンスイングでよく耳にする「裏面ダウン」というキーワード。

これは切り返しからフェースの裏側が地面に落下する動きのことを指します。

切り返しからのいわゆる自然落下などと呼ばれる動きですが、ゴールドワンゴルフのダウンスイングの動きでは「裏面ダウン」という言葉で表現されています。

このフェース面の裏側が切り返しから落下することによって、クラブをシャローイングして切り返してくることが可能となります。

切り返しをシャローにする動きを昔から説いている板橋コーチならではの裏面ダウンという表現です。

そして、この動きを入れることによってクラブシャフトを寝かせることができて、裏面ダウンによってクラブヘッドがインサイドに落下してくれますので、ボディターンで手を返さないインサイドアタックの準備が整います。

なので、ゴールドワンゴルフのダウンスイングの「裏面ダウン」は理にかなったダウンスイングの動きになるのです。

具体例としては、以下の動きですね。

この動きが「裏面ダウン」です。

フェースの裏側が地面に落下するように落としてくる動きです。

この時に右手首が甲側に折れている事がポイントになります。

右手首が甲側に折れているのが分かると思います。

この右手首が甲側に折れる動き(ヒンジ)によってフェースを閉じることになります。

そして、同時に右前腕部が外旋する動きが入ります。

まさに野球のピッチャーのスローイングの腕の使い方に似ています。

ちなみに、サイドスローやアンダースローの腕の使い方になります。

 

裏面ダウンで切り返しをシャローにする

裏面ダウンをすることによって、切り返しでクラブを寝かせることができるようになります。

切り返しでクラブを寝かせることができるようになると、いわゆるシャローイングが発生します。

手を返さないスイングを作るためには、切り返しからのシャローイングは必要不可欠な要素となります。

見てわかる通り、このように裏面ダウンを行うと手元の位置よりもクラブヘッドが下(地面に近い位置)にありますね。

これぐらいの極端なイメージで切り返してくることによって、実際のシャローな切り返しに繋がります。

切り返しのシャローな動きを作るために、ゴルフのダウンスイングの軌道はクラブを寝かせるシャローイングができればOKの動画で解説している通りです。

結果的にシャローな切り返しからダウンスイングに繋げることができますので、アウトサイドインのカット軌道で悩んでいる方などは、積極的にこの動きを真似されることによってアウトサイドインのカット軌道を直す効果を実感できます。

 

シャローからの右側屈(サイドベンド)で完成

切り返しを裏面ダウンでシャローイングしてくるゴールドワンゴルフの理論ですが、この後に気を付けてほしいポイントがあります。

実際に切り返しの裏面ダウンができても、ここから体を回転してインパクトに向かっていくのですが、多くの人が右サイドベントが入らずに体を回転させてしまいやすいという事があります。

右サイドベントというのは右わき腹辺りが凹む動きの事を言います。

右の側屈と言われることもあります。

この右サイドベントの動きを入れることなく体を回転してインパクトに向かってしまうと、右肩がボール方向へ出ながら体が回転していきますので、これでは完全なる横回転のスイングになってしまいます。

そして、右肩がボール方向へ出ながら回転してしまうと、右手が左手を追い越すようにインパクト付近で手首をフリップさせる動きが入ってしまいます。

これでは、せっかくシャローイングして切り返してきても意味がありませんので、必ず右サイドベントを入れるようにしましょう。

右サイドベンドの入れ方に関しては、ゴルフの右手の使い方【上手くなる手をこねない正しい練習方法】の記事下の方でも動画解説していますので見ておいてくださいね。

 

ゴールドワンゴルフのスイングはボディターン

ゴールドワンゴルフのダウンスイングの動きはボディターンでスイングを作っていきたい人にとってはおすすめの動きとなります。

シャローイングの方法は他にもありますが、ゴールドワンゴルフの「裏面ダウン」でシャローイングをするという方法も1つの手段として良いと思います。

正しい基本形ボディターンスイングができる

まずは基本形のボディターン(手を返さないスイング)を作りたいというのであれば、このようにゴールドワンゴルフのダウンスイングの動きを実践してみるといいでしょう。

ただし、先ほどもお伝えしましたが裏面ダウンでシャローイングができても、そこからインパクトに向かって右サイドベンドが入っていかないと意味がないという事だけは知っておいてほしいですね。

日本人ゴルファーは手を返すスイングばかりをしている人が圧倒的に多いので、そうった人からするとゴールドワンゴルフのダウンスイングからインパクトに向かう動きやフォローの抜き方などは違和感がある動きだと思います。

手を返すスイングをしている人からするとインパクト付近で真逆の腕の捻じれ方や使い方になりますので当然です。

 

アレンジを加えてGGスイングが可能

ゴールドワンゴルフの手を返さないスイング理論もそうですが、元々手を返さないスイングができている人は、GGスイングの下半身の使い方を取り入れることによって、飛距離アップできます。

手を返さないスイングができている人は、下半身の動きをアレンジしてGGスイングのようにガニ股にして切り返すことによって、腰が左へスエーする動きを抑えることができますので、ダウンスイングで右ひじが体の前に入ってきやすくなり、結果的によりハンドファーストでインパクトしやすくなるのです。

なので、僕は下半身の切り返しの動きはGGスイングのガニ股(スクワット)を取り入れています。

もしもあなたがGG系にスイングを変えたいというのであれば、まずは手を返さない基本的なボディターンスイングを覚える必要があります。

そうしないことには、いくらGGスイングにチャレンジして下半身の動きを真似しても手を返す動きを入れていると下半身と上半身の動きがマッチアップしないので余計にスイングがおかしくなってしまいます。

GGスイングで陥るデメリット【アームローテーションの違いを公開】

2019.11.28

 

手を返さないスイングが世界の主流

ゴールドワンゴルフを始め、世界標準スイングはボディターンで手を返さないスイングです。

手を返さないスイングを作ることがシングルやプロへの道ですが、この手を返さないスイングができないアマチュアゴルファーがめちゃくちゃ多いです。

真逆の手を返すスイングをしている日本人アマチュアゴルファーがめちゃくちゃ多く、その原因となっているのは、日本には手を返すスイング理論が流行しているということが言えると思います。

世界標準の手を返さないボディターンができない人が、その延長にあるGGスイングなどを真似して独自でやろうと思っても無理な話です。

そもそも腕の使い方が間違っているから無理な話なんです。

まずは基本となる手を返さない腕の使い方から覚える必要があるのです。

そのためには、手を返すスイングをしている人が取り組むべき要素としてフォロースルーの出し方を変える必要があります。

ゴルフのフォロースルーの作り方【正しい振り方を動画で解説】

2019.11.23

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。