適度なストロンググリップで球をつかまえることができてますか?

スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

前回はゴルフ初級者が見落としがちなクラブの重みを感じながらスイングするために「ソールをしない」ということをお伝えしました。

さて、今回はダウンスイングに置いてクラブフェースというのは「必ず開いて降りたがる」ということを知っておいてほしいと思います。

 

スライスで悩む人は今回の内容を注意深く読み進めていってほしいと思います。

まず、クラブフェースというのはダウンスイングからインパクトにかけて物理的に必ず開いて降りたがるわけです。

 

よほどシャット(フェースを閉じて)に上げる人以外は基本的にバックスイングは開きながら上がっていきますので、ダウンスイングからインパクトでそれが開いたまま戻ってきやすいというのは当然のことなんですね。

ヘッドの重心距離によって開いて下りてくるどあいに多少違いはありますが、ダウンスイングの前半からフェースがかぶっている人などいません。

また、ヘッドの重心距離だけでなく、シャフトのトルクも関係しますのでなおさら開きやすいというのがあります。

 

なので、ほとんどのアマの人がスライスで悩み続けるというのがあるわけです。

スライスが直らないということで悩み続ける。

 

でも、これは当然と言えば当然です。

なのでフェースが開いた状態でインパクトをするのを防ぐために、そして球をつかまえるために適度なストロンググリップで握るという事をスライスで悩み続けている人にはお勧めです。

 

そんなこと言われなくても分かっているよ。とあなたは思うかもしれませんが、意外とストロンググリップで握れていないという人は多いです。

例えば、ウィークグリップで球をつかまえるとなると、高い技術が必要とされます。

初級ゴルファーにとってウィークグリップというのはスライスを克服するためには難しい握りです。

また、ウィークグリップというのは手首の強さも要求されます。

 

そうでないとフェースを閉じるという動きをインパクトで作ることができません。

また、極端なストロンググリップで握るという人もいますが、これではインパクトでスクエアに戻りにくいというのがあります。

手首を返したら引っ掛けという結果になります。

それを嫌がったら今度はプッシュアウトという結果になりやすいわけです。

 

なので、2ナックルが見えるぐらいの適度なストロンググリップを採用することを初級ゴルファーの方にはおすすめです。

前回の記事でヘッドの重みを感じながらという事をお伝えしましたが、膝の高さに球がある意識で素振りをすると自然と適度なストロンググリップで握れるようになります。

 

ストロンググリップで球をつかまえる準備をしておくということが大事で、これができてないと球をつかまえることが難しくなる。

 

とくに初級ゴルファーに関してはこれができていないとスライスがいつまでも克服できないということに陥りがちです。

 

例えば右手と左手を正対させるようにグリップしてみてください。

そうすることで適度なストロンググリップを作れます。

これができるとフェースの向きを感じながらスイングするという感覚も出てきやすくなりますので、スライスを直すには適しているグリップということが言えるわけです。

 

適度なストロンググリップで握れているのかをあなたも今一度確認してみてくださいね。

もっとあなたがゴルフを一気に上達させいたいというのであれば、僕がゴルフをはじめてたったの半年でスコア82を出したスイングのキモをメルマガでお伝えしていますのでこの機会にメルマガ登録してみてください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガでは濃いゴルフ上達のノウハウを配信しています。

 

 

スポンサードリンク